お金をかけないで幼児教育したい! 『桃太郎、1人で電車に乗る。』の巻き
『桃太郎、1人で電車に乗る。』の巻き
2011-05-10 Tue 16:25
大冒険に出かけた桃太郎のお話です。

電車好きの息子のために
『小児用記名式≫ICカード乗車券・電子マネー』を購入しました。

そして、5月3日。

ついに、地元駅から都市部の駅まで1人で行ってまいりました。

ハラハラドキドキで送り出したパパとママの心配をよそに、
色々と、やらかしてくれました(笑)


都市部の駅では叔母が改札口で待っていることになっていました。
前日の電話で『叔母さんの姿が見えるまで絶対に改札を出ないように』との指示がありました。

もちろん、言い聞かせました。

こんこんと、色々言い聞かせました。
・T改札口で待ち合わせ。(上記の通り)叔母さんの姿が見えるまで改札から出ないこと。
・知らない人には絶対ついていかない。
・迷子になったり、分からないことがあったら、制服を着た駅員さんや係りの人に聞くこと。
・(なにごとも早ければいいと思っているので)
    慌てず、急がず、ゆっくり丁寧に行動すること。
・現地に着いたら叔母さんの言うことを聞くこと。



当日の朝。

心配性のパパが自分の個人携帯を緊急用にと持たせると言いました。
(パパは別に会社用の携帯を持っています。)

主なアドレスの後ろに、「おかあさん」「おとうさん」「おばあちゃん」「おばさん」
と、ひらがなで登録済み。
親の愛を感じます(笑)

あくまでも緊急用との認識だったので、首からぶら下げて服の中に入れました。

桃太郎が、1人で出かけるのは少し不安そうだったのと、
パパが心配性なので(私もだけど^^;)
パパが定期券を持っていたので、駅員さんに話をして、
改札を入り、電車のドアまで見送ることになりました。

私はホームの外側から乗り込むのを見守りました。
「いってきまーす!」と、多少さみしそうにしながらも出かけていきました。


都市部の駅には何度も行ったことがあるし、
本人が「大丈夫!わかる!」と、言ったのですが、

改札口がいくつもあるんです。
私はそれが心配でした^^;

そして、心配は的中しました。

電車に桃太郎が乗ったのを見届けて、
叔母には「30分発の電車に乗ったから」と伝えてありました。
叔母も「少し早めに行って改札口で待ってるから」と言ってくれました。

ところが、降車駅まで最寄り駅から30分位のはずなのに、
45分を過ぎたところに叔母から電話がかかってきました。

てっきり「着いたよ!」という電話かと思っていたら、
『来ないよ?どうなってる?30分発に乗せたんだよね?』
と、心配そうにかかってきました。

私達夫婦も動転です!

一旦、電話を切って。
桃太郎の持っている携帯に電話しますが、繋がりません。
何度かかけるもどうやら通話中のよう。

やっと繋がると、
面倒くさそうに、
『誰?何?聞こえないー。』
『お母さんだよ、ドコにいるの?』
『○○線の改札口。』
『なんでそんなところにいるの?改札出ちゃったの?』
『何?聞こえないー。電池なくなっちゃうから、もう切るよ。』
『こら、待ちなさい。』
(プチッ。ツーツー)

もう一度掛けなおします。
『何?』
『何じゃないでしょ?そんなとこにいたら叔母ちゃんに会えないでしょ?』
『大丈夫!会える!切るよ!』
(プチッ。ツーツー。)

自信満々のその様子に、
通話中の間に叔母さんに電話して、連絡が取れたのだと理解しました。

○○線の改札口は、叔母さんと一緒に乗るはずだった改札口。
昨日の私の言葉は全く耳に届いておらず、
気持は先へ先へと突っ走っていたようです。

でも、込み入った都会のターミナルでなぜ○○線改札口まで行けたのか?
疑問のままでした。

その後、叔母から連絡が入ることもなく、
私達は無事に二人は会えたのだと確信しました。


夫婦二人で、話を聞いていなかった桃太郎と、
電話での態度に憤慨していましたが、
時間とともにお互い冷静になり。

『過ぎたことは頭ごなしに叱らずに、
まずは、1人で行って帰ってきたことを褒めてあげよう』

と、いう結論に達しました。

帰りも最寄り駅まで迎えに行く予定でしたが、一向に帰るという連絡がありません。
15時頃に、どんな様子かと、桃太郎の持っている携帯にメールを送りました。
『たのしんでいますか?かえるときはれんらくしてね。』

16時40分
『いまからかえります○○せんに乗りました。』
気をつけて帰ってくるように返事をして、
出先だったので駅に向かいました。
16時50分
『みんなにくまんすき』というメール。
どうやら叔母さんにお土産を買ってもらっているようです。
『すきだとおもうよ』と返事をすると、
すぐに『わかりましたまたメールします』と返ってきました。

しかし待てども待てども、電車に乗ったという連絡がありません。
私達は、とっくに駅について待っていますが。

17時半少し前、
叔母から電話がありました。
『17時31分の○○行きに乗っていくって言ったから。
一本前の□□行きにしたら?って言ったんだけど、各駅停車がいいって。
でも、○○駅で乗り換えないといけないでしょ?
その先も各駅停車で帰るって言ってたよ。のんびりしてるわぁ。』

そして、朝の顛末も少しわかりました。
お礼を言って電話を切りました。

17時35分
『じゅななじさんじゅいちふんはつ○○ゆきにのりました』
変な日本語ですが、しっかり電車とハートの絵文字が入ったメールが来ました。
改札を入った先の乗り場はわかったようです。

『きをつけてかえってきてね。』と返事をしました。

すると17時50分
『○○えきからもふつ△△でかえります、桃太郎より』
ハートの絵文字つき(笑)

結局最寄り駅の改札に着いたのは18時20分

大きな紙袋を重そうによいしょよいしょと運びながら階段を上がってくるのが見えました。

まったくハラハラドキドキでした^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の顛末≫≫

叔母の話と、桃太郎の話を総括すると・・・・

T改札口に向かう階段ではなく、
K改札口に向かう階段を登ってしまい、そのまま改札を出てしまった。

○○線の改札までは、知らないオバサンと一緒に行った。

○○線にも乗れるICカード乗車券だったが、
改札はくぐらずに、叔母の携帯に電話をした。

一度は繋がらなかった(たぶん私と話をしていたため。)
二回目に繋がって、叔母さんに「○○線の改札口から絶対動かないように」と言われたらしい。

ここで、すでに叔母さんにも叱られていると思う。

それにしても、何事もなかったから良かったようなものの、
しらないオバサンについていってしまうなんて。
あれほど、知らない人についていくな、
わからないときは「制服を着た駅員さん」に聞いてと口を酸っぱく言ったのに^^;

冒険は、まだちょっと早かったかなと思いつつも、
帰りは自分で決めた電車に乗って、
大きな荷物もあるのに乗り換えもして帰ってきたので、

あとは、機会あるごとに言って聞かせるしかないね。
(人を疑うことを教えるのは悲しいものですが)

きっと相手を選んで付いていったんだろうと、パパは話しました。
桃太郎の直感を信じてやろうよって。

桃太郎が1人の時の状況はわかりませんが、
夫婦で予想したのは、

連休中だったため、人が多く、流れのままに電車を降りたら、
K改札にでてしまった。

もしくは、
話好きで、物怖じしないので、電車の中でも誰かをつかまえて
話をしたんじゃないかと。
自分の行き先を「○○線」「●●博物館」と話、
たまたま行き先が一緒だった人がいて、一緒に行くことになったか、
親切な人が○○線改札までワザワザ連れて行ってくれたか。

改札をくぐらずに●●博物館まで行ってしまわなかったのは、
叔母さんに会えなくて心配になったからか?


また、次回の冒険があるようなので、
次はもっとしっかり対策とシュミレーションをしないとなァ^^;

今回は携帯を持たせることを提案したパパのお手柄なのでした(笑)


関連記事
別窓 | 6歳の桃太郎 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<日帰りアルプス「のうさぎの会」 | お金をかけないで幼児教育したい! | 風が通るガーゼのパジャマ>>
コメントありがとう
COMMENT,Thank you!
oyonさんへ≫
公立の小学校で、電車通学があるんですか?
こちらでも、都市部の私立や国立に通う子は電車通学ですけどね。
ランドセルに定期券をつけて電車に乗ってる子をたまに見かけます。ターミナル駅での乗り換えも自分でするのですから、すごいと思います。
しかも毎日のことですものね。

ウチは、本人は自信満々だったようで、
しかも今回何とかなっってしまったので、
たぶん、変な自信をつけてると思います^^;

大人は過剰に心配しすぎかもしれません。
でも、それが親心かなとも思います(笑)
私も、パパも意外と心配性だったことに気付かされましたよ(笑)
想像以上にドキドキでした^^;

でも、心配し始めたらきりがないですものね。
それこそ、大きな地震とか。
離れている間に何かあったら、きっと後悔しそうですが、
それでも、いつかは自立できる子に育てたいと思うからこそ、
心配をしながらも冒険に送り出したいと思います。
私ってマゾ?(笑)
2011-05-11 Wed 10:11 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
COMMENT,Thank you!
まめっちママさんへ≫
携帯電話に頼る現代、
連絡がつかないほど落ち着かないものはないですねぇ^^;
都市部は乗換えとかがややこしくて大変ですよね。
頭の良さと方向感覚はまったく別物ですしね。
娘さんも頑張れー♪

知らない人についていかないとか、普段から言い聞かせているはずなのに、まったく理解していなかった・・・ということが、
今回の事でよーく解りました(笑)
「わかったわかった」って口だけで全然脳みそに浸み込んでなかったんですね~。トホホ。

ただ、英語はしゃべれないけど、性格がアメリカンな感じなので^^;知らない人にもすぐに話しかけて(相手が大人でも)、会話が出来るというのは、将来1人で行動することも多くなるであろう一人っ子にとっては、ある意味良い面なのですが、
それで信用してついて行ってしまうのはまた別物ですからね。

今後は、よーく言い聞かせて、
でも、私も懲りずにまた冒険に送り出そうと思います。
2011-05-11 Wed 09:52 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
Hello!
すごい事挑戦させましたねー!
大冒険でしたね。
桃太郎君を待ってる時の気持ちがすごく臨場感あって伝わってきました。
とはいえ、うちの方はいなかで電車に乗って学校に来てる子もいるし私立の学校だったら電車だしで、小学生でも電車に乗れるっていえばのれるんですよね。
でも、とてもいい経験ですね。
でもやっぱりやっぱり心配ですよねー(汗)
2011-05-11 Wed 02:30 | URL | oyon #iafbVbwo[ 内容変更]
Hello!
こんにちは。
桃太郎君、随分冒険しましたね。(笑)
無事に叔母さんに会えてよかったです。連絡つかない時って
はらはらしますよね。うちの娘なんか中学になっても電車間違えて
ばかりで、毎日小旅行して帰ってきます。(汗)
ただ、絶対に知らない人について行かないのだけは小さい時から
安心できたんですよ。必ず駅なら駅員さんか売店のお姉さん、後は
警察に駆け込む(大汗)これだけは徹底してました。
そのせいで交番のお世話には何度もなって、近所の交番のおまわり
さんからは、「あああなたの家ですか」と覚えられる始末です。
冒険は心配だけれど、この経験をいかしてきっと次はもっと
たくましくなって成長してくれますよ。
2011-05-10 Tue 18:56 | URL | まめっちママ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |