お金をかけないで幼児教育したい! ヘルペス性歯肉口内炎
ヘルペス性歯肉口内炎
2012-02-08 Wed 18:21
インフルエンザの熱が下がり、やっと登校した発表会の前日。

帰ってくると、友達と遊び、
友達が帰った後に、急に寒がった。

インフルエンザの後だったので、てっきり、
ぶり返したか、新たな風邪を拾ったのかと思っていた。

熱は急激に上がり、さっきまで涼しい顔で遊んでいたのに、
寒がり出してすぐに測ると、いきなり39.4℃だった。

**********CM********
インフルエンザの予防には

・手洗いうがいの励行。
・人ごみに行かない。
・バランスの良い食事と充分な睡眠
・部屋の暖房と加湿。

がポイントになるようです♪



±0 加湿器Ver.3 ホワイト XQK-Q030(W)±0 加湿器Ver.3 ホワイト XQK-Q030(W)
()
±0 プラスマイナスゼロ

商品詳細を見る


※インフルエンザの予防には湿度50~60%以上にしておく。
**********CM*******


登園許可を出した医師もいぶかしげな顔をしつつも、
『インフルではもう一度熱が上がることもある。』と。
明日も熱が38℃以上あったら検査しますと言われ、
薬も出されないまま返された。

翌日(発表会の日)
夜から続いた熱は結局下がらず、発表会は断念。
予約をした小児科は午後1時頃の番号だった。

受診する頃には熱は37℃台まで落ちていて、
それでも、一応検査をしてもらえることになった。

レントゲンと血液検査を受けた。
どちらの数値も異常なし。

『このまま下がってくると思います』と言われ、
もし、月曜日熱があったら受診するように。と言われた。
この時、口内炎も出来かかっており医師に伝えたのだけれど、
特に薬はいただけず。

その後、熱は上がったり下がったりを繰り返しながら、
微熱と言えるところまでは落ち着いてきた。

だけど、あまりに熱の下がり方がすっきりしない上、
熱がいつまで経っても落ちきらない。

毎朝、朝は平熱なのだけど、昼を過ぎると
寒がったり、ぐったりしたり。

こんなに熱が続くのはおかしいから、
やはり新たな風邪でも拾ったのだろうと思っていた。

そして、桃太郎は、日を追うごとに、口内炎がひどくなり、
唇もひどく荒れてきた。

月曜の朝も平熱だった。代休だったので家で様子を見ているとやはり、
昼過ぎから微熱が出てくる。

私も看病に疲れていて、
受診しても、様子見で終わり、薬が変るとか、新たに出されるとか
と言ったことが無いなら、何度も足を運ぶのは親も子もつらいと思い。

受付に電話して確認すると、
診察してないので断言は出来ないが、
症状が悪化傾向に無い限り様子見と言われて終わる可能性はあると。

この日は雨だったこともあり、子どもを連れ出すのはためらわれ、
翌日も熱があったら受診することにしようと決めた。

翌日は午前の予約は取らず、昼ごろ熱が上がるかどうかを確認してから受診しようと思った。
11時に体温を測ると37.4度。
やはり熱が上がってきた。後半は微熱とはいえ4日も熱が続くのはおかしいと、
受診したところ。

ヘルペス性歯肉口内炎と診断されました。

やっと、納得できる答えにたどり着けました。


で、症状は現在進行形^^;
給食が食べられる状態ではないので、学校を休ませています^^;

           (2012年2月8日 桃太郎7歳6ヶ月)

ディノス オンラインショップ

ヘルペス性歯肉口内炎って何?
   ↓↓↓↓

ヘルペス性歯肉口内炎とは。。。

◎ヘルペスというウイルスの感染で起こる病気。
◎唾液などからうつることがある。
(タオルの共有や、大人が噛み砕いて食事を与える、赤ちゃんの玩具などから感染しやすいらしい。)
◎6ヶ月から3歳までの乳幼児によくみられる。

◎高熱が続き、唇や頬の内側に口内炎ができる。
 痛みもあり、歯茎が赤く腫れ、出血することもある。

◎口の中が痛いため食欲が落ち、ひどいと水分も飲めず脱水になることがあります。
◎刺激が少なく飲み込みやすいもの、プリン・ゼリー・スープなどが良い。
◎水分も少しづつこまめにとるようにする。

◎熱が無ければ、登園登校はできる。
◎元気があれば入浴も可能

◎一度治ってもウイルスは細胞に潜み体力や抵抗力が落ちたときに
 口唇ヘルペスとして再発することがあります。


※口の中の痛みが強く水分が摂れない。
※高熱が3日以上続く
※元気が無くぐったりしている。
↑時は注意が必要。

昔、私の住む地方では「熱の吹き出し」と言っていたものが、
医学用語で言うところの「口唇ヘルペス」だったのだなと思い当たる。

本来は3歳くらいまでの子がかかる病気に、
今回7歳の桃太郎がかかったのは、健康ならかからなかったはずの病気を、
たまたまインフルエンザで体力と抵抗力(免疫力?)が落ちているところに拾ってしまったためと思われる。

抵抗力のある大人などは感染しても発症せずに終わることが多いらしい。


また、これは知人に聞いた話で、専門家に聞いた話ではないので、
どこまで信憑性があるかわからないが、
知人の友人が、目が見えにくくなり、
視力が落ちたと思って眼鏡屋さんにメガネを作りに言ったのだそう。

眼鏡屋さんで検査すると、すぐに眼科を受診してくださいと言われたそう。
眼科を受診すると、目にヘルペスのウイルスが入っていて、
そのままだと失明するところだったのだそうだ。

ウイルスが目に入っても、痛みやかゆみなどの自覚症状があるわけでもなく、
ただ、見えにくくなっていくのだそう。
「気をつけてね」と教えてもらった。

最新版 0~6才赤ちゃん・子ども病気百科 (主婦の友新実用BOOKS)最新版 0~6才赤ちゃん・子ども病気百科 (主婦の友新実用BOOKS)
(2008/01)
不明

商品詳細を見る


子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻
(2009/05/21)
吉崎 達郎、明橋 大二 他

商品詳細を見る
関連記事
別窓 | こどもの病気と怪我 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<【アンパンマンの絵本】02/09のツイートまとめ | お金をかけないで幼児教育したい! | 【今日も学校休んでます^^;】02/07のツイートまとめ>>
コメントありがとう
top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバックありがとう
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |