お金をかけないで幼児教育したい! どんな人に育てたいか。
どんな人に育てたいか。
2013-10-22 Tue 14:15
今日は、運動会の話題から思ったことを書きます。

桃太郎の学校では運動会の走る種目が徒競走が、4年生まで、
リレーが5.6年生という種目になっています。


だいたい赤組白組2名ずつの4名で走ります。
リレーは各チームごとの順位、徒競走は個人の成績もさることながら、
赤白の総合の成績にも影響されてくるので、
両組とも応援にも熱が入ります。


ちなみに、3年生までは背の順ですが、
4年生からは事前に計ったタイムを基に、
走る順番を決めていくそうです。

事前にタイムを計るので、だいたい同じくらいの足の速さの子が同じ組で走るので、
『足が遅い子でも、1位になるチャンスがある』
と、言うことです(*^_^*)

この仕組みは、諦めないで頑張る甲斐があるので、良いと思います♪



ところが。
桃太郎の学校では伝統的に、地区別リレーというのがあって、
1年から6年までの選手が地区の威厳をかけて(?)争うという競技があるのですが・・・
(そして、その競技がジジババたちの間では一番盛り上がる競技なのですが^^;)
これも、事前に各地区の役員さんによって、
実際に子どもを走らせての選手の選出があります。
選手と補欠の男女各1名ずつ。


4年生に、この名誉の地区別リレーに選出されたような足の速い子がいたのですが、
その子が、学年種目の徒競走でダントツ1位だったんですね。

私は、不思議に思わなかったんですが、

ママ友が、不思議に思ってその子のママに聞いたそうなんです。

『T君、前の方だったね。選手なのに。』
(実は徒競走の走る順は足の遅い順なのです。だから、走るのが後になればなるほど、足が速いってこと。
また、地区別リレーに選出される子はたいてい最後の方に走ります。)

『いや、あの子ずるいんだよね・・・。』

聞くと、事前のタイム計測で手を抜いたらしいのです。

別に親が手を抜けと入れ知恵したわけではなく、

自分で考えてそうしたみたいで、ママには事後報告があったらしい。

『そうまでして勝ちたいかなー。』

と、T君のママはため息をついていたそう。

確かに、T君は運動神経も良いし、頭もキレるんです。
リーダーシップもあるので、学級委員の経験も。


その話を聞いて、私は、まず、


『自分でそこまで考えて、実行できる』


そのことが、すごいなーと思いました。


私に教えてくれたママ友も、

『すごいよねぇー!!ああ、ウチの子にもそのくらいの賢さがあったら・・・』

と、嘆いてました^^;

そして、2人で、

『あの子、もう、どこででも生きていけるよね。世の中渡っていけるよねー。』

と、話しました。



私も、桃太郎を、自分で考えて行動できる賢い子に育てたいと思っていますので、
誕生日がたった、数ヶ月しか違わないT君がすごく大人に見えて、うらやましく思いました。


1人になったあとも、どういう育て方をすると、そういう子に育つんだろう?とか、
その悪知恵は「絶対勝ちたい!」という闘争心から来ると思うので、
一人っ子でその闘争心はどうやって育てるんだろう?とか、
育て方じゃなくて、持って生まれた性格だろうか?とか、

色々考えていました。



で、少し立ってから、その話をパパにしたのです。

『・・・・なんだって!すごくない?!』


でも、パパの反応はチョット違いました。

『確かにすごいなー。頭が良くなきゃできんな。T君らしい。』

『でも、桃太郎にはそんなずるい子にはなって欲しくない。(キッパリ)』

『正々堂々、一生懸命やったんならビリでもいいじゃん。』



どうせダメだからって手を抜く、勝ちたいからって手を抜く。

そんな子にはなって欲しくない。



なんか、「すごいね。」ってことに引きずられて、

大変な思い違いをしていたなと思いました。



確かに、賢く育ってほしい。

でも、『何のために?』

それを見失ったらいかんと思う。


私たち大人もなかなか『善』であることは、難しいけれど、

ずるしたり、うそついたりするけど、


桃太郎には『善』でいてもらいたい。

人の役に立つ、人に喜ばれる、そういうことに

賢さを使って欲しい。(賢くなれたなら)




たとえ『要領が悪いね』と言われても、

そういう『善』な子に人に育つように、

意識して声かけしていこうと思ったのでした(*^^*)
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ボク、なんにもしてないのに・・・ | お金をかけないで幼児教育したい! | アウトレットに行ってきました!>>
コメントありがとう
COMMENT,Thank you!
みなみのままさんへ≫
こんにちは♪
コメントありがとうございます♪

なんかね。自分もそうやって、一生懸命やったならいいじゃんって考えだったはずなのに、「すごいねー」ってことに流されてそれもアリかと、ちょっとでも思ってしまった自分がなんていうか、弱いなと言うか^^;
心の奥底で、やっぱり自分の子は賢くあって欲しいとか、
(良い意味で)目立って欲しいとか、何でもできる子であって欲しいと言う願望(欲望?)はあるんですよね^^;密かに^^;

主人の言葉で、いやいやそうじゃないんだったと、我に返った次第です^^;
2013-11-15 Fri 10:16 | URL | さくらのはっぱ #xD20YaGk[ 内容変更]
Hello!
こんにちは。

ご主人のセリフ
『正々堂々、一生懸命やったんならビリでもいいじゃん。』
とってもいいですね!私の主人も同じ状況なら 間違いなく
こういっていたと思います。

私はどちらかというと 「生き馬の目をぬく」社会にずっといたので
T君のような言動をかつては支持していたと思うのですが
子育てをしている間に自分の考えは随分と変わりました。
私も今は ご主人のセリフに近い考えで子育てをしています♪
2013-10-24 Thu 08:47 | URL | みなみのまま #G/VuW49.[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |