お金をかけないで幼児教育したい! 囲碁か将棋か。
囲碁か将棋か。
2014-02-20 Thu 17:04
結論から言うと。

買いました^^;

『おおきな森のどうぶつしょうぎ』

まあ、ぶっちゃけ、まんま将棋ですわ^^;


絵がかわいらしいだけで。


どうして、買うことになったかといいますと・・・

まあ、さくらのはっぱは、 DJQOOさんのコメントに背中を押された感じになっていたんです。


ただ、桃太郎の熱がその時はやはり『ヒカルの碁』の影響で、

囲碁の方にかなり向いていたんですよ。

で、我が家には囲碁の相手を出来る者がひとりもいなくて^^;

本人は本まで借りてきて勉強するんですけど、

なんせ相手がいないので、実践に至らない^^;

でも、せっかく興味をもったんだからと・・・

街のHPをチェックすると囲碁クラブがあるらしい・・・
(そういえば街のイベントで囲碁教室とかやってたよな・・地味に^^;)

で、いつどこでを確認し、実際に足を運んでみることにしました。

行ってみると、10人弱位のおじちゃん(いや、おじいちゃんと言った方が良いか^^;)達が、
タバコをふかしながら対局しているわけです^^;

私はこの時点ですでにうわーっとドン引き^^;

でも、桃太郎はグイグイ食いついて見入っています。

そして、桃太郎は、手つきもおぼつかないおじいちゃんに教えてもらうことになりました^^;

その間に私は情報をチェック。

年会費2000円・1回来るごとに30円。
やってる日は月曜日を除く毎日!!

値段は安いです。教室ではなくクラブですからね(*^_^*)

ただ、平日は13時から16時半までなので、ほとんど行けませんし、
土曜日は習い事が入っています。
日曜日は唯一何もない日なので、家族で出かけたりもしたいし・・・
試合のある日もあるし・・・・

そうすると、それほど行ける日は無いのかなと^^;

しかも、ママはタバコの煙が気になります^^;


なんとなくのルールを教えてもらって、ご満悦の桃太郎。
『明日も行く!』と、大ゴネ^^;

ここはパパが何とか説得。
英検5級が合格していたのをネットで確認していたので、
そのご褒美として『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買ってあげるから、
将棋なら、お父さんも少しは出来るし、おじいちゃんも上手だから、
それで我慢してくれないか?

って、男と男の話し合いになって、
まあ、桃太郎も納得してくれたみたいです^^;


そして、その足で『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買いに本屋さんへ。。。。

ついにお買い上げとなったわけです。


ただ、囲碁熱も冷めたわけじゃなくて。

今は、『ヒカルの囲碁入門』

(↑これ、児童書じゃない所においてあるなと思ったら、
     振り仮名が付いてないんですよぉ(T△T))


と、


児童書コーナーでも一冊借りて熱心に読んでいます。


囲碁クラブに見学に行ったときも、
ママが知らない囲碁用語「アタリ」「生きる」「死ぬ」を桃太郎が連発。
意味わかって使ってんの?!と思ったら、ちゃんと意味分かって使ってました。
びっくりするわ!
ヒカルの碁を読んだだけではルールは覚えられないから(ママがそう^^;)
かなり囲碁の本を読み込んでいると見た。

で、今も勉強中。



借りた本の一冊に、
『囲碁なら盤や石がなくても、
とりあえず、紙に線を引いて、
えんぴつで黒白の丸を描きながら対戦できる』
とあったので、

そのアイデアいただき!で。
囲碁は当面、紙でやればいいやと。

とりあえず、家では将棋(どうぶつしょうぎ)を。

囲碁は「春に街のイベントで『親子囲碁教室』をやりますよ。」
との情報をクラブでもらったので、
それに参加して、親子で基本を覚えて、
それでもやりたくなったら、クラブに入ろうか。

・・・・という話になりました^^;

結局、まだ家では囲碁はやってないんですけどね^^;

しょうぎのほうは・・・

まだ別の記事で書きますね。

当分ブームは続きそうです♪

まさか、こんなにハマルとは予想外でした♪

でも、1人でピコピコDSやってるよりはよっぽど良い!!

ママもご満悦です♪(*^_^*)


これもいいかなぁと思いましたが・・・
あれもこれも一度には買えませんよっ!!^^;
                  (桃太郎 9歳7ヶ月)
関連記事≫★おおきな森のどうぶつしょうぎ★
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おはなし会で読まれた本 | お金をかけないで幼児教育したい! | はるかぜのたいこ【絵本】>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |