お金をかけないで幼児教育したい! ボク、なんにもしてないのに・・・
ボク、なんにもしてないのに・・・
2013-10-23 Wed 09:58
昨日は桃太郎にとっては「さんりんぼう」のような日でした^^;


・図工の水彩セットを前日に用意するのを忘れて、朝も忘れたままでかけ、
集合場所まで行って引き返し、私にブチブチ言われながら用意して持っていった。

・帰りにその水彩バッグの、持ち手&肩紐が両方切れてしまった。

・その後、後ろから来た上級生に蹴られて転んで軽い怪我をした。

・転んだときに、水彩セットの袋に2つも大きな穴が開いた。



とにかく、朝から悪いこと続きの散々な日だったらしく、

凹んで帰ってきました。


私に報告することもたくさんあります^^;


まず、水彩バックの報告、

桃太郎の「ボク何にもしてないのに・・」は決まり文句のようなものです。
そう言わないと、こっぴどく怒られると思っているのでしょう^^;


とにかく、何もしてないのに、急に持ち手が落ち、肩紐も切れたと。

この水彩セットは幼稚園の卒園時に卒園の記念品の1つで頂いたものでした。

まだ2年半しか経っていないのに、どうしてこんな切れ方・取れ方するの?

というような取れ方でしたが、はさみやカッターを使った形跡は無く、

「劣化かな?」としか思えないような取れ方でした。


それにしても、なんでまた、同時に両方^^;


ついでのように、袋には大きな穴が開いています^^;


次に報告するのは、

「ボク、なんにもしてないのに、D君が蹴ってきた、それで、転んだ。」

と言って、ひざこぞうと、手のひらの傷を見せてくれました。

幸い、かすり傷程度でたいしたことは無かったのですが、

「なにもしてないのに、いきなり蹴られた」ことに、

心が傷ついているようでした。


そりゃー、自分に否が無いつもりなのに、いきなり蹴られたら、
誰でも凹むよね^^;


D君は、昔で言うガキ大将みたいなタイプなので、
桃太郎も、強く言い返したり、文句は言えなかったみたい。


私は私で、D君の強い所や、ずる賢いところも知っているので、
何にもしてないのに・・・と言うのも、ありえそうな気がして、
悶々としてました。

でも、相手の言い分を聞かずに、桃太郎だけの味方をするわけにはいきません。

もちろん、帰ってすぐはまず、共感して
「それは、ひどいねぇー。」と言って、慰めますが。


桃太郎が、気付かないうちに、D君の気に障るようなことを言ったり、
やったりした可能性も否定はできませんからね。


今回は、偶然D君のママが、とても気安く付き合える方で、
子どもの学年が違っても仲良くしていただいている方だったので、
思い切ってメールをしてみました。

『(前置き省略)・・・実は、今日の帰りに、「ぼくはなんにもしてないのに、D君に蹴られて転んだ。」って言ってます。膝と手のひらに、ケガして帰って来たよ。かすり傷だからいいけど、本人が言うには「後ろから急に蹴られた」らしくて、ケガより、心の方が傷ついているみたいです^^;(見かけによらず、意外とデリケートだから^^;) 桃太郎が先に、D君の気に障るようなことをなにか言ったり、やったりしなのかなぁ・・・?と、思って。桃太郎の言葉だけを信じるわけにはいかないからメールしました。D君が理由もなしに蹴るわけないと思うし。聞いてみてもらえるかな?よろしくお願いします。』


相手の否を伝えるのは、言葉を選ぶのに苦心します^^;

せっかくの良い関係を壊したくないし、
だからこそ、感情的にならないように気をつけます。
(メールを打ちながらも、このときはまだ桃太郎の話しか聴いてないので、もしホントならと思うと、腹立たしい気持ちも沸いてくるわけで^^;気持ちを抑えながら言葉を選びます。)

そして、相手からのメール

『Dの話によると、草を蹴ってたら、桃太郎君に当ってしまったみたいです・・・。 本人は謝ったと言ってるけど、多分ちゃんと謝ってないか、伝わってないんだと思うので、明日もう一度ちゃんと謝るように言ったので、桃太郎君にもそのように伝えてもらっていいかな? ほんと、ゴメンネ!』

ということでした。


そういうことなら、ありえる話しだし、なんとなく状況がわかって安心しました。




実は、D君とのトラブルはちょこちょこ合ったのですが、
今までは、わざわざメールをするようなことはありませんでした。

今回はかすり傷とはいえ、流血もしてるのと、

やはり、相手のママに「事実」を「知っててもらうことが大事」だなと思ったので、
思い切ってメールをしました。

『親が見ていないことでも、ちゃんと伝わることがある。』
と、言うことを、子どもに分かってもらえるということの、
効果も期待できると思うしね。



結果的にはメールしてよかったです。

「わざとやったわけではない」と、分かっただけでも。

聞かなければ、なんで何もしてないのにウチの子は蹴られるの?と、悶々としてたと思います。

「ウチの子だけ」ならイジメの芽では?と思うだろうし、
「みんなに」やってたら、なんて乱暴な子なの?!と、思い込んでしまいます。



さて、『わざとじゃない』ということを、桃太郎に伝えると、

「そうなんだ。」と、明るい顔になりました。

「許せる?」と聞くと、

「うん♪」と。



我が家のなかでは、解決。

今日、D君が謝ってくれても、くれなくても、

桃太郎が、もう許せてるなら、それで良いよね。と思っています。



最後に、

じつは、桃太郎の

『ボク、なんにもしてないのに・・・』で始まる話を

私は、あんまり信用してません^^;

でも、今回は、ホントだったみたいなので「悪かったなー」と思いました^^;

                            (桃太郎 9歳3ヶ月)
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<抱き枕 | お金をかけないで幼児教育したい! | どんな人に育てたいか。>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |