お金をかけないで幼児教育したい! 算数の文章題につまづく(ーー;)
算数の文章題につまづく(ーー;)
2013-01-22 Tue 12:08
昨日の宿題の文章題にびっくり。

かけ算の問題に、引っ掛け的に足し算の問題が混ざってたんだけど、

見事に罠にひっかっかってた(゜o゜)

単純な1年生レベルの問題なのに、

かけ算をしてる。

なんとも思っていない。

『6本入りの鉛筆の箱と、2本入りの鉛筆の箱がありました。
鉛筆はあわせて何本でしょう。』



6×2=12 答え12本

と、堂々と書いて何の疑いも無いらしい。


「コレとコレ、違ってるよ。
もう一度やり直してごらん。」

と、指摘すると・・・・


もう、指摘されただけで、逆切れ^^;


とにかく、変にプライドが高くて、
自分の間違いを認めることが出来ない。


ついついこっちも声が大きくなってしまう。


賢くなるには、まずは自分の間違いを認めることから。


大きな声で、桃太郎を制圧して、

白い紙を用意。

そして、まずは、絵を描かせる。


どんぐりの問題をやってるから
絵を描くことに抵抗は無い。


文章どおりの絵を書き上げた。

「鉛筆は何本だった?」

自分の描いた絵の鉛筆を数えて

「8本」

「そうだね。あってるよ。」

「じゃあ、式は?」


「にしがはち?」

「4はどっから出てきたの?問題に4なんて数字出てこないよね?」

「だって二六だと12だもん。」

「そりゃそうだ。」

「こたえが8にならんじゃん。」

「絵を良く見てごらん。絵で考えるんだよ。」

「????」

絵を見てもまったくピンと来ない様子^^;

「六二12?二六12?」

と、繰り返し、質問調で答えるので、

「なんで掛け算するの?掛け算の意味分かってる?」

「分かってる!」

それでも、6本入りの鉛筆の箱を二つ描いて、
「『6本入りの箱が二箱あります。鉛筆の数はいくつでしょうか?』
これが、6×2の意味だよ?
じゃあ、桃太郎が書いたこの絵は?」


「6+2?」自信なさげ^^;

「分かってるじゃん!!」

「だって、ココに
(と、宿題のプリントの上の方を指差して)
『いろいろな九九の計算をしてみよう』
って書いてあるじゃん!
だから、掛け算だと思ったんじゃん!」

ヤッパリ怒っております^^;


残念ながら末期的症状が出ております^^;




関連記事
別窓 | 8歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<学級閉鎖宣告^^;01/22のツイートまとめ | お金をかけないで幼児教育したい! | ソロバンの話題01/21のツイートまとめ>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |