お金をかけないで幼児教育したい! のうだま2 【おとな漫画】
のうだま2 【おとな漫画】
2015-09-14 Mon 09:33


最近、細かい字が辛くなってきてまして。
図書館に行っちゃあ、漫画ばっかり借りてるワタクシですが・・・^^;

上のバナー。漫画なんですけど。
良い内容だったので。
ご紹介を。

のうだま2

2って言うからには1もあるんでしょうが、図書館で最初に見つけたのがこちらだったので。
しかも。
『記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ!』
ってな、副題もついてて。

そうそう、子どものためとかではなく、自分のために借りたんですよ^^;

年とともに、記憶の衰えとか、ホントにヒシヒシ感じてたものですから^^;

友達ともね。
人の顔と名前がちっとも覚えられないね・・・
なんて話をしてたところです。

専業主婦の私はマダ困ることは少ないのですが、
友人は子ども3人分のママ友付き合いに加えて、
教室の生徒さん(オトナです。)もいるのですが、
これが教室と言っても季節ごとの講座なので、
街中で声をかけられても、どこの誰だか、
生徒なんだかママ友なんだか、もうサッパリで・・・
ってぼやいてました。
そして、最後はヤッパリ歳は取りたくないね~って話に^^;

だから、この本、副題に惹かれたわけですよ。ウン。

だって、自分の実感と違うんだもん。

でね。

まあ、最初は自分のために読み始めたんだけど、

早いうちに、

『歳とともに記憶力が衰えるのは気のせい』ってことは納得できたのです。

気のせいらしいですよ。とにかく脳の衰えが原因ではないみたいです!
頑張りましょう!!!(←誰に言ってんだ?^^;)


後半は『記憶力』に関する話だったので。

お!これは桃太郎の今後にも役立つ話じゃ?

と、思ったので、大事なとこだけピックアップします。

(中学生くらいになった直接本人にこの本を読ませたいくらい^^;)
(あ、ちなみに桃太郎は、サワリの漫画だけ読んで、
人の失敗話にゲラゲラ笑い転げておりました^^;
なんて奴だ!)

続きも是非に↓↓↓
●脳には短期記憶と長期記憶があって、

短期記憶から長期記憶に異動させるには条件があるのです。
(容量に限りがあるので、全部は長期記憶にしまうことはできない。)

1、生きて行くのに必要かどうか。
命にかかわる情報は長期記憶に優先的に入れてもらえる。

2、使用回数が多いほど脳が命にかかわる大事なことと勘違いして、長期記憶に保存される。

だから、学習の復習は大切

学校での勉強は直接生命に関することが少ないので、選別の時にはじかれやすい。

・最初に習って一か月を過ぎると忘れる仕組みになっている。

・脳は1か月位かけて長期記憶に入れるかどうかを選別している。

(いらない記憶にならないように1か月以内に復習する。)

脳をだまして長期記憶に保存するのだ!(笑)


●経験記憶と知識記憶と方法記憶

1、経験記憶は思い出すきっかけが強いので思い出しやすい。

2、学校の学習などは知識記憶、きっかけが弱い場合が多いから思いだしにくい。
でも、忘れたわけじゃなくて、脳内検索できないだけ^^;

3、方法記憶(体を使って覚える記憶)
歩き方、箸の持ち方、自転車の乗り方、風呂の入り方などなど・・・
これは、一度覚えると忘れにくく強固。「昔取ったきねづか」

これらは発達の時期が違う。

1歳頃発達・・・方法記憶(生命維持にかかわること:食べ方・立ち方・歩き方)

3歳頃から・・・知識記憶(言葉を覚える)
(※小学校高学年がピーク:ポケモンを覚えるとかそういう類のヤツ^^;)
中学までは丸暗記の勉強が通用するけど、高校受験以降は方法を変えないと難しいらしい。
(なるへそ~。)

6歳頃から・・・経験記憶
だから、3歳くらいの経験記憶は無いので、旅行に行ったとか覚えてない^^;


●覚えるには繰り返し(復習)が必要。

★復習回数を減らして覚えるには?
【θ波が出ている時に覚える。】

1、興味を持つ。
興味を持てばθ派が出て覚えるまでの復習回数が少なくて済む。
(桃太郎がポケモンとか、電車の系統とか野球選手の背番号覚えるのもコレ?)

2.思い出にすること。
感情が盛んな時は、ものごとを覚えやすい。
(だから、英語や国語は棒読みじゃなくて感情を込めて読むと覚えやすい。)

3、歩いている時。
歩いている時はθ波でる、何かを覚えるチャンス!
(斎藤孝先生も歩きながら覚える…ッてなこと言ってたよね?確か^^;)

4、小腹がすいている時。
小腹がすいている時はθ波が出ている。記憶するチャンス。
(逆にお腹がいっぱいだと覚えづらい。だから食べたら昼寝?!)


★回数(繰り返しはやはり重要)
★関連付けで覚える
メモリーツリー(ドラゴン桜にも出てくるらしいよ。)

私は見たことないけど^^;


睡眠を利用
・新しい記憶を身につけた時はその日6時間以上眠ることが必要
・眠らないと情報処理の時間が足りず、数日で記憶から抹殺されたりするらしい^^;
(睡眠って本当に大事なんですねぇ・・・つくづく。)

・レミニセンス効果
何度やっても出来ないことが、寝て起きると(記憶が熟成されて)出来るようになっていたり。
(ただし、奇跡を起こすには日々の努力も必要。)

寝る前の1~2時間は暗記型学習のゴールデンタイム♪
(朝覚えるよりも、夜の方が記憶が定着しやすい。)
※夜型と夜更かしは違うので注意が必要。睡眠時間は充分取る。

・睡眠は記憶だけでなく、「ひらめき」も助けてくれる。

寝る前の学習は効果的ですが、
いわゆる一夜漬けと、
同じ学習量(時間)を、日にちを分けて学習した場合、
直後の記憶量は変わらないが、
しかし、長期記憶されやすい(忘れにくい)のは分散型の学習法


脳は入力より出力を重視する。

・出力の回数が多いほど、脳は重要な記憶と思って記憶が増強される
(名前、住所、電話番号などが良い例。)
・つまり、教科書や参考書を見直すより、問題集をどんどんやった方が効果的

(英語も、テキストも大事だけれど、音読したり会話した方がいい?!)

テストは「覚えているかのチェック」と言う程度の認識の人が多いが、
脳にとってはテストという(出力)行為自体に深い意味がある


●感動と好奇心があれば、年齢とともに記憶力が衰えることはないそうです♪

(注意:この本はあくまでも大人向けの本なので、子どもに活用するときは気を付けて。)


漫画ですのでとても読みやすくなっています。
本が苦手な人にもおすすめ♪

寝る子は育つってそういう意味もあるのかもね!

睡眠って本当に大事なんだなぁ・・・・

と、夜更かしの私が言っても説得力ないか?^^;


先行の書籍として、「のうだま―やる気の秘密」というのも出ているようなので、こちらも読んでみたい。



********独り言*********

ふむ。最近どんぐり問題取り組めてないけど。(また?!)
どんぐりの問題は3つの記憶に当てはめると、
『方法記憶』ってことになるんだろうか??
(確信無し^^;)
方法記憶か経験記憶だったら良いなあ・・・と思ったり。
***********************

関連記事
別窓 | ママの参考書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<新任園長先生のお話。 | お金をかけないで幼児教育したい! | おとうふちゃん>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |