お金をかけないで幼児教育したい! ママの苦手分野【食育】の話題
作り置きレシピとズボラ飯。
2016-04-20 Wed 12:02
随分前からリンク集の記事中にはコッソリ紹介とリンクを入れていたのですが・・・・。

ココ1年半ほど、大変お世話になっているサイトがあります。

それは、スガさんというブロガーさんが書かれている、

『週末の作り置きレシピ』
http://mayukitchen.com/

というブログです。


主人はもうすぐ(GW前には)帰ってくるのですが、1年半の単身赴任中で、レオパレス暮らしでした。

お菓子作り・パン作りにハマった主人でしたので、

実は自炊する気満々で道具も買いそろえて行ったのですが・・・・^^;

目論見は完全に外れましてですね。

まず、仕事が忙しくて、料理が出来るような時間に帰ってくることが出来ない。

レオパレスは電気式の調理器があるのですが、HIではなくてラジエントヒーターなので、調理に時間がかかる。

しかも二口しかなく、また食材を切ったりするような調理の場所もない。

電子レンジは高性能ではなく、チンする機能のみ。

買いそろえたわけではなく、付属のものですので文句は言えません。

それでも、炊飯器は持って行ってご飯だけは自分で炊いていました。

本当に時間のない時のために、

カップ麺や、レトルトカレー、冷凍のドリア、パスタなどは常備していましたが、

本人が希望していた、野菜炒めを作る!

などは、時間的にも物理的にも出来る状態ではありませんでした。

いかにも!の、コンビニ弁当や外食は嫌がるので、

帰ってきた時に、持たせるために色々な料理を作りました。

最初は、ブロッコリーや青菜を味付けして冷凍したり。

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、ヒジキ煮、ポテトサラダなどを冷凍して持たせました。

また、日持ちのするマリネサラダ、紅茶豚、煮豚、煮鶏なども作って持たせました。

そのうちにネタ切れになってきて、しかも、賞味期限の目安も良く分からないので、

ネットで、「作り置き」「常備菜」などで検索してたどり着いたのがスガさんのサイトでした♪

卵を入れたブロッコリーのサラダなど作り方を工夫すれば冷蔵で案外日持ちすることも知りました。

色々勉強させて頂いて、主人が帰ってきてからも使えそうです♪

そんなスガさんのサイトが今回書籍化されたとのこと!

イチイチネットで検索したり、レシピを書き写したりは面倒だったので、

これは買いかな?!と思っているところです♪(*^^*)



「ラクする作り置き」セブン&アイ出版


私はここまで徹底的な作り置きはしませんが、
普段の生活でも、時間のある時に1品作っておくだけで、助かったりしますし。

スガさんのレシピがどれも美味しくて、
自分好みの味付けであるというのも買いの理由になるかなと思います。

作り置きなので、若干濃い目の味付けなので、
薄味好みの人には向かないかもしれませんが(*^^*)

また、8人分とか大量のレシピもブログには載せていらっしゃるので、
料理の苦手な農家の娘としては、本当に助かります(笑)

人参の採れるころは、ニンジンのラぺばかり、
なばなが採れるころはお浸しばかり作ってました(笑)

同じレシピの色々なバリエーションを紹介してくださっているところも
飽きなくて良いと思います(*^^*)

使えるサイトなので書籍とともに紹介させていただきました♪(*^^*)
  
※この辺りのサイズが単身用には使いやすかった。
※家で使うのはもう少し大きい方が便利かも。



そして、ワタシ流のズボラ飯。↓↓↓
作り置きレシピとズボラ飯。の続きを読む
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
簡単な料理。大根サラダ。
2016-01-15 Fri 13:58
なんども書いてますけどね。

家事全般が苦手な私です。

お料理も例外ではありません。

台所に立つことが楽しいと思ったことはタダの一度もありません^^;


そんな私が最近、めちゃめちゃヘビーにリピートしている簡単なサラダを紹介します(*^^*)


大根サラダなのですが・・・・

1、大根を千切りにする。

2.しばらく水にさらす。

3、ザルにあげる。(良く水を切る。)

4、お皿に盛る。

5、鰹節をかける。(適量)

6、しょうゆをかける。(適量)

7、マヨネーズをかける。(適量)

8、刻みのりを盛る。(適量)


以上。

出来上がったらすぐに食べる。


これが、めっちゃ簡単で、測ったり、火を入れる必要もなくて、

面倒なのは千切りだけ。

私は道具が使いこなせないので、包丁でするんですけどね^^;

それが唯一面倒ですが、

考えなくても美味しく出来上がるのがうれしい♪

大根は葉っぱに近い方を使うのがおすすめです♪
(プロの主婦なら皆、当たり前に知ってることかな?^^;)

(イメージ画像^^;)

山盛り作ってもあっという間になくなってしまいます。

食べるのは主に桃太郎。

なんと、あんなに大根が嫌いだったのに、このサラダだけは美味しいと言って食べるんです♪


ご存じクックパッドで見つけたレシピですが、大当たりですよ♪


鰹節と刻みのりでミネラルも取れるし、おススメです(*^^*)


千切りだけしておけば、そのあとの工程は桃太郎にもできちゃいます♪

大好物なので、そこは進んでお手伝いもしてくれます(笑)



さて、最近ピーラーが壊れてしまって結婚して初めて新調致しました。

道具って大事ですね。

料理が好きではないので、逆に奮発してちょっと高いのを買ったんですよ。



 匠創 ピーラー DH-1106

今まで使ってたのが安物だったから?

今度のピーラーめっちゃ切れます!しかも、薄い!

道具って大事ですねぇ。

って言うのを実感しました^^;

作業がスムーズに運べばストレスも少ないですもの!

もう一つ、購入したものがあります。

それは醤油さし。

我が家には醤油を飲む人がいるんでね。
減塩のために。



醤油をスプレーしてかけられるのと、少ししか出ない口と二つある醤油さしで、
ホームセンターで見つけて、これいいじゃ~ん♪と衝動買いしたのですが。

スプレーだと醤油が飛びすぎる。
皿が小さいと周りが汚れます^^;
向きが悪いと、ちいさい少量ずつでる口からも出てきてしまう。

こちらはチョット残念な買い物でした^^;

でもスプレー式って言うのは醤油の出し過ぎには良いなと思うので、
スプレー式単体で買えば良かったなと。

お正月に焼き餅をするのに、スプレーでまんべんなくかけてトースターに入れたら、
醤油がこんがり焼けて美味しく頂けました♪

高山のみたらし団子のような味になってとってもGOOD♪

スプレー式って言うのは良いものを選べば、なかなか良いと思います。
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
受験を乗り越えるために
2014-04-02 Wed 10:01
『受験を乗り越えるために―親の役割―』

なぁ-んていう表題のリーフレットを頂きました^^;


桃太郎に中学受験でもしろと?

いえいえ、今年受験生(中3)になる甥っ子の母親である兄嫁に、姑が渡せなかったものらしい^^;

それで、なぜにワタシに?!^^;
(沸々と色々な思いが沸き上がる^^;)

と、思ったものの、まあ、ブログのネタにもなるしと思い直して素直に頂いてまいりました。


5項目あったのですが、まあ、私が納得できたのは3項目。


ここでは、なかでも食生活に関する項目を紹介します。

●母親は子どもの食生活に心配りを

特に朝食と夕食をしっかり取らせ、栄養のバランスを取ることです。

★頭の回転を良くするタンパク質
・魚介類・豚肉・牛肉・納豆・豆腐・牛乳・昆布など

★脳のエネルギー源となる糖質
・米・麦・そば・うどん・パン・黒砂糖・蜂蜜など

★脳に活力を与える良質な脂肪
・ごま・くるみ・大豆・牛肉・豚肉・羊の肉・いわしなど

★思考力を高めるビタミンB類
・大豆・納豆・ごま・ほうれん草・豚肉・いわし・鰻など

★頭脳を明晰にするビタミンC類
・いちご・レモン・オレンジ・パセリ・ピーマンなど

★ストレスを解消し記憶力を増すビタミンE
・大豆・ごま・玄米・グリーンピースなど

★集中力を高めるカルシウム
・小魚・野菜類・海藻類・いわし・どじょう・牛乳など




まあ、料理が苦手なワタシはそこまで考えながら献立を考えたら
毎日がアップアップなので、
「へぇ~」という参考程度ですが^^;

皆様にも、特に受験生のお母さま方の参考になれば・・・(*^ー^*)







別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
子どもがつくるほんものごはん
2012-10-23 Tue 08:51
子どもがつくるほんものごはん―生きる力がつく「食育」レシピ子どもがつくるほんものごはん―生きる力がつく「食育」レシピ
(2007/03)
坂本 廣子

商品詳細を見る


少し前に、なぜだか買わされてしまった、1冊です^^;

『作りたいから、料理の本買ってー!』とおねだりされて、

お料理本のコーナーで
(今は、子供用の料理の本もたくさん出ているのですね!びっくりー!)
たくさんある中から桃太郎が中を見て、選んだ一冊です。


・・・・何か作ってくれたら、その話題を紹介しようと思ったのですが、


いまだに作ってくれる気配はありません(笑)


台所の隅に寂しく鎮座しています^^;



一昨日は、自治体のお父さんたちが作るボランティアグループが主催の、
父子料理教室に行ってきました。

「パパと子の」ってところが気に入って、
ママが勝手に申し込み(笑)

定員14組だったのですが、顔見知りのお友達も多く、
同じグループで作った親子も、
同じ通学班の優しい6年生のお兄ちゃんだったそうで。
良かったみたいです。

パパも普段は料理はしないものの、楽しんだみたいでした。

パパ限定だと、男の人も参加しやすいみたいです♪(*^_^*)

メニューは、チヂミ、豆乳味噌スープ、さつま芋サラダ、ブッセ。

地元産の野菜や材料を使っての料理教室だったそうです。


ママにはブッセのお土産がありました(*^_^*)



・・・・・・
実は、パパは普段はほとんど料理をしない人なのですが・・・・

案外とお菓子は作ります(笑)

きっかけはホームベーカリーが当たったことだったんですが、

パン作りから始まって、

メロンパン、なめらかプリン、チーズケーキ、シフォンケーキ
マカロンに挑戦したこともありましたっけ^^;

で、「卵白をあわ立てる」と「さっくりまぜる」は得意技?^^;

ママはご飯を作ってきて欲しかったのに、

桃太郎とパパの担当は、ブッセと豆乳味噌スープだったらしく・・・

お菓子作りで鍛えた腕をいかんなく発揮してきたようです(笑)

「卵白に砂糖を入れると泡立ちにくいっていうの勘違いしててさー。砂糖を先に入れちゃったよー。」
「ハンドミキサーじゃなくてさ、手で混ぜるんだよ。気が遠くなった。なんでハンドミキサーじゃないんだよー。」
「でも、卵白の泡立ては完璧だったな。ボールひっくり返しても落ちなさそうだったし。」
「さっくりまぜるも、俺、上手いわ。完璧。」

すべてパパ談。

どうやら、ミョーな自信を付けて帰って来たみたいです^^;

そして、桃太郎もパパも
『ブッセ』というお菓子がどんなものか、想像できなかったらしく、
出来上がりをイメージできないまま作っていたようです(笑)

お土産を食しましたが、なかなか上手に焼きあがってました。
ママより上手いと思う^^;

しかし、メニューが全体的に桃太郎のお好みではなかったらしくて、
あまり食は進まなかったらしい(笑)

ついでに書くと、6年生のお兄ちゃんは卵アレルギーだったらしく、
メニューのほとんどに卵が使われていて、
食べ終わった後に、耳の中がかゆいー!と言っていたそうです^^;


さて、最初に紹介した本のメニューも作ってみないとね^^
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お料理の写真UP【いわしの蒲焼&おからドーナッツ】
2011-09-08 Thu 16:38
●いわしの蒲焼●

お料理教室の日の夕方。
お土産に頂いた、いわしを、
「おさらい」と称し、もう一度桃太郎に開いていただきました。
P1080216.jpg
『おかあさん、お魚ってね。血が入ってるんだよ!すごいでしょう?』
いかにも、大発見!!のように教えてくれました^^
『まずー。いわしの、あたまをー。包丁でザクッてするんだよ。』

次は手開き
包丁を使わずに手で開いていきます。
ママも初めての体験(滝汗)
桃太郎の説明によると・・・
『あたまを、とったところからー、指でー、お尻の穴まで・・・・』
指を使って開いていきます。
『できたら、キッチンペーパーでー、なかのぐちゃぐちゃ(内臓)をとる。』
『つぎに、しっぽのほうまでひらいて・・・・』
『しっぽのところの、このホネを、ボキッとやる。』
『あれ?ボキッていわないなぁー。あ。いった。』
『それでー、まんなかのホネをこうやって、たててー。』
『ボキッてしたほうからー、ホネのしたをー、ゆびでおさえながらー、』
『ぐっぐとすすんでー、ホネをとる。』


9匹のうち1匹はママが桃太郎に教えてもらって開きました。

教室では1人一匹づつ開いただけだったようですが、
桃太郎には残りの8匹ぜーんぶ1人で開いてもらいました(笑)
※実はママ青魚苦手^^;特にいわしは臭いから嫌い。
あ、この日頂いたいわしは、ドコから仕入れたのか、
とっても新鮮なものでした!!
P1080217.jpg
開いたいわしは、蒲焼に変身しました。
桃太郎が粉を振って、フライパンで焼いて、みりんとしょうゆで味をつけてくれました。
いわしを開く手順以外はとても簡単なレシピで、しかもとっても美味しかったです♪
家族全員大満足。

で、右側のホネ。
教室では先生が油で揚げて骨センベイにしてくれたとのこと。
家でもリクエストがあったので、
素揚げして、塩を振って。美味しく頂きました。
おつまみにピッタリのお味♪^^

この日は、習ってきたお味噌汁も作るというので、
冬瓜のお味噌汁を習ったのですが、家に無かったので、
大根と厚揚げのお味噌汁を作ってもらいました。

なんと!出汁はママが使う粉末ではなく、
※ちなみにママは理研の無添加かつおだしを愛用。
こんぶと、かつおぶしを使って。
(家に有って良かったよ^^;)

そして、出汁をとったこんぶとかつおぶしを使って、
エコふりかけも作りました。
素晴らしい!!しかも美味しい!!

教室ではお米の研ぎ方も習ったらしく、
最近はお米を研ぐのを良く手伝ってくれます^^

きゅうりの酢の物以外はすべて再現してくれて、

『きょうぼく、いわしも、みそしるも、ふりかけも2かいめ~。』
と、言いながら食べていました。

普段は絶対褒めないおじいちゃんも好みの味付けだったらしくて、
美味しいと褒めていました♪^^

この自信が次へのやる気につながると嬉しいな。

この日は、夜ご飯を1人でまるまる作ったようなものだったので、
お手伝いポイントもたくさん付与しました(笑)


さて別の日。

●おからドーナッツ●

豆腐作り教室の、その後日。

おからとホットケーキミックスでドーナッツを作りました♪^^
教室ではおからと一緒にマドレーヌのレシピを頂いたのですが、
マドレーヌの型をもっていないし、材料も一から。
クックパッドでホットケーキミックスを使ったレシピを検索したら簡単なドーナッツのレシピが出てきました^^

おからと、たまごと、ホットケーキミックスを手でコネコネ。
P1080224.jpg
丸めたり、細長くしたりして、形をつくります。
『手にくっついてむつかしーい。』P1080226.jpg
揚げるのはママの仕事。
P1080227.jpg

こんがりふんわり、美味しいドーナッツが簡単に出来ました^^
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
冷やし中華を作りました。
2011-07-27 Wed 10:50
≪お詫び≫

学校が夏休みに入りました。
思った以上に自分の時間が取れません。

腰をすえてパソコンの前に座るのは難しいです。

8月いっぱいは自動でUPされる『ツイートのまとめ』
の記事以外の更新はかなり難しいかもしれません。

コメントへのお返事や訪問も滞りがちになりますことを、
ご了承くださいね。

9月には今までのペースに戻せたらと思います・・・


本日の記事
↓↓↓↓
先日、冷やし中華を作る手伝いをしてくれました。
ほとんどの作業を桃太郎がしてくれたので、
ママが手伝ったといった方が正解かも^^;

ママがきゅうりの斜め切りと、トマトを切りました。
あとは、ゆで卵の茹で時間を指示したのと、
麺の茹で時間の指示、
麺を水で冷やす作業をママがしました。

あとは、すべて桃太郎がやってくれました!!


きゅうりを切ります♪
P1080062.jpg

キャンプから帰ってから危なっかしさがなくなりました。
P1080064.jpg
キャンプで色々経験してきて、自信がついたようです!

今日はハムが少なかった^^;
P1080066.jpg

卵も自分で茹でて、自分で殻をむいて・・・・
自分で切っています^^
P1080069.jpg

冷やし中華を作りました。の続きを読む
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【給食参観&試食会】06/17のツイートまとめ
2011-06-18 Sat 06:11
senchanpe

トレンド見て知ったんだけど、「ブタがいた教室」テレビ放映してるんだね。ずっと見たかったんだけど、今からだと途中からになっちゃうから、またの機会にします。どうせなら最初から見たい。
06-17 21:24

給食、美味しかったよ~♪おかわりしちゃった(笑)そして、帰ってきて昼寝した。最近やたらと眠いんです^^;
06-17 18:43

おはようございます!今日は6年生が修学旅行で、給食試食会に行ってきます♪ガッツリ食べてこよう(笑)
06-17 08:14



【6月20日追記】
この日は、6年生が修学旅行で、給食試食会がありました。
6年生の分の給食を1年生の保護者が食べられるんです♪
なんと美味しい企画♪

まずは、給食参観から。
子ども達が給食の準備をして『いただきます』をするまでを参観します。

私達のころは6年生のお兄ちゃんたちがお手伝いしてくれていましたが、
今は、そういうのはなくて、
担任と補助の先生の二人と、お当番さんで配膳します。

お当番さんが小さな体で、ご飯をよそう姿、
とても立派に見えました。

給食当番以外の子どもが全員マスクを着用して配膳するのも、
新型インフルエンザが流行ったりした後の、
最近ならではの光景なのでしょうか?
不思議な光景でした。

この日の給食は
ご飯、かき玉汁、生揚げの味噌かけ、ほうれん草のごまあえ、牛乳のメニューでした。

全員でのいただきますを見届けて、

父兄は6年生の教室へ。

お当番さんの役をさせていだたきました。
(家事は苦手なのに^^;)

ご飯をよそったりは分量が難しいので、
1個づつさらに盛っていけばよい、生揚げの味噌かけを担当(笑)

配膳が終わったら、子ども達と同じように
いただきますをして、食事を始めました。

実は、試食会に向かう前はメニューを見て、
ちょっとがっかりだったんです。

給食と言えば、コッペパンとか、ソフト麺とか。
給食ならではのメニューを期待してたんですね(笑)
デザートとかも^^;

でも、やっぱり給食は美味しかったです♪^^
牛乳だけは私は冷えたのが好きなので、
「ぬる~い^^;」って感じでしたが、
おかずはどれも美味しくて。
特にかき玉汁は具沢山で懐かしい味がしました^^
もちろん、生揚げの味噌かけ以外はおかわりしました♪^^

食べ終わると、また、全員で子どもと同じように
「ごちそうさまでした」の挨拶をして、
片付けをしました。


そのあとは、また場所を変えて、栄養の先生のお話を聞きます。

たくさんの父兄が試食会に参加していましたが、
この段階で、ググッと人数が減っていました。
たぶん3分の1くらいの人数になってたんじゃないかな??(笑)
皆さん面倒はお話は聞かずに食い逃げです(笑)

隣の自治体などは試食会に行くのに給食費を別途支払うらしいですが、
我が街は、無料でした。感謝感謝です♪
そう思うと、食い逃げはいかがなものかとおもいます(笑)


【栄養の先生のお話メモ】

★自治体内の学校の給食をすべて一箇所で作る、センター方式
 フルドライシステムを採用。
 自動フライヤー・スチームコンベクションオーブン・真空冷却気

★日本型食生活が基本
・魚・大豆・ごぼう・海藻などを使用
・地産地消(自治体内で取れた食材を積極的に利用)

★平成22年度より給食費が半額になり、あとの半分は自治体が負担。
   食材料費小学校一食115円。
 実際は、光熱費人件費などを考え合わせると一食あたり400~500円程度かかっている。

★主食
 週2回パン食→米粉パンが出ることもある。
 週3回米飯食→白ごはんのほか、
 麦ごはん、わかめごはん、枝豆ごはん、サツマイモごはん、
 発芽玄米ごはん、黒米入りごはん、
 アルファ化米使用の炊き込みご飯
 
★牛乳→給食の無い日も1日一本は飲みましょう。

★副食
汁物の出汁は、煮干・かつお節・昆布でとっています。
薄味で美味しく食べられるように工夫しています。
行事食、郷土料理、季節感のある料理を作り、
また、地産地消にも努めています。
        
★栄養
 1日に必要な栄養の3分の1を基準にしています。
 家庭でとりにくいカルシウムやビタミンは
 必要量の2分の1を給食で摂る様に努めています。

ごはん食の日が多く(私の頃は週2日でした)
出汁は化学調味料を使わない。
栄養もしっかり考えられていて、しかも給食費は半額。
我が街はとても恵まれていると思いました。
感謝感謝です♪


★朝ごはんを食べましょう。
 ・朝ごはんを食べてくる率。
  県内90%→自治体内99%(優秀な方だそうです)

朝ごはんを美味しく食べるには
  ・夕食の後におやつを食べない。
  ・早く寝る
  ・早く起きる

★のぞましい朝ごはん
  ・栄養のバランス。
我が家は「納豆ごはん」とか「たまかけごはん」とか、
ひどい時は「ふりかけごはん」なんてこともあるので、反省です^^;

毎朝ごはんを食べている率は99%と高くても。
たんぱく質源・ビタミンミネラル源までとなると
60%近くまで落ち込むそうです。
(ちなみに県内は20~30%台まで落ち込みます。)
ここら辺は朝弱い私には耳の痛い話でした^^;


★6つの『こ食』の問題。
 孤食→1人で食べる
 小食→食べる量が少ない
 個食→みんなでそろって食べているのに
     個々にそれぞれ違った別のものを食べる
 濃食→味が濃いものを食べる
 固食→気に入った決まった物しか食べない
    (同じ物ばかりを食べ続ける)
 粉食→小麦製品が多い

最後にアンケートがあったので書いてきたのですが・・・・やらかしました^^;
・子どもの好きな給食の献立。
聞いたことがなかったので、「ハヤシライス」「カレーライス」と書いたのですが・・・・
家に帰って、桃太郎に
『給食で一番好きなメニューは?』ときいてみたら、
『ビビンバ』
『あれ?ハヤシライスは?』
『出ないよ。』

え?!ウソ!!

栄養の先生・・・私、ウソツキでごめんなさいっっっ!!m(__)m

そして・・・ご意見ご要望欄には
『私は料理が下手なので、和食(煮物など)中心の献立にして欲しい』
『ラーメン・ハンバーガーなど外食で食べそうなメニューはやめて欲しい』

あー。なんと横暴な意見でしょう^^;
本当にごめんなさい^^;

でも、料理が嫌いなママは給食に期待しているんです!!

参考≫≫≫
同じ日に、テレビ放映されたようです。
ご覧になられた方もいらっしゃるかな?
ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡、原田美枝子 他

商品詳細を見る

私はツイッターを読んでて気がついたんですが、
頭から見たかったので、やめました。
また機会があればDVDを借りるなりして、子どもと一緒に見たいと思います。

豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日
(2003/06)
黒田 恭史

商品詳細を見る


変な給食変な給食
(2009/12/05)
幕内 秀夫

商品詳細を見る


玄米せんせいの弁当箱 8 (ビッグコミックス)玄米せんせいの弁当箱 8 (ビッグコミックス)
(2011/02/26)
魚戸 おさむ、北原 雅紀 他

商品詳細を見る




関連記事≫≫≫≫
豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日
http://sakuranohappa.blog79.fc2.com/blog-entry-451.html
いのちをいただく【絵本】
http://sakuranohappa.blog79.fc2.com/blog-entry-742.html
「変な給食」そして・・・「玄米せんせいのお弁当箱」に学ぶ
http://sakuranohappa.blog79.fc2.com/blog-entry-598.html
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
★子ども向け「お料理教室」のチラシ★
2011-03-08 Tue 14:34
今日ね、新聞折込チラシをチェックしてたんですよ。

そしたら、子ども向けの料理教室が二つ目に入ったのです。

子ども向けのお料理教室と言えば、
『子供食育料理教室Garden Kitchen 親子de楽しむ!おやこごはん』とっすぃぃぃさんですが、
本当にステキな先生で、
とっすぃぃぃさんみたいな先生に教えてもらえたら嬉しいのですが、
残念ながら、とても通える場所にはありません。

とっすぃぃぃさんのHP≫≫≫『garden kitchen

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日のチラシに入っていた教室は、
一つは近くの(と言っても、車で15分くらい。)
文化センターで行われる、単発講座

親子でクッキング
親子で、うさぎのふわふわケーキを作るそうです。
対象は小学生以上の子どもと保護者。

10時半から12時半までの2時間。

費用は教材費込みで1組2940円

ただ、出来上がりの写真がイマイチおいしそうじゃないのが引っかかるんだけど^^;
中は見た目とはちがうものかもしれないしね。


もう一つは、
ホームメイド協会のチラシでした。

たまに、チラシが入っていたのですが、
毎回、大人向けの講座しかないと思い込んで見てました^^;

今日は、ふと気付くと『ホームメイドキッズ』の文字が目に入ってきました。
チラシの中のホンの片隅に。一色刷りで^^;

沢山の教室の場所が書かれていて、どれも電車で通う場所ばかり・・・・
と、思っていたら、一箇所昔の職場の近くの教室がありました♪

車で25分ほどでしょうか。
それでも少し遠いですけどね^^;

詳しい内容はホームメイド協会HPに紹介されていたので、そちらを見ていただけると
詳しくわかると思います。
ホームメイドキッズ

受講対象  4歳~小学6年生までの男女
※保護者の方はご受講できません。

定 員 1クラス5名~

授 業 月1回約90分
※メニュー内容により延長される場合があります。
受講料 お申し込みは3回分ずつとなります。

1回2,650円×3回 合計7,950円
※開始月から6ヶ月間有効

レッスンキット 1式3,500円
(オリジナルエプロン・レッスンバッグ・コック帽・レシピファイルなど)
※初期教材として初回にご購入いただきます



レッスンキットは必要なのか?という疑問はありますが・・・・
授業料は、材料がかかることを考えると、妥当なお値段かなと。

桃太郎はお料理好き、お手伝い好きなので、
ちょっと心惹かれているママです。

本当は一緒に習えるお友達がいると一番いいんだけどなぁ~。
★子ども向け「お料理教室」のチラシ★の続きを読む
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
いのちをいただく【絵本】
2011-01-21 Fri 13:53
本屋で、ふと目に止まった絵本。
立ち読みしました。


いのちをいただく
いのちをいただく
(2009/05/11)
内田 美智子

商品詳細を見る


子どもにもわかりやすい内容です。
ですが、
「いのちが何か。」とか。
桃太郎にはまだわかってないと思うんです。全然。

もう少しだけ、もう少しだけ、
飼っていたカブトムシが死んで悲しいとか、
そういう感情が湧いてきたら、読んで聞かせたいなと思う絵本でした。

そして、この本が感じられるようになったら、
次は、あの映画を一緒に見たいと思います。

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡、原田美枝子 他

商品詳細を見る


関連記事≫
豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ペットボトル症候群って?!
2010-09-15 Wed 20:55
今年の夏は本当に暑かったですね~。

我が家は、歴史的な猛暑にもかかわらず、2F子ども部屋にエアコン無しで乗り切りました^^;
(我慢大会かって^^;)

水分補給には気をつけていましたが、

暑さも一段落、日差しは強いものの、さわやかな風が吹きはじめた昨日。

「ペットボトル症候群」なる言葉を初めて知りました。
ペットボトル症候群って?!の続きを読む
別窓 | ママの苦手分野【食育】の話題 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! | NEXT