お金をかけないで幼児教育したい! 桃太郎の苦手
桃太郎の苦手
2014-01-08 Wed 14:11
今日は桃太郎の弱点的なことを書こうと思う。

まず、鉄棒。

なんせ、いままで一度も逆上がりを見せてくれたことがない^^;


秋にファミリー体力測定みたいなのを受けたときは、

パパもママも、そして、桃太郎も握力が平均をはるかに下回っていることが判明!!^^;


『握力不足』が原因の1つになっていることは間違いない^^;

ついでに言うと、測定はしていないけど、腕力も全く無い^^;
これはパパからの遺伝。

さらについでに言うと、腹筋も無い^^;
これは、ママからの遺伝。


水泳も年長までスイミングを習っていたから、かろうじて普通。
そして、跳び箱マットも、体操教室習っているから、かろうじて普通。

たぶん、何もしてなかったら、きっと目も当てられない^^;


「だから、習ってよかった」って話じゃあ無いですけどね^^;


体を自分のイメージどおりに動かすのがまるでダメ^^;


実は、年末に足を痛めて足を固定されてたんですけど、
「かかとであるいてね」
と、言われて、普通にそれが出来なくて、
「歩けない~。」と、べそをかく。

そんなレベルの話です^^;


次は、図工系の話。

まあ、緻密さがまるで無い^^;
細かいとかとは程遠い。

雑⇒大胆 と、評されることも稀にあるけど。それはホントのまれ^^;

色使いは独特で、玄人ウケする感があるけど・・・

観察力が足りないのか、観察したものを表現する表現力が足りないのか・・・^^;

このあたりのことは、図画工作に限らず、作文やレポートなどにも表れている気がします。

特に、文章となると、しゃべらせれば言えるのに、
書かせるとまるでダメという^^;

「しゃべったまんま、そのまんま書けば良いのにー。」と、母は思うんですけどねぇ^^;

表現力ってって、理科や社会科にも必要な力なんですよね。



書きながら思ったけど、桃太郎はやっぱり表現力の不足のような気がする^^;




さて、算数では、圧倒的に図形が苦手。
文章題も苦手だけれど、図形はもっと理解してない^^;

昨日は、遣り残してあった2年生の図形の問題をさせてみたのだけれど、
全くお手上げ状態だった^^;

それを見たパパがちょっと危機感を感じたみたいでした^^;


『頭の中で図形を動かす』とか、特にダメみたいです^^;
私は、そういう問題は遊びみたいで大好きだったけどなぁ・・・

単純に計算だけしている方が楽しいみたいで・・・

パパじゃないけど、ちょっと、どうかと思います・・・・


で、じゃあ計算はバッチリなのか?と言えば、そうでもなくて・・・

2学期の『二桁×一桁の掛け算を暗算でする』
と、いう単元の計算問題が、
ほぼ全滅だったことが、まさかのノーマクで^^;

答えが全然あってないことに冬休みになって気がつく始末・・・。

こちらもチョットさせてみたけど、全く理解できていない様子・・・


そして、算数の文章題は・・・

そう、どんぐり問題なら、かなり理解して絵を描いて解けるようになってきたんですが・・・


学校の文章題と、どんぐり問題は全く別物と、思い込んでいるらしくて^^;

絵を書けば分かるのに・・・と思うことも多いですし。

それ以前に、計算以外の算数の問題をフィーリングで解こうとする傾向があるように思います。

キチンと、問題文を読んで理解してから、取り掛かる落ち着きが必要かなと。

(いつか、身に付くモノなのかしら?^^;)




そして、私が思う桃太郎の最大の弱点は、

ヘンなプライドの高さ。


間違ったことを認められない。
間違っていると指摘されると逆切れする。


かっこ悪いところを人に見せたくないのなら、
いち早く、覚えなおす、
何を、どこを間違ったのか教えてもらう。

そういう素直さが必要だと思うのですが・・・


外で、やけにお利口さんだったり、いい子だったりするのは、
そういう性格の表れでもあるのかなと。


プライドを捨てて、分からないことを素直に認めることができたら、
もっと、伸びていけるんじゃないかと思うのですが・・・。
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<★今年の目標★ | お金をかけないで幼児教育したい! | 2014年★あけましておめでとうございます♪>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |