お金をかけないで幼児教育したい! ★子どもの歯並びを良くする10か条★
★子どもの歯並びを良くする10か条★
2013-04-25 Thu 14:45
歯科矯正ってお金が掛かりますよね。

永久歯が生えてくる頃になると、

そういう話が、よく話題に上ります。


どこが安いだとか、腕がいいだとか。


また、先生によって言うことも色々違うみたい。

・子どもの矯正は歯が生えそろってからでいい。
という先生や、
・子どもの矯正は早いほうがいい。
という先生。



私は今の歯医者さんが気に入ってるので、


わざわざ安い所や、腕が良いと言われるところに変わるつもりはありませんが。


真反対の見解なので、どっちが正しいのか知りたい気持ちはありますね。


さて、その信頼するかかりつけ医は、
矯正は生えそろってから派。



実は昨日、桃太郎の口内のメンテナンスに行って来ました。


前にも、つぶやいたと思いますけど、


定期的にメンテナンスで受診するのは、

かなりお得だと、最近の私は思っています(*^_^*)




定期的に通うことで歯は良い状態が保たれますし、

子どもの場合は、

・歯磨き指導
・シリコンコート
・フッ素塗布

まで、やってくれて、これが

子ども医療の助成で無料です!


桃太郎は歯磨きがヘタなので、

3ヶ月タームで受診を勧める葉書が届きます。


あーっと話がだいぶそれました。

歯並びを良くする話でしたね^^;


昨日行った歯医者さんに、

歯並びを良くする10か条

ポスターが貼ってあったのです。


根拠までは書いてませんでしたが、

なんか、繋がらないなー?と思うようなことも書かれていたので、

下記に紹介しますね♪

ママが今日からできる、

子どもの歯並びを良くする10か条

足ぶみができる子にする。
(違・・・)

口笛が吹けるように練習する。



大きな声を出す。
※英語は日本語に比べ大きく口を開くので、
簡単な英語(英単語?)を話させるのが効果的※



●両目ともウインクができるように練習する。



前髪を眉よりもたらさない
 (目にかからない長さ)



ぞうきんがけをさせる



●歯が生えたら前歯でかじれるものを多く食べさせる。
  りんごや硬い肉が効果的。

●わきの下、胸、背中、足の裏などをくすぐってあげる



前歯(まだ生えていなければ歯茎)を
 綿棒でやさしく刺激する。



●食べるときは、噛む力の強くなる座り方をさせる。
 ※お尻にタオルを敷き、少し浅めに腰掛け、
 両足を5~6センチの厚さのマンガ本にのせる姿勢
 で食べると、噛む力が1.5倍に※




歯が生える前からできることもありますね(*^_^*)

永久歯が生える頃に大騒ぎする前に、

試してみてはいかがでしょうか?





★登録無料★500万女性のクチコミ体験談が読める!全国の小児歯科探しなら【ウィメンズパーク】
関連記事
別窓 | こどもの病気と怪我 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<骨折中ですが・・・ | お金をかけないで幼児教育したい! | おすすめの10冊☆2013年度版>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |