お金をかけないで幼児教育したい! おじいちゃんの名前
おじいちゃんの名前
2012-03-22 Thu 08:38
最近、字を書くのがとても上手になりました。

しかも、使い分けもします^^;


家で、宿題をするときは恐ろしく汚い字で、
「3くみ」の「3」などは、
「3」なのか「2」なのか「1」なのか判別不能。
数字は「4」と「9」
「1」と「7」などが判別不能なほどの殴り書き。


自分の名前すらも、まともに書けていない状態だったのですが・・・・


不思議と、帰ってきたテストの答案。朝学習のプリントは
名前はもちろん、答案の内容も一文字一文字
とても丁寧に書かれています。文字のバランスもすごく良くなりました。

顕著なのは「漢字テスト」
担任は字の美しさに拘るので、
親から見れば充分に書けてるでしょ?と思えるような答案でも
赤が入っています。

漢字の形を正しく認識していても、
美しく書けていないと△をもらったり、時には×だったり。


担任の文字の美しさに対するこだわりと厳しさ。

それに、

『丁寧に書けないんだったら「習字」習わすよ!
遊ぶ時間がなくなるけどいいのっ!』

・・・というママの脅しの成果があったのかどうかは、わかりませんが(笑)


とにかく、やれば出来るんじゃん!!
という程度に丁寧に整った字を書けるようになりました。

文字の美しさで言えば、この一年でどれだけ成長したことか!!

入学して初の参観では、クラスで一番解読不能な文字の汚さでしたので、
平均レベルから言えばまだまだでしょうが^^;
それでも、彼なりの成長と、丁寧に書こうという努力は認めてあげないとね。

で、昨夜の夕食前に、桃太郎の字の話題になったのです。

普段、家では、まともに書かないのを、じいじもばあばも見て知っています。

私がじいじとばあばに、
『桃太郎はねー、最近、字がものすごく上手になったんだよー。
ねー。桃太郎。』


桃太郎
『うん、そうだよ。』

ばあば
『え?ホント?』


『ホントだよねー。桃太郎、チョット自分のお名前書いて見せてあげたら?』

桃太郎、小さなメモ用紙に自分の名前をとても丁寧に書きました。

ばあば
『いつの間にこんなに上手になったのー?!』

桃太郎、満面の得意顔。
こういうのを「ドヤ顔」って言うんでしたっけ?(笑)



その後、調子に乗ってコソコソと、パパママじじばばの名前も書いていたようです。


・・・・がっ!

じいじの名前「○○ええじ」と書かれていました^^;

それに気が付いたばあば。
『桃太郎、おじいちゃんのなまえは「ええじ」じゃないよ!』

桃太郎
『えっ?!』

桃太郎のおじいちゃんの名前は「えいじ」です。
でも、近所のじいちゃん仲間から「えーちゃん」と呼ばれているので
「えーじ」「ええじ」と思っていた桃太郎なのでした。

ばあば
『おじいちゃんのなまえは「えいじ」だよ。』

すかさず、じいじ
『英語の「英(えい)」に、数字の「二(に)」で「えいじ」だぞ。英語の「えい」書けるか?』

桃太郎
『英語の「えい」? 

そんなの楽勝ー♪』


で、桃太郎が書き直したのは?










ハイ・・・・。












英語の「A(えい)」でした。

そして

数字の「2」



「○○A2」

・・・と丁寧に書いておりました^^;















関連記事
別窓 | 7歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<面白い♪と評判の絵本 | お金をかけないで幼児教育したい! | 【おおきなきがほしい】03/21のツイートまとめ>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |