お金をかけないで幼児教育したい! 久しぶりにオーケストラを聞いてきました。
久しぶりにオーケストラを聞いてきました。
2015-11-12 Thu 09:57
壮大なもちろん生の。オーケストラの中に身を落としてみたいなぁ・・・

という気分に急になってしまった、秋。

不思議なことに、アマチュアのオケのコンサートのチケットを頂けることになりました。

しかも、ふとしたきっかけで団員の方から。

しかも、立派なコンサートホールでの定期演奏会。


 


懸案は桃太郎。

自分の気持ちとしては連れて行きたかったわけですが、

Annieを観劇した時ですら、おとなしく出来ない11歳児。

プログラムは私も聞いたことのない題名の曲ばかり。


とても、桃太郎を連れて行ける気がせず。

ジジババの協力のもと、お留守番していてもらうことになりました。

団員さんは3枚でも良いですよとおっしゃってくださったのですが。

いくらアマチュアの演奏会だとしても、周りに迷惑をかけるのは申し訳ないし、

私も桃太郎に気を取られて音楽を楽しめないのは嫌だなと^^;


当日は、何を着て行くのか夫婦で迷い^^;

完全なるおのぼりさん状態でしたが、

意外と、普段着の若者も多く。

こんなに気張ることはなかったかと。


DSを手にした桃太郎くらいの子どもチラホラ。


2時間ほどのコンサートでした。

演奏はアンコールを含めて3曲。

交響曲や交響詩だったので、一曲が3楽章4楽章に分かれていて長い!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」


ベートーヴェン:交響曲 第8番

ツェムリンスキー:交響詩「人魚姫」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::


やはり聞いたことのない曲ばかりだったものの、

眠くなる曲ではなく、どちらかというと力強い曲だったので、

2時間たっぷり楽しむことが出来ました。

演奏もとてもアマチュアのオケとは思えないクオリティ。


バイオリン、ビオラ、チェロ、トランペット、チューバ、ホルン、クラリネット、フルート、オーボエ、

ハープ、打楽器。そうそうたる人数の楽団でビックリしました。

しかも、常連と思われる年配のファンの方々の会話が聞こえてくるのですが、

アマチュアの楽団としては日本でもとてもクオリティが高いほうなのだとか。



不思議な満足感に浸りながら客席を出ると、ロビーには人がギッシリ。

中には小さな赤ちゃんを抱きと幼児の手を引いたご夫婦もいらっしゃって。


他にも桃太郎と同じ年頃の子どもや、もっと小さな子もそこここに。

でも、コンサート中に子どもの泣き声など聞かれなかったし、

ごそごそ騒ぐ様子もなかった。

曲の切れ目に大人の咳払いが申し訳なさそうに聞こえたくらいで。


「桃太郎連れてきても良かったんじゃないか?」と、思ったより多かった子ども連れをみて発言するパパ。

いやいや、

あの子たちは、キッチリ躾されているか、

音楽に関心があるか。
(何か楽器を習っているとか。)

もともと大人しいタイプの子か。

興味がない所や場所で長時間いるのが苦手な桃太郎には無理だよ~。

と返す。


まだーまだー。を連発し、靴を脱ぎ、椅子からずり落ちるに違いない。


ディズニーとかね。桃太郎にも耳慣れた曲なら、

もしくは体ごと乗れちゃうような、ジャズとか、その他のリズムのある曲ならまだしも。

今日のこの曲はちょっと無理だったと思うよ・・・と。


お利口さんに聴いていられた隣の芝たちをうらやましく思いながら。

でも、桃太郎は美術館しかり、観劇しかり、こういう場所や、芸術にあまり関心がないんだろうなと^^;

非常に残念ではありますが^^;

もっというと、歴史とか古い建物などにもあまり興味はないみたいです^^;

奴の興味は鉄道一本!

ブレないですね~^^;


でもまあ、子どもを預けて夫婦でコンサートなんて、

文字で書くと、海外のセレブな夫婦みたいで、

え?!私たちが?と、ちょっと笑えますね^^;

それにしても、至福のひとときでした。

また、こんな機会があると良いなぁ。

チケットぴあ
関連記事
別窓 | どうでもいい話。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<気休め?!の『アロマオイル・ルームスプレー』受験生スペシャルブレンド?! | お金をかけないで幼児教育したい! | 山登り?>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |