お金をかけないで幼児教育したい! 子育てに失敗するってなんだろう?
子育てに失敗するってなんだろう?
2013-02-01 Fri 15:42
最近私は、習い事をしているのですが、

その場での休憩中のおしゃべりタイムで耳にした話。


習い事には、お姉さま方が多くいらっしゃる。
お姉さまと言うのは、母世代から少しお若い位の世代。


それは、一人のお姉さまの、
孫が中学受験をするという話題が発端でした。



【圧倒的な合格実績!】中学受験なら、日能研!資料請求はこちらから>>
その方のお孫さんは、
5つの中学を受験して、その内の一つが当日発表とかで
お姉さまはソワソワしておいででした。

この田舎で、よく五つも受ける学校が有ったものだと感心しましたが、
通うとなればやはり電車やバスを乗り継いでと言うことらしく、

それはそれはでかなり大変そうです^^;

当然塾にも、毎日お弁当持ちで遅くまで通っているそうです。


私が「すごいですねぇ」と、お話に相槌を打っていたところ、



別のお姉さまが、


「勉強だけ出来たってダメなのよ。

生きる力がないと。」



この辺りでの、中学受験とは、
猫も杓子もする当たり前のものではなく、
本当にお金に余裕のある家庭か、
医者の息子などといった目的を持った、
特別な人達のものなので、

周りのお姉さまたちも

「そうよー、生きる力があればいいのよ。」

と、相槌を打っていましたが、

どうやら、最初に発言した方の真意は別のところにあったようです。


私の方を向いて、

「私は子育てに失敗しちゃったの。気をつけてね。」と言う、

寂しそうな口ぶりが、切なかったです。



詳しく話を聴きますと、

その方のお嬢さんは私より、2~4歳ほど年下で30代の後半と思われるのですが、

いわゆる「ニート」らしいのです。


結婚もしておらず、仕事にも行かないでずっと家にいるのだとか。


子どもの頃は、成績も良くて、
田舎の学校とはいえ、中学ではいつも学年で1番か2番だったそうです。

母親であるお姉さまも、
「この子は出来がいいから何も心配は要らない。
自分の道は自分で切り開いて行けるだろう。」

思い込んでいたのだとか。

ただ、小学校時代には「学校の先生になりたい」と言っていたのが、
中学に入ると、急に
「あんなに大変な仕事は無い、先生になるのはやめた。」
と。言ったのだそうです。

その後、高校大学へと進んだのですが、
大学に入るとすぐに「学校をやめたい」と、言い出したのだとか。

お姉さまは、学費を稼ぐために必死にパートでお仕事をしていたので、
「最低の単位だけでも良いから、卒業だけはして」と言うと、

ギリギリの単位で卒業したのだそう。

しかし、周りが就職活動を始めても、我が子は一向に活動する様子が見られず、
「あなた、就職活動しなくて良いの?」と問えば、
「単位がギリギリだから卒業できるかどうか分からないから、
もし卒業できないと、就職先に迷惑がかかるから」と、
最後まで活動しなかったとか。

一応、4年で卒業できたけれど、就職先は決まっておらず、
そんな我が子は「働きたくない」と言い、
「お母さん、私家事手伝いでも良い?」と言う。

家事は、今まで一人でこなして来たし、
家に、主婦は2人も必要ない。

でも、娘は仕事を探すことなく、卒業から半年が過ぎた。

収入は無くても、食費は月に2万円入れるように言い、
今までの、お年玉を貯金したものや、
大学時代のバイト代などから家に入れていたらしい。
家にお金を入れないなら追い出すと宣言していたらしい。

半年ぐらい経つと、貯金がそこを尽きてきて、
やっと仕事を探し、アルバイトに出かけるようになったのだけれど、

見つけてきたのは一日4時間の仕事。
しばらくは続いたのだけれど、

当時お姉さまがパートで一日8時間働いていたらしく、
「年寄りの私が8時間で、若いあなたが4時間なんて変よねえ・・・」
と、ぼやいた事があるらしい。

それを機に派遣会社に登録し、
一日8時間の仕事に変わったらしいのだけれど、

例のリーマンショックの時の派遣切りに遭って以降
また、仕事をしていないらしい。

本人は欲の無い子で、
欲しいものもなく、出かけたいところも無く、
ずっとつつましく家にいるらしい。

今は、家に4万円を入れさせているらしいが、
派遣当時に貯めたお金でやりくりできているらしい。


そして、「育て方を間違えたのよ・・・。」と。


もっと、将来何になりたいの?と聴いてやればよかったと。
何になりたいかの対象が変わってもいいから、
何になりたいか?を、ずっと聴き続けなければいけなかったのではないかと。

「この子は大丈夫」と思って何も聞かなかったのがいけなかったのかと。

あと、本人に全く欲が無いことについても、

「私が、『お金は生活できるだけあればいいよね』
と、言ってきたのが良くなかったのかも。」
と。


ホントに困るくらい欲も、お金に対する執着もないの。

結婚も仕事もしないで、将来どうするつもりなのかしら?

親の私たちが死んだら老後はどうするつもりなのかしら?


本当に、育て方を間違えちゃったわ。

と、悲しそうに言うのです。




確かに、親として、
我が子が仕事も遊びもしないで、家にこもる姿は
ツイ周りの同年代の子とくらべて、
(バリバリ仕事してたり、あるいは家庭を持って子育てしてたり)
ちょっと切ないかなと思うのだけれど。


本人さんは、どう思っているんだろう?と。
それが(その状態が)心地よくて幸せなのかもしれないし。

子育て失敗したなんて言われてると知ったら
悲しむかもしれないとか。


私自身も、親を職には恵まれず、結婚も遅くで、
親をヤキモキさせたので、
(結婚できないと腹を括っていた頃もありました^^;)
耳が痛いような、
でも、我が子がそういう状況になったらどう思うんだろうとか、


ちょっと考えさせられました。

子育ての「成功」って何だろう?
子育ての「失敗」って何だろう?


何がいいのか、何がベストなのか

・・・の答えはまだ自分自身で出せていませんが。
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<02/04のツイートまとめ | お金をかけないで幼児教育したい! | 当ブログへのリンクについて・・・>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |