お金をかけないで幼児教育したい! 教育費を貯める(4)
教育費を貯める(4)
2013-05-14 Tue 14:34
これまた、別の日の新聞コラムから。


近頃は晩婚化で

「自分の身の丈を超えて、子どもにお金をかける人が多い」

のだそうです。


子どもが小さい時、それなりにお金がある夫婦が増え、

『目の前しか見ずに余計な出費をしがち』なのだそう。


幼児期から習い事などに使いすぎると、

後に資金不足に悩むことになりかねない。

子どもにかこつけたレジャー、外食が多いのも要注意。




本格的にお金がかかるのは高校生以降

教育費としては、学費や塾代などがあるが、

学費以外にも、携帯電話や習い事、その他経費がたくさんあるらしい。



実際、すでに中・高生の母になっている友人・知人に聞くところによると、

最近の高校生の「お付き合い」は案外派手らしく。
※男女交際のことではありません^^;

試合や文化祭などの打ち上げと称しては、

ボーリングやカラオケ。

時には焼肉店で打ち上げをしたりもするらしい。
(誰が言い出すんだよいったい^^;)

※イメージ映像(笑)


田んぼの真ん中にある高校でもこれで、

同じ田舎でも、鉄道沿線にある高校はもっとひどいらしく、


都市部から電車で通学する子も多いので、

電車通学の子は自転車で行く距離の店には行けないため、

徒歩や自転車で通学している子が、都市部まで遠征して

打ち上げをしたりするのだとか。

そうすると、たかだか打ち上げをするごときに、

往復の電車代までかかるのだそうな。

「バイトして自分で払わせたら?」というのだけど、

それは、経験しない者の言う言葉。


進学校ともなれば、

バイトにうつつを抜かされるのは

それはそれで、困るらしい。


「バイトで簡単にお金が手に入ることを知ってしまうと、

勉強しなくなるのでは?」



という恐れも親の側にはあるようだ。


それにしても「おつきあい」のたびに、

手を出されるがままに、渡してしまうのはどうしたものか?とは思う^^;



そんな感じで、想定外の出費は、かなり多いのだろうなぁ。


大学入学後も、留学したいとか、大学院へ行く、とか、言い出せば、

本人は稼がずに、費用だけが予定外にかさんでいく可能性もある。



「最近は、理系に進むなら院卒じゃないとダメだよ。」

という、話も(何がどうダメなのか根拠は不明なものの)耳にしたことがある。


そもそも、文系と理系ではかかる学費がかなり違うらしい。
もし理系を狙うなら、さらに大学院に行く可能性も考えて、
それなりに資金も確保しておかなければならない。ということか。
(実際に狙うのは子どもだが・・・^^;)



他にも想定外の出来事はある。

小さい頃にお金をかけすぎた結果

倒産、リストラ、病気などの事態に対応できなくなったり、

子どもが大学に入った頃に、介護問題がふりかかることも結構多くあるらしい。



終身雇用で年金が保障されていた時代は参考にならない。
老後も長く、想像以上にお金がかかることを考慮して
ライフプランを立てなければならない。




幼少期から15歳までは、

その後の教育資金や老後資金をためる時期

と、心得ましょう。




と、いうことらしい。
★おまけ★

余談だけれど、私は若い頃から年金保険を掛けている。

とても率のいい時代だったので、やめるのがもったいなくて

今は、収入は殆どないのて、主人に払ってもらっている。


主人も同様に年金保険を掛けている。

ただ、同じ頃に掛け始めた年金だけれど、

主人は小さな保険会社だったため、

会社が倒産と同時に率も悪くなっている。
(優良企業かどうかの確認はとても大事)


少しでも若いうちに負担のない金額から掛けておくと、

老後が少し楽になるかも知れないし、

安心感がもてるとおもう。


老後資金として特化してためていけるし、

簡単に引き出しできないので、確実にたまるところが気に入っている。


余裕があるうちに、なくて当然のお金として貯めていくのがいいと思う。

ちなみに、私はボーナス時期に契約して年間払いにしていた。

月払いよりさらに率が良くなるのだ。



若いパパやママさんには老後なんて想像もできないかもしれない。
私も、加入した時はそう思っていた。
でも、気がつけばあっという間に半分が過ぎている^^;
もう半分かけたら老後かと思うと怖いくらいだ(笑)


でも、子どもがすでにいる人は、まず、教育資金の確保から。
余裕があれば老後資金も。

優先順位はあくまでも教育資金(*^^*)

 
関連記事
別窓 | 子どもに関するお金の話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<じゃんけん | お金をかけないで幼児教育したい! | 教育費を貯める(3)>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |