お金をかけないで幼児教育したい! English Camp
English Camp
2015-02-17 Tue 09:09
ネタが腐りそうなので急いで書かなくちゃ・・・・

冬休みの話です。

今年の冬休みは、短い期間に、2度のお泊りを経験した桃太郎。

一つ目がクリスマスの前に行った英語キャンプでした。

きっかけは、学校からのお便り。

まあ、だからと言って学校推薦だったわけではないのですが。


例によって、他地区異学年の中に放り込んでしまえ!という、
親の無謀な計画。
もちろん、無理やりでは意味がないので、桃太郎にも意思を確認。

2泊3日のお泊りキャンプに出かけていきました。

キャンプと言っても、公共施設に2泊するのみで、テント泊があるわけでもなく。

英語のアクティビティがあると言ってました。

小学生から中学生までが参加したのですが、
小学生と中学生ではやはりグループをわけられたそうです。
しかも、全体的に女子が多かったとか。

女子は友達どうしで参加している子が多かったようですが、
男子は単体で参加している子が多くて、
しかも全員同じ部屋だったらしく、大盛り上がりでとても楽しかったようです。
帰宅後は年賀状のやり取りもありました。

それで英語の勉強になったんかい?!

と、思ったのですが、

空港見学のイベント後に、空港スタッフの方に英語で質問をしたり。
(空港では滑走路見学など、普段は入れない場所に入れてもらえたりもしたみたい!)
また、最終日には英語でのスピーチもあったようです。

ちなみに中学生は英語劇を披露したとか。

空港見学が一番楽しかったようで、
英語漬けになるか?という目論見は外れましたが、
(空港見学は日本語での解説でした^^;)

「お母さんのこと忘れてた~!」
と、いうほど楽しい2泊3日だったようで良かったです。

今回は年齢的に対象外だったのですが、
同じ組織から、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアへ行く
キャンプツアーもあったようです。
現地で2~3人づつホームステイをしながらのツアーでした。

素敵だなと思いつつも、
やっぱり、小学生で一人で海外に行かせる勇気は、
子どもにもないけど、親の側にも無いなぁと思っています^^;

知り合いが6年生の子を参加させていましたけどね。
親も覚悟がいる話だなと思うわけです。

いつまでも過保護でいちゃダメなんでしょうけどね。
過保護な親を振り切って、
世界に飛び出して行くような子になって欲しいものです(笑)



そうそう、スピーチをした最終発表、見に行きたかったけど行けなくて。
遠いのでね^^;

家でもやってみて!
って、お願いしたら、流暢な英語で発表してくれました。
もちろん、覚えたことを丸暗記なんでしょうけど。
ちょっとだけ感動しました( *´艸`)


なんだか、文章が脈絡ない感じになってますが、
ツアーの定員は80名ほどだったのですが、定員に至らず、
バス一台分くらいの参加者でした。
ネイティブの男性が二人乗り込み、あとは英語がペラペラの女性と
男性スタッフがいました。
外人講師が15人に一人程度つくと資料には書いてあったので、
まあ、そんなところでした。

近くでこのような機会があればぜひまた参加させたいと思いました(^^)

欲を言えば外国籍の子どもも一緒だと良いのにー。
と思いました。
欲張りすぎですね^^;
関連記事
別窓 | 小学生英語(外国語)教育 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2分の1成人式 | お金をかけないで幼児教育したい! | DSルールを変更しました。>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |