お金をかけないで幼児教育したい! 桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!③
桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!③
2015-02-28 Sat 11:13
前回記事②からの続き。

桃太郎がプリントを終えて戻ってきました。

「どうだった?」と聞くと、

「難しかったぁ~。」との返事。

ん?ん?
算数をやるって言ってて、
4年生で習った内容です。って言ってたけどなぁ。

苦手な単位とか、図形の問題でもあったか?
さては文章題?


イケメン先生もモチロン塾の先生ですので、その場で採点をします。

プリントは半分に分かれていて、最初の半分が計算問題。
後ろの半分が応用問題、いわゆる文章題でした。

桃太郎は計算問題は全問正解でした。
しかし、文章題は空白でした^^;

あちゃー。です。
なんで絵を描いて考えなかったの?って思いました。
たぶん「どんぐり問題」以外の問題を絵で描くのはダメだと思っているんでしょうねぇ。
まったく頭が固いよなぁ・・・・

先生は良く出来てるほうですよとフォローしてくださいましたけどね。
きっと、誰にでもそういうんでしょう。

ここで、文章題をこなせれば、中学受験組に入るんでしょうか?
当然4年生の学力があれば解ける問題でしたが、
学校では、絶対に、やらないタイプの問題でした。



採点が終わると、
「今から出来なかった問題の解説をします。
お母さんにもぜひ見て頂きたい!」

と、自信満々^^;
なので今度は3人で個別ブースへ。

先生を真ん中において、普段は生徒が座る席に私と桃太郎が座ります。
まずはブースの説明。
普段は両側で二人の生徒を見ますが、二人は同じことをやるわけではありません、
学年や学力に合わせた内容をやるので、全員がバラバラのプリントをします。
(小学生の場合は4人を一人の講師が見ます。との説明アリ。)

仕切られた机と、一人づつの机の前には一つづつホワイトボードが。

ここで、プリントをやって、各自分からないところは先生にいつでも聞けるし、
間違った問題も個別に解説します。
とのこと。

ふーん。塾で家庭教師の先生にみてもらうみたいな感じかな?
個々に合わせてっていうのは集団学習よりは良いかも。とは思いました。


個別ブースの説明が終わると、
出来なかった問題の解説に入ります。

桃太郎は計算は全問正解だったので、
文章題の解説。

文章題は完全にお手上げの状態だったみたいで^^;
プリントは真っ白^^;

ゆっくり考えればできるはずなのに、
「俺は文章問題は苦手だー!」って思い込んでしまっているのも原因だと思うのだけれど。


先生がホワイトボードに問題文に沿った絵(図?)を描いていきます。

ここで私がモヤモヤーっとしたのは、
先生がサラサラサラ~っと絵を描いてしまうこと
でした。

いやいやいや・・・
絵を描いてごらんってなぜ言わない?!^^;

先生が描いた絵を見ながら桃太郎が式とか答えを考えていきます。

なにやら、思い込みもあって躓きもありましたが、
最後はなんとか正解できました。

文章題はなかなかと考え応えのある、良い問題だったと思います。
きっと中学受験を見越したプリントだったんでしょう。

でも、子どもに絵を描かせずに先生が描いてしまっては・・・
あとで「本当はこの絵を自分で描けると良いね。」とかいうフォローも無し!

ここで、
「わからなかったら、まず絵を描いてみてごらん」
とかいう指導があれば、ちょっと入室を考えたかもと思いますが、

この時点で私の中では完全に入塾の選択は無くなりました^^;


別に、家でどんぐり倶楽部的な生活が出来てるわけじゃないですよ。
どんぐりの問題もほとんど出来てないです。
宿題も自分でやってるし。

きっと糸山先生が見たなら、
子どもの学力を育てる気はあるのか?!
怒られそうな生活です^^;




でも、やっぱり実際出来てないとしても、
この塾へ入れるのは「違うな」という気がしまして^^;

確かに、その場の成績は上がるでしょう。
見かけの成績は上がるでしょう。
だって、解き方を教えてもらうんですから。
でも、
特に、桃太郎のためにはならない気がしています。

計算は早いし、漢字もよく覚える。
好きなことは特に、どうでも良いことでもよく覚える。

でも、考え込むっていう作業は苦手みたい^^;
あと、ピンとくるっていうか、勘の良さみたいなのも足りない^^;

塾の先生に解き方を教えてもらってしまっては、
「自分で解き方を考える」ということをしなくなってしまう。

なので、現時点では塾は無いなと。判断しました。

学校のテストがね。いつも満点で、なにも言うことがなければ、
入塾、中学受験という選択もあったかもだけれど^^;



そういえば、全然関係ないけど、
桃太郎の同級生のお兄ちゃんが地元の私立中学2校と、
あのラサール中学に合格したそうです。
春から一人で寮生活だそうです。
すごいぁ・・・

桃太郎なら寂しくて、万が一合格したとしても、行ってくれないでしょうね^^;

こんな田舎にもできる子はいるもんですね~。

脱線しましたが、この話はもう少しだけ続きます。

           (桃太郎10歳6ヶ月)
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<みにくいことりの子【絵本】 | お金をかけないで幼児教育したい! | 気になったこと。>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |