お金をかけないで幼児教育したい! 引き算
引き算
2011-07-08 Fri 17:43
今、学校は引き算をやっている。

持ち帰るプリント、
引き算の「計算問題」は、ほぼバッチリと言えるのだけれど、

問題は「文章題」である^^;

文章を見ただけで、
『これは何算?』

引き算って、足し算より少しだけややこしい。

足し算は
「合わせていくつ?」と「ふえるといくつ?」
どちらも二つの数字を全部数えれば答は出る。
式を立てるのも迷わない。

引き算は、
「へったらいくつ?」「ちがいはいくつ?」

「へったらいくつ。」
というのはわかるらしい。
最初にあった数から、減った分を引けばいい。
式を立てることもできる。

理解していないのは「ちがいはいくつ」
二種類の数があって、どちらがどれだけ多いかとか、少ないか?
という問題が良くわかっていない。


いや、答は簡単に出せる。

でも、どのように式を立てるのか?
その問題の式が足し算で求められるのか?引き算で求められるのか?
それすら分からないような迷宮入りのしかただ。

宿題のプリントはいつも、
絵を見ながら答を出し。
そのあとで、出てくる数字を組み合わせて式を作る・・・
というような状況^^;


で、昨夜、コイツは本当に理解していないのか?
それとも、単純に「式立て」が出来ないだけの問題なのか気になって、

寝る前に問題を出してみた。


得意の電車シリーズ。

前は足し算が中心で、
引き算でも、減っていくパターンの問題ばかりだったので、
今日は苦手の差を求める問題。

『△△駅に、○○方面から8両、□□方面からは2両の電車が入ってきました。
どちらが何両多いでしょうか?』


電気を消した後だったので、指を使ったかどうかは分かりませんが、
少し考えて、
『○○方面からの電車の方が6両多い。』と答えました。

『正解!じゃあ、式は?』
『えー。わからん。6+2=8?』

なんでここで足し算の式が出てきちゃうんでしょうか??この子は^^;

ちゃんと、問題の意味は分かってるのになぁ。
答も合ってるのに。

そう思いながら、

『じゃあさじゃあさ、○○方面からの8両とさ□□方面からの2両さ
頭の中で並べて比べてみてごらん?』

『・・・・。』
『できた?』
『うん。』
『どっちが何両多かった?』
『○○方面からの電車が6両。多い。』

『じゃあ式は?』
『わからん。』
『・・・・・。』

『じゃあさじゃあさ・・・・』
『おかあさんの指が10本ありました。桃太郎くんの指が5本ありました。
どちらが何本多いでしょうか?』

『えーと、お母さんが5本多い。』
『正解!じゃあ式は?』
『10+5=15』
『なんで?なんで?答は「お母さんが5本多い」でしょ?
なんで15本になっちゃうの?』
『ほら、くらべっこしてみようか?』


暗がりの中で手探りで指の数をくらべっこしてみます(笑)

『あ、そっか。えーと。10-5=5だ!』
『正解!』

『じゃあ、さっきの問題。』
『△△駅に、○○方面から8両、□□方面からは2両の電車が入ってきました。
どちらが何両多いでしょうか?』


『○○方面からの方が6両多い。』
『じゃあ、式は?』
『えーと。8-2=6!』
『正解!』



本当に分かったのかどうかはマダマダ怪しいところではありますが・・・・


つまづいた時は、
・絵を描かせる。
・指を使う。

そして、
・大好きな電車でアプローチする(笑)

好きなことを絡めるのが一番効果があるような気がする。

ウチは電車だと食いつきが良いけど、

ポケモンが好きならポケモンで、
サッカーが好きならサッカーネタで。
と、子どもの好きを絡めてやると、
食いつきも、吸収も良いような気がします^^

我が家の引き算はまだまだ発展途上ではありますが・・・・^^;
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<【緊急で歯医者へ^^;】07/13のツイートまとめ | お金をかけないで幼児教育したい! | 「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」>>
コメントありがとう
COMMENT,Thank you!
mkroseさんへ≫
やっぱりZ会は良いんですね。
印象どうりです。

ただ、桃太郎は外遊びが忙しくて
宿題の他に何かをさせる余裕は今は無いんです(涙)

Z会の親向け冊子だけ欲しいわ~(笑)
学習の時期に合わせたアドバイスが来るのも嬉しいですよね♪

懇談ではココは押さえどころですので、とか、
ココまではまだ今は出来なくても大丈夫ですとか、
そういう具体的な話はなくて^^;

淡々と、あれは出来ます、これは出来ません。
本当に評価の内容を読み上げているような感じ^^;
それなら成績表で確認するので面談いりません、アサガオの鉢だけ持って帰りますって感じでした。(←実際には言えませんけど^^;)
2011-07-14 Thu 15:27 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
Hello!
こんにちは。

面談お疲れ様です。言いたいことを先生に言うのって難しいですよね~。後からいろいろ浮かんだりしちゃって、後悔したりします。
さすがに「良問じゃない!」は言えませんね。。。
(言いたいけど!笑)

親向けの冊子としては、Z会はかなり出来が良いと思います。子供に優しいというか、「○○が出来ていたら大いに褒めてあげましょう」「これは、この時期のお子様にはまだ難しいので、できなくても、ちゃんと読めたね、と褒めてあげましょう!」等褒め方も対処法も具体的です。
おそらく3年生からは自分で丸つけをするみたいなので、2年生までになってしまうのかも、しれませんが、残念です。

親も初心者なので、親の指針になるようなもの、あったら嬉しいですよね。手探りの子育てな感じがありますもの。

見つかったら教えてください♪

では、また~☆
2011-07-13 Wed 16:54 | URL | mkrose #-[ 内容変更]
COMMENT,Thank you!
mkroseさんへ≫
ありがとうございます。
良問じゃないですよね^^;

子どもに向かって、これは問題が悪い!
とは言いませんが、
『おにははしる』が何で間違いなんだろうねぇ
という話はします。

個人懇談でドコまで先生とお話できるか・・・
なんせ小心者なので。
それに桃太郎じゃないけど、担任怖いんですよ(笑)

引き算・・・そうですね。
ウチも虫食い算とかさせたことはないですけど、
たぶんできると思います。

ネックは文章題の立式。
日本語や頭の中のイメージを、
正しく算数語に表せていないって事ですよね。

要するに、日本語と算数語のリンクができていない。

正しい答が導き出せてるので、
問題の意味は分かっているし、答も合っているので、
心配はしないことにしました(笑)

ただ、明日個人懇談会があるのですが、
桃太郎が、私に、
『おかあさん、引き算の問題教えてもらってきて』
と言ってました(笑)

なんでも一番でないと気がすまない桃太郎は、
出来ない状態がイヤなようです。
だったら自分で先生に聞けばいいのに・・・
でも、先生が怖いみたい(笑)

「答えがすぐに出て来てしまって、立式が難しい場合もあるでしょう。」
通信をやっていると、こういう親向けのアドバイスがとても参考になりますよね。
私は、この親向けのアドバイスだけが欲しいです(笑)
2011-07-11 Mon 11:03 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
Hello!
こんばんは~。
宿題の話、算数の話、いつも楽しく読ませていただいています♪
良問じゃない!に一票です。(でも、先生や子供に言えないですよね。。。汗)

うちも引き算、同じような状況です。
すべて足し算で計算しているんですよね。6+2=8の例のように。。。
状況は分かっていて、頭の中で場面は浮かべられている気がします。だからか分かりませんが、虫食い算6+□=8ができたりします。
1年生の今月号のZ会のアドバイスでは、「答えがすぐに出て来てしまって、立式が難しい場合もあるでしょう。おはじき等を使って、動かしてみましょう。」、「立式までのプロセスを大切にしていきましょう」とありました。
ご参考までに♪
うちも好きなもので、頑張ってみます。
2011-07-08 Fri 22:47 | URL | mkrose #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |