お金をかけないで幼児教育したい! モンブラン事件
モンブラン事件
2015-10-20 Tue 15:03
最近は、めっきり落ち着いて、あまり激しく怒ったりすることは無くなった桃太郎。

学校で嫌がらせされていたころは、少し不安定な時期もあったけれど。


それでも、時々強い「こだわり」を見せることもあります。

ここ最近で一番すごかったのが、

8月のじいちゃんの誕生日。

主人が単身赴任でいないので、

じじばばと、私と桃太郎と4人で、ケーキを食べてお祝いしようということになりました。

じじばばが買い物に出る用事があるというので、

ケーキを買うのは二人に任せました。

夕食後に食べるつもりで、買ってきたケーキは箱ごと冷蔵庫へ。

私はケーキが食べられたら満足なので中身の確認はしません。

桃太郎は冷蔵庫を開けて、ケーキの箱に気が付いたので、

『今日は、じいちゃんの誕生日でしょ?後でケーキ食べようね♪』

と、声をかけました。

とても楽しみにしているようでした。


ところが・・・・
夕食を終えて、お茶を用意し、

さぁ!ケーキの時間です!

冷蔵庫からそーっとケーキの箱を持ち出したのは桃太郎!

そして、箱を開けて・・・・


大激怒!!!


そこには、美味しそうな渋川付の栗がのっかったモンブランのケーキが4つ♪
(こんなのに、栗がのっかったヤツ♪)



ですが、実は桃太郎は栗が嫌い。

モンブランのあの絞り出したぐるぐるの部分も嫌い!

なのです。


ですが、そこまで怒るほど嫌いと思ってなかった私^^;

そして、栗なんてそうそう食べる機会も多くないので、

桃太郎が、栗が嫌いと言うことを知らなかったじじばば^^;



色々ご機嫌を取りますが、

『いらない!たべない!』

と、大号泣^^;

私も、

『今日は、おじいちゃんの誕生日なんだからね、おじいちゃんの食べたいケーキを買ってきたんだよ。我慢して一緒に食べようよ。』
と、言ってみたのですが、

『子どもの気持ちが全然わかってない!』

と、カンカン!!

最後は、しかたないので、ほっときました。


結局ケーキに手を付けることはなく、

あまったモンブランは翌朝じいちゃんがたいらげました。



我が家はだいたいバラバラのケーキを買ってきて誕生日の人から選び、

他の人はジャンケンして好きなケーキを選ぶって言うのが伝統なのですが。

今回は、じいちゃんがモンブランを食べたいと言い、

一緒に行ったばあちゃんは自分もモンブランを食べたかったので、

『ケンカになるから全員一緒のケーキにしよう!』と提案し。

4個買って来たら、実は桃太郎が霧嫌いで、

大荒れになってしまった・・・


ということです^^;



しかし、未だに思いもよらない所に、こだわりのスイッチがある桃太郎です^^;


桃太郎は「好き嫌い」はもともと少ない方なのですが、

年齢とともに、すこしづつ『コレは嫌』というのが増えてきた気がします。


一番最初に嫌いになったのは「だいこん」

今は、給食で出されたら食べますけど。

家では、あまり手を付けません。

他には「ピーマン」

食べれなくはないハズですが、出すと嫌がります。

単体だとそんな感じでしょうかね?

料理の形だと

おばあちゃんが良く作ってくれる

「にんじんご飯」&「なまり節ご飯」

炊きこみご飯に、ツナ缶やなまり節など魚系のものが入ってると嫌がります。
 (鰹なまりぶし

焼き魚とか煮魚など単体では食べるのですが。

近いところで、コンビニおにぎりの「ツナマヨ」も嫌がりますね。


それしか無ければ食べるのですが、嫌がります。

あとは、事件にもなってしまった栗^^;

栗ご飯、栗きんとん、天津甘栗。

モサモサする系のお饅頭も得意ではないみたい。

   

(桃太郎11歳0ヶ月)
関連記事
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<筆箱を新調しました。 | お金をかけないで幼児教育したい! | 本当は、かわいそうなのはあの子。>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |