お金をかけないで幼児教育したい! 植木算?
植木算?
2014-02-23 Sun 15:27
今朝、「どんぐり問題(良質な算数文章問題)」をパパと取り組んでました。


最近、誘うと一人ではやらないけど、

誰かが一緒に問題を解いてくれるならという限定で取り組めるようになりました。

盗み見、真似っこなどもありますが。


一緒にやると、楽しいみたいです♪(*^_^*)


今朝は、初めに(3M×70)をやったようです。


私は算数の分類には詳しくありませんがいわゆる「植木算」と呼ばれる問題でした。


終わった後に、『簡単すぎた』と言うので、不思議に思って問題を見ると、


植木算。



そりゃー。絵で書いて解くんですから。簡単に決まってますわ^^;


でも、その『文章から絵を起こす』ってところが大事なんでしょうけどね。


だから計算するまでもなく、絵を書けば答えが出てしまうという^^;

もちろん、式はありません^^;


いいんですよね?とりあえずそんなんで^^;


そして、あまりに簡単すぎたので、物足りなくてもう一問挑戦したらしいです(笑)


こっちは、ちょっと苦戦しておりました。

(3M×28)

問題を読む限り、さほど複雑でもない割り算なんですけど。

問題を読んで、これが割り算と判断できる所までは、やはりたどり着いていない模様。

(余談になりますが、本を多く読んでいる割に、やはり読解力が未熟と感じます^^;)



しっかりと絵を書き込んで、8ページにも及びました。


そして、考え方は合っていて、いい感じに答えが出かかったのに・・・

最後、問題を忘れてしまって。

問題と言うのは、最終的に何を求めたら良いのか?っていう「その問い」。

その問いがすっかり飛んでしまっていて^^;


ちょっと残念な結果になってしまいました^^;


おバカな私はそこでツイツイ助け舟。


『惜しい!もう一回問題を読んでみてごらん。』


そしたら、


『問題は一回しか読んじゃダメだってお母さんが言ったんじゃん!!』

って、怒られちゃいました^^;


まあ、そうだけど、良いから読んでみて?

と問題を読ませると、

どんな答えを出せば良いか分かったみたいで。

正解にたどり着きました(*^_^*)


ホントは教えたりヒントを与えたりしちゃダメなんですけどね^^;



で、一緒にやってたパパも先に解き終って席を外してたんですけどね。

桃太郎と同じ間違いを(笑)


で、桃太郎が正解にたどり着いてから、こっそりパパの答案を見せたら、


うれしそうに笑ってました(笑)



ちなみに、こちらも絵で解いただけで、式はありません。

こたえは、しっかり書きますけどね。


桃太郎と一緒にどんぐり問題を細々とやってきて、

ようやく、なんとなくどんぐり問題の狙いみたいなものが分かってきて、

あまり怒らず、答えや正解にこだわらず出来るように、

自分が、なってきました^^;(遅いって^^;)

でも、遅いんだけど、何問も解かせているうちに分かってくることもあるんですよね。

文章から、いかにイメージを紡ぎ出すか、

それは、苦手な子にとっては本当に産みの苦しみですが。

それこそが大事なことなんだと思います。






どんぐり倶楽部の問題、

最近は、楽しく取り組める程度にボチボチというペースで少しづつやっています。

1年、2年の問題が全部終わったわけではないけれど、

とりあえず、3年生の問題から選ばせています。




それから、どんぐり問題のルールのひとつに

『消しゴムを使わない』 



って言うのがあるんですけど。

今日の桃太郎はボールペンでノートに書いていました♪(*^_^*)

これなら、消したくても消えないですね!

いい考えです(笑)




以前は、間違ってしまったことが嫌で、

『消しゴムを使うな!』といっても、痕跡が残らないくらい真っ黒に消してしまったりして、

どういう風に考えたのか分からないほどでしたが、


どんぐり問題に関しては、さほどこだわらなくなりました。
関連記事
別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<復活か?スイミング | お金をかけないで幼児教育したい! | おはなし会で読まれた本>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |