お金をかけないで幼児教育したい! 赤ちゃんにすすめる絵本
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「はじめての絵本」の選び方のコツ♪
2015-03-29 Sun 21:28
赤ちゃんに、はじめての絵本を選ぶ時のコツは

背景が白抜きになったものを選ぶのが良い。

絵に色々な情報が入っているより「見せたいもの」だけを見せる絵本。
たとえば、

 ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))


がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

赤ちゃんは、色々な情報を一度に処理できないので、
一点集中で背景の無い
ハッキリとした白抜きの絵本がおススメです♪

●身近なものを題材にしたもの

 じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
(この本は、赤ちゃん肩幅にの合わせたサイズで、
まついのりこさんが、自分のお子さんのために作られた絵本だそうです♪)

学ぶことは、真似ること。
読み聞かせをしてもらいながら、赤ちゃんは、言葉を貯め、獲得しているのです。



●オノマトペ(擬音)を使ったもの


もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)



初めの一冊にはそんなのがおすすめ。

とくに赤ちゃんは、絵本をかじったり、投げたりと、おもちゃにしてしまいがちなので、
ページが厚い紙で作られた、丈夫な絵本がおススメです♪


スポンサーサイト
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ぴょーん 【絵本】
2009-07-29 Wed 08:57
はじめてのぼうけん〈1〉ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))はじめてのぼうけん〈1〉ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
(2000/06)
まつおか たつひで

商品詳細を見る


かえるさんがいます。
今にも絵本から飛び出しそうです。
ページをめくると・・・・・・・

いきおいよく「ぴょーん」とはねました。
次々とページをめくるたびに、
動物たちが、元気に「ぴょーん」とはねます。

ページをめくるたびに、次々と楽しめる絵本です♪
ぴょーん 【絵本】の続きを読む
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
赤ちゃんに『歌い聞かせ』のススメ♪
2008-12-24 Wed 15:17
うたえほんうたえほん
(1988/04)
つちだ よしはる

商品詳細を見る


「ゆりかごのうた」「ぞうさん」「むすんでひらいて」など、
かわいらしい絵と共にたくさんの童謡が紹介されています。

赤ちゃんをおひざにだっこして、一緒に歌ってください。
赤ちゃんがもう少し大きくなったら覚えてしまい、
一緒に口ずさめることでしょう。
他にうたえほん (2)うたえほん〈3〉があります。

【Yahoo!ショッピング】注文した書籍をセブン-イレブンで受取れば送料0円
【楽天ブックス】こどもといっしょに読む絵本
eBOOK-OFF 1,500円お買い上げで送料無料♪
************

私は、色々な育児書を読んだり、桃太郎を育てているこの数年の間に、
さまざまな早期教育の中で、最も効果的な取り組みは、
『語りかけ』と『読み聞かせ』に尽きると自分の中で結論づけました。

様々な、○○式などの教育法がありますが、
どの教育者や、言語療法士さんも、
読み聞かせ』と『語りかけ』を抜きに『早期教育』や『幼児教育』を語ることはありません。

だから、『語りかけ』と『読み聞かせ』の大切さについては、
育児書を1冊読むごとに確信していました。


ところが『子育てが楽しくなるちょっとした習慣』という最近読んだ育児書に、
歌い聞かせ』の重要性が書かれていました。

語りかけ』『読み聞かせ』の基礎になるのが『』であり『童謡』であり『歌い聞かせ』なのだそうです。

この本を読んで、やっと納得しました。

ほるぷこども図書館に出会って(買いませんが^^;)
リストを頂いて、街の図書館で片っ端から借りているときに、
リストの中から借りた

あかちゃんのうたあかちゃんのうた
(1971/08)
松谷 みよ子いわさき ちひろ

商品詳細を見る
と、

子どもとお母さんのあそびうたえほん子どもとお母さんのあそびうたえほん
(2000/05)
大島 妙子

商品詳細を見る

を借りた時、『なぜ、歌の絵本なんだろう。』と、思った覚えがあります。
しかも、この本に載っていたわらべ歌を私が全然知らなかったので、まったく歌えず、
余計に腹立たしく思った覚えがあります。
『つまらない』と。

でも、ほるぷこども図書館の最初のコースの「めだかコース」に、
童謡やわらべうたの絵本が入っているのには、

『あかちゃんに歌ってあげましょうね。ママの声で』
と言う、メッセージが込められているのかもしれない。と、今は思います。
そして、この2冊に関しては、ほるぷの絵本のリストにこだわることは無かったのだ。と、今は思えます。

童謡のCDはたくさん販売されていますが、
赤ちゃんはママの声が一番好きなのだそうですよ。

ママが童謡を覚えるために買うのは良いですが、
なるべく、ママの声で歌って聞かせてあげたいですね♪


ちなみに、私の場合は、『歌い聞かせ』などという知識はありませんでしたが、
自分が歌うのが好きだったので、新生児の頃から、
二人っきりの静かーな時間の中でよく歌を聞かせていました。
音の外れたアカペラで(笑)

よく歌ったのは、「ぞうさん」と童謡ではありませんが「アンパンマンマーチ」です。

散歩に出かけて「桜」を見れば「さくら」を
菜の花を見れば「おぼろ月夜」を、
チューリップを見つければ「ちゅーりっぷ」を、
蝶をみつければ「ちょうちょう」を・・・・と、
外に出たときのほうがよく歌っていたかもしれません^^;

お祝いに童謡のCDをもらったり、
2歳のうたとおはなし2歳のうたとおはなし
(2000/10)
志村 洋子、内村 朋子 他

商品詳細を見る

を買ってからはレパートリーが増えて色々歌うようになりました♪

もちろん、いまだに歌っています。
「おかあさんといっしょ」の歌だったり、園で覚えてきた歌だったり。
今は園の帰り道にトンボを見つけたら「トンボのめがね」を、
さざんかを見つけて「たきび」を、
今は桃太郎と一緒に歌う楽しみがあります♪

ママにとっても、歌い聞かせが一番難易度が低いです。
自分の知っている歌を口ずさむだけで良いのですから。

そして、読み聞かせ⇒語りかけへと難易度は上がっていきます。
特に、身の回りのことを実況中継的に話すほど効果のある語りかけは、
ママも頭をフル回転させなければならないので、特に無口なママさんには過酷です。
おしゃべりを自覚する私も、赤ちゃんや子供を相手に30分も続ければグッタリします^^;

読み聞かせ、語りかけで苦労されているママさんたちへ、
まずは、歌い聞かせから始めてみませんか?(^ー^*)

■□■記事中で紹介した育児書■□■
子育てが楽しくなるちょっとした習慣子育てが楽しくなるちょっとした習慣
(2007/09/04)
日本公文教育研究会 子育て支援センター

商品詳細を見る

特にオススメと言うわけではありませんが、とても読みやすい本です♪
一読の価値はありだと思います。(私は図書館で借りました^^;)
巻末に公文のすいせん図書として、良書がレベルごとに分けられて紹介されています。
「ほるぷこども図書館」の選定図書のような感じですね。

■□■関連図書■□■
0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
(2001/06)
汐見 稔幸、サリー ウォード 他

商品詳細を見る

語りかけの重要性や、方法を学びませんか?

赤ちゃん絵本の紹介のつもりが長くなってしまいました^^;
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
じゃあじゃあ びりびり
2008-12-10 Wed 13:22
「このえほんは○○ちゃんのえほんです」で始まる赤ちゃんの絵本。
“あかちゃん あーんあーん いぬ わんわんわん らっぱ ぷっぷー”
ページをめくるたびに、きれいな色と言葉が繰り返されます。
赤ちゃんはお母さんのやさしい声が大好きですから、
絵本の「○○」の部分にお子さんの名前を入れて語りかけてあげましょう。
きっとお母さんと赤ちゃんの大切な一冊になることでしょう♪

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
(2001/08)
まつい のりこ

商品詳細を見る


我が家では、この本を、よく図書館で借りました。
何度も何度も借りて読んだので、桃太郎もすっかり覚えてしまって、
ページをめくりながら、正確に暗唱するので、驚いたことがあります。
まだ、ひらがなが読めるようになる前の出来事です♪

『ウチの子は天才か?!』と錯覚しますが、
マメに読み聞かせさえしていれば、どの子にもできる芸当です♪^^
必要なのは、同じ絵本を読むのが飽きても頑張れる「読み手」の忍耐力だけです(笑)




セブンアンドワイ
じゃあじゃあ びりびりの続きを読む
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
どんどこももんちゃん (絵本)
2008-11-30 Sun 16:44
どんどこ どんどこ ももんちゃんがいそいでいます。
どんどこ どんどこ。
くまさんのとおせんぼにも負けません。
最後にももんちゃんがたどり着いたのは、
大好きなお母さんの温かい胸の中・・・・。

この元気なももんちゃんの絵本は、
第7回日本絵本賞を受賞し、良い絵本として選ばれました。
赤ちゃんと一緒に、良い絵本の楽しさを分かち合ってください。

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)
(2001/09)
とよた かずひこ

商品詳細を見る


赤ちゃん絵本。
0歳から読み聞かせますが、
こちらが期待するようなまともな反応があるのは、
1歳半~2歳になってからでしょうか。
2歳になると、喜んで聞くようになります♪

擬音が多いものや、赤ちゃんにとって身近な内容がウケが良いですよ♪
どんどん紹介していきたいと思います♪
どんどこももんちゃん (絵本)の続きを読む
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
おててがでたよ (絵本)
2008-11-28 Fri 12:41
おててがでたよ (福音館 あかちゃんの絵本)おててがでたよ (福音館 あかちゃんの絵本)
(1986/06)
林 明子

商品詳細を見る

あれあれあれ、なんにもみえない、おててはどこかな?
『ぱっ、おててがでたよ』
次はなあに?
『うーんうーん』出てこない。
日常的な赤ちゃんの愛らしいしぐさに、思わず笑みがこぼれます。
スキンシップを楽しみながら読んでみてください。
このシリーズには、他に
くつくつあるけ (福音館 あかちゃんの絵本)」「きゅっきゅっきゅっ」「おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)」があります。


桃太郎も大好きな1冊でした。
児童館でも良く読んでもらいました♪
おててがでたよ (絵本)の続きを読む
別窓 | 赤ちゃんにすすめる絵本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。