お金をかけないで幼児教育したい! 「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」
2011-07-07 Thu 07:34
最近、学校テストの話題ばかりで申し訳ないです。
しかも愚痴です。

読みたくない方はスルーしてね^^;


昨日、テストつづりが返ってきた。

今回はこくごテストが2枚。

1枚は100点、もう一枚は90点。

週末に月曜日は『こくごテスト』と連絡帳にあり、
『「わ」と「は」「を」と「お」ほか』と
子どもの字で書かれていた。

週末に出された宿題は、
テスト範囲の『「わ」と「は」「を」と「お」』のプリント。
これが、金曜日に全滅だった桃太郎。

相変わらず、見直しを嫌がり、
土曜日にパパに相手になってもらって
やり直した。

パパの感触では「まったく理解していない」ということで、

テストとなると大甘のパパがまた条件をだした。

『「わ」と「は」「を」と「お」のテストが100点だったら50円あげる。』
私は、
『パパ~。なんでそんなに甘いのよ~。』
と、たしなめたのだけれど、
パパは、
『大丈夫、ぜんっぜん分かってないから、
100点はぜったい無理。』

と、妙な自信が満々^^;

本人を目の前にしての発言だったので、
『そんなことないよね~?』とフォロー。


本当は復習をさせたかったのだけれど、
週末の土曜日は親子体操教室。
日曜日は、とある島へいって自然体験教室。
と、忙しかったため、宿題だけで手一杯で
それ以上、させることが出来なかった。


まあ、テストの点はなるべく気にしないようにと心がけているので、
この範囲は理解していないこともハッキリしているし、
出来なくても仕方ないとあきらめて月曜日を送り出したので、

90点という点数には驚かなかった。
(金曜日の宿題プリントのことを考えれば、良く出来た方だと思う^^;)


テストは理解できているか出来ていないかの『確認ツール』
と、自分の中で認識しており、
『評価の材料』とは考えていないので、

そういう視点から返されたテストを見る。

子どもにとっては出来たところをクローズアップして
褒めてあげるのが一番だとは思うが、

親としては、やっぱり、理解していない箇所が気にかかるので、
バツをもらったところを重点的に
『桃太郎は、どうして間違えたんだろう?』
と考えながらチェックする。


予想通り『「わ」と「は」「を」と「お」』の問題を2問間違えていた。

一問は『わたしは』の「は」を「わ」と書いており、
明らかに理解していないということがありありと分かった。

問題は
「□に「わ」「は」「お」「を」「へ」「え」からえらんでただしいぶんをつくりましょう。」

②『□□かく』
③『□に□□しる』

この問題が問題なのは、
まず第一に、文章に句読点が無いこと^^;


②は「えをかく」と書いて正解だった。
③は「おにははしる」と書いて不正解。
「お」がバツで「わ」が正解らしい。

確かに出題者の意図は
「わにははしる(ワニは走る)」と書かせたかったんだろうと思うけれど、
子どもがその意図を裏読みして答えるわけが無い^^;

適当に当てはめたらなんとなく文章になったのだと思うけれど、
「おにははしる(鬼は走る)」でなんで間違いになるのかが、
私には分からない。


先日から、重箱の隅をつつくような指摘ばかりしているので、
勘違いされたら困るのだけれど、

息子のテストの点を1点でも上げたくて言うわけじゃない。

「この問題は、テストの問題として適切なのか?」
っていうところを問題にしている。

子ども達が理解できているかどうかを確認するのに、
適切な問題なのか?
子ども達を評価するのに適切な問題なのか?
ってこと。


毎回の宿題プリントは、
業者の教材を切り貼りしたと思われるようなものばかりだけれど、
今回の国語のテストもそんな感じ。

切って貼って繋げてコピーしました。的な^^;

しかも、誰が選んでるのか知らないが、
かなりの確率で良問とは言えないような問題が混じっている。

私は、教員ではないし、もちろん経験も資格もないから
私の考えが間違っているのかもしれないけど。


昔の先生たちは、手書きの美しい文字で
手作りの問題だった。
かれこれ30年以上も前のことだけれど、
それは高校を卒業するまで続いた。
と、記憶している。

今の先生は忙しいのかな。

ごめんなさい。今日も愚痴でしたm(__)m


関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<引き算 | お金をかけないで幼児教育したい! | ☆にっぽんに じしんが なくなりますように☆>>
コメントありがとう
Welcome!
うりぼうとべこ さんへ≫
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます♪
ひと月も前からずっと読んで頂いていたなんて、
とても嬉しいです♪^^
ありがとうございます♪m(__)m

年々私の考えも少しづつ変わっていったりはしていますが、
それでも、一つでも、少しでも参考になったのなら、
こんなに嬉しいことはありません(*^▽^*)


テストについて・・・・
そうなんですよね。機械的。そんな印象を受けてしまいます。
低学年の担任は忙しいって言うのは分かるのですが。

≫「おにははしる」と書いた桃太郎くんの想像力、創造力を伸ばしてあげたいですね。

本当にありがとうございます。
まさに私の言いたいことを的確にあらわしていただいた気持です。

私としても、ただ点数にこだわっているわけではなくて、
「そういう答もあるよね」という指導がして欲しかったなと。

いくつも正解のある問題もありますからね。世の中には。
それが出来ないなら、
やっぱりその問題は良問とは言えないなと思うわけです。

コメント嬉しかったです。
ありがとうございましたm(__)m
つたないブログですが、ぜひまた遊びに来てくださいね♪^^
2011-07-07 Thu 14:07 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
同感です
はじめまして。ひと月前程からブログを読ませていただいています。年中男児と来年年少にあがる2歳女児の母です。
息子とトランプを始めて、神経衰弱やババ抜き以外に4歳男児ができる遊びを、と検索してたどり着きました。
目的は果たしましたが、それ以外にも共感する部分、勉強になる部分が多々あり読者になった次第です。


さて今回の件ですが、教師の方も機械的に作業してる感じを受けますよね。そして今までも記事を読んできたので、これが今回に限った話ではないのはわかります。
私の周りには、先生が多いのですが(大学の友人が4人、小学校や高校の教員になっていたり、三世帯で住まれてるお隣の息子さん夫婦が共に教員であったり)たまたま皆さんいい人なのですが、教師の友人曰く変なのもたくさんいるよと(^^;
教師も人ですから、仕方ない部分もあるのでしょうけど…教育をめざしてきたなら、もう少し児童に寄り添う気持ちが欲しいですね。

長々とすみませんでした。
「おにははしる」と書いた桃太郎くんの想像力、創造力を伸ばしてあげたいですね。
2011-07-07 Thu 09:41 | URL | うりぼうとべこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。