お金をかけないで幼児教育したい! 9歳
アナと雪の女王
2014-04-17 Thu 19:06
映画『アナと雪の女王』大人気みたいですね♪

我が家は上映開始すぐに見に行ったのですが。

私の周りでは、「劇場に行ったけれど満席で見れなかった。」と言う声がかなり多いです。

日を改めてリベンジしたという声も少なくないです。

まあ、田舎なので、映画館自体が少ないと言うのもありますが^^;


そんなに人気だったんだなと。改めて思ったり。



我が家は、最初に『見たい!』と言い出したのはパパでした。

私はプリンセス系のお話だし、ウチは男の子ひとりだし、テレビ放映を待てばいいかと思ったのですが。

パパが「是非見たい。」と。

というのは、ポケモンか何かの映画を桃太郎と2人で見に行ったときに予告編を上映していたらしく。

そのときにかかっていた音楽が『すごく良かったから。』とのこと。



ディズニーに興味ないとか言ってるパパが言うくらいだから・・・・と、

とにかくその音楽を聴いてみたいと思って、私は動画を検索。

エルサが歌う「Let it go」がヒット。

コレを聞いて、私も見たいと思いました。

動画は、25ヶ国語バージョン、松たか子バージョンが出てきて。


字幕と、葺き替え両方見たいと思いました^^;




でも、両方見ると費用も×3なので、お財布的に厳しく、どっちで見るか相当悩みました。


・・・が、最終的には親のエゴを優先(笑)


桃太郎には申し訳ないですが、字幕で見ると決めました(笑)

「ミッション・イッポッシブル」の時と同じ^^;

あの時は、漢字がほとんど読めなくて、字幕を読むと言うよりは絵を見ると言う感じでしたが、

今回は、字幕は漢字混じりだけれど、3年生だし、かなりの字が読めると目論み。

あとは映像から想像していただく。と決定(笑)

子どもの英語教育の一環とお思いかもしれませんが、そんな気持ちは一切ありません(笑)


とにかく、英語で歌を聴きたい!


ワガママな夫婦のその一心でした^^;


そして、公開されてすぐの休みに見に行きました。


字幕の上映は少なく、時間も遅め。
(大人を対象にしているからでしょうか?)

15時過ぎくらいの時間を狙って、出かけました。

基本は子ども向けだから、字幕の席は空いているだろうと予想していました。


予想は的中で、私たちが行った日も、吹き替えを見に来て希望の時間に席が無く、

諦めて帰る親子を何組か見かけました。

期待してきたのに見れなくて泣いている小さな女の子もいましたね。


字幕はと言えば満席になるほどではないけれど、そこそこ混雑しているという様子で、

カップルや、少し大きな子を連れた親子連れ、といった顔ぶれ。



ただ、お隣の席に座った女の子4歳くらいと、ママはまたちょっと違う雰囲気で。

なんと、ママも子どもも流暢な英語をしゃべっていてびっくりしました!

ネットの世界では英語ペラペラな子というのは多く存在しますが、

実際に出会ったのは初めて!


その子は外人だったかと言うとそうではなくて、

ママも娘もしっかり日本人顔。ただし、パパが外人さんと言う可能性は捨てきれませんが。

でも、日本人であると言う証拠に、日本語でも流暢に話をしていました。


ママもしゃべれて、日本語も英語もしっかり教育しているという印象。

幼児に漢字交じりの字幕が読めるとは思えず、

あの子はきっと英語で理解していたんだろうなぁと。

ため息が出るほど感心しました♪


母が英語出来るといいわよねぇ・・・はぁ~。




さて、肝心の桃太郎は、字幕で理解できたのか、英語は分かるわけないけど^^;
絵で理解したのか分からないけれど、とりあえず、ストーリーは楽しめた様子♪

そして、パパ&ママ同様に「Let it go」にドはまり^^;



ママも映画の内容には大満足♪で、
(感想文は苦手なので書きませんが^^;)

パパはさっそくCDが欲しいと。


で、仕事の帰りに買って来てくれました(笑)



アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックアナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック
(2014/03/12)
V.A.

商品詳細を見る



良いですよ。本当は並行輸入版が欲しかったのですが。
ジャケットがお洒落ですし。

でも、日本版には日本語吹き替え版のエンディング曲がオマケで収録されていました♪(*^_^*)


さて、吹き替え版を劇場で見るのは諦めた私ですが・・・

吹き替え版の日本語訳は字幕の訳と違ってて・・・

個人的には、吹き替え版の訳が好きなのです♪

ポジティブな訳だと感じるんですよね、なんとなく(*^_^*)

で、松たか子、神田沙也加の日本語版も欲しいですCD^^;

これはパパに却下されそうですけどね^^;



気が早い話ですが、

DVDレンタル始まったら絶対に日本語版を見ようと思っています(笑)


今は親子で「Let it go」を口ずさんでおります(*^_^*)

私は「雪だるまつくろう」や「生まれてはじめて」もかなりお気に入り♪です!




映画「レ・ミゼラブル」の時もそうだったけど、当分ブームは続きそう(笑)




いずれは、劇団四季あたりがミュージカルとして上演してくれそうで、

それも密かに期待しています♪(*^m^*)


あ・・・今日はなんだかカテ違いだったかな?^^;


                       (桃太郎9歳8ヶ月)
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ひさしぶりに泣きました。
2014-03-28 Fri 11:59
春休みですね。

毎度のコトながら予定が立て込んでいる桃太郎です。


が、それは置いておいて。


午前中に余裕がある日は、勉強をするようにしています。
(注:毎日ではありません^^;)
春休みは宿題がないのですが、

学校からの学年便りで、
『3年生の復習をしっかりやって、わからないところをなくすように』
との記述があったからです。


で、さくらの家のカリキュラムとしては、
まず、前提として落ち着いて勉強できる時間を確保できる日に。
先日購入したドリル類をやっています。

論理エンジン3年生

1回につきワンステップ程度。

賢くなるパズルてんびん

1回2ページほどづつ
毎回うんうん唸ってますが、意外と進めています。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集

今回泣いてしまったのはこの問題集。
レベル1の問題をピックアップして数問づつ解かせています。


漢字をおぼえる鉄道ドリル

駅名ですので学年を超えての漢字ドリルです。
ですから、毎回数問づつ、ゆっくり進めています。
取り組むのを本人が一番楽しみにしているドリルです。

どんぐり倶楽部の良質な算数文章問題

我が家では、写真の問題集ではなく、
どんぐり倶楽部で購入したCDに入っている問題をプリントアウトして使っています♪
1回一問。


並べると多いように感じますが、どれも本当に少しづつなので、
全部あわせてもたいした量ではありません。
一番時間がかかるのが、絵も描くので、どんぐり倶楽部の算数文章問題ですね^^;


さて、今朝もこのカリキュラムで、やる順番は本人に選ばせて学習しておりました。

そのなかで、ふくしま式の国語問題集をやっていたときのことです。

主語を選びなさいとか、述語を選びなさいとかいう問題でした。

桃太郎が答えを間違えた問題がありました。


間違えたので、すかさずそれを教えようと、説明を始めました。

ワタシは教師や塾講師ではないので、教え方がヘタなのもあると思うのですが、
(たぶん回りくどい^^;)


すると、いつも通り、桃太郎が「逆ギレ」したのです。

普段は、話にならないので、私も対処の仕方がどうにも分からず、

ついついそのままにしてしまっていたのですが・・・・。



今朝は、この子はなんでワタシの説明を聞いてくれないんだろうと悲しくなりました。


桃太郎は、何度も書いていると思いますが、失敗を極度に恐れます。

酷い時は間違ったことを認められず、事実を捻じ曲げてしまうほどです。


今日も、私が間違いを指摘し、説明を始めたとたんに、

(ほぼ2択のような問題だったので)答えを消しゴムで消して、書き直し、

『オレは自分でやりたいんだ!なにも言わないで!』と。

すごい形相でにらみつけ、私の説明を拒絶します。



それでは、何もわからないままじゃないですか。

正しい答えに書き直しただけじゃ、なにも分かったことにならないじゃないですか。

そこにどんな学びがあるんですか?

今やっているのはテストではないのです。

満点を取ればそれでいいのはでないのです。

理解を深めるための問題集です。道具です。

だから分からないところには解説が必要です。


もちろんワタシの解説など、学校の先生や塾の先生に比べたら、
取るに足らないものかもしれません。


でも、桃太郎は、それを聞こうとすらしないし、
そもそも間違ったこと自体を認めたくないのです。


いつもはここで大喧嘩です。

すると、桃太郎が決まって、

『お母さんが、怖い声で怒って言うから・・・』


と言います。

しかし。

ワタシは、普段と同じ声で、同じ口調で説明しようとしているだけなのです。

これは、以前に夫が一緒にいた時も同じ状況になったので、

客観的に見てどう思うか聞いたら、

たしかに私は間違っていないと言うことでした。


要するに、桃太郎は、間違いを指摘され、私のクドクドした説明が始まると
耳がシャットアウトされ、
大声で逆ギレするので、
ワタシも『話を聞きなさいっ!』などど大きな声を出さざるを得ず。
それが悪循環になってしまうのでした。



今日は。
桃太郎が逆ギレした時点で。

どうしてこの子は間違いを認められないんだろう。
話を聞けないんだろう。
分からないことを分かろうとしないんだろう。
分かりたいと思わないんだろう。

そう思うと、泣けてきました。


そうです。泣いたのはワタシです^^;

涙があふれてとまりませんでした。


そうして。

『どうして、説明を聞いてくれないの?』
『答えを直したって、どうしてその答えになるのか分からなかったら、ずっと、わからないままじゃないの。』
『丸をもらえたって、わからないままじゃないの。』
『ずっとわからないままでいいの?ずっとわからないままいくの?』



決して泣き脅しを使った・・・とういうことではなくて、
ずっと、桃太郎のこの性格を、どうしたらいいか悩んでいたので、
自然に涙が出たのですが、


母の怒鳴り声ではなく、鳴き声と涙に桃太郎がびっくりしたようです^^;

びっくりしてひるんでましたね^^;

『やばい』と思ったみたいです^^;


『話を聞きなさいっ!』と、怒鳴られるより、数倍の効果があったみたいです^^;


『お母さん、ボク説明聞くよ。』
『僕、主語がどれか分からない。』
『教えて。』
『一緒にかんがえよ。』


どうやったら、母が泣き止むか必死で^^;



さて、私はティッシュで涙を拭いて、

そのあと、説明する前に、


『100点取るのがいいんじゃないよ、全部丸がもらえるのがいいことじゃないよ。』
『間違ってもいいんだよ。お母さんは間違っているのを怒ったりしないよ。』
『間違った所は説明をきいてちゃんと分かるようにすればいいんだよ。』
『わからないことを分からないままにするのが一番良くないよ。』

神妙に聞いておりました。

そして最後に『わかった。』と言いました。


今後は、間違いを指摘されても、間違ったことを気にせず
素直に説明を聞いてくれるでしょうか・・・

少し成長できると良いなと思いました。




子育て暦9年半。まだまだ毎日が試行錯誤です。




               (桃太郎9歳8ヶ月)
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ライツアウト
2014-03-16 Sun 11:23
最近、おもちゃ箱に増えた物があります。

それは・・・・





じじばばが行きつけの喫茶店でもらってきたとかで^^;


そう。完全なるお古でございます^^;

取り説なども無いので、遊び方が分からず、

私などは、父にマジギレ(笑)

『なんでもかんでももらってくるなー!!』


ですが、良い時代になりました。


パパさんがスマホでチョイチョイっと調べたら、

遊び方が検索できました。

このゲームはトミー(現タカラトミー)の

『ライツアウト』という商品。

サイトを見て初めて『問題』があって、
出された問題のライトを消すゲームだと判明。

最初は四苦八苦していましたが、
コツをつかむと、結構はまっております♪

なかなか頭を使うゲームで、

先も読まねばならないので・・・


うんうん。

イイもらいものだったねー♪


↑なんて現金なワタシ^^;

しばらく楽しめると思います。

捨てなくて良かったわ^^;
関連記事
別窓 | おもちゃ箱 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
★おおきな森のどうぶつしょうぎ★
2014-03-09 Sun 18:01
先日も少し記事にしましたが、
『おおきな森のどうぶつしょうぎ』
を購入しました♪

こちらの思惑以上にガッツリとはまっております!

商品自体の評価としては、
かわいらしくて、絵柄もどうぶつなので、子どもにはとっつきやすい。
駒の動きも、表示されているので、分かりやすい。覚えやすい。

ただ、形が将棋の駒とは違うので、ちょっと指しにくいかな。
あとは、値段の割りに作りが安っぽい^^;
と、私は感じました。
木製なのですが、ひび割れている駒もあったりして^^;

まあ、神経質に返品するほどではナイですけど。

そして、個人的には

公文のNEWスタディ将棋の方がよかったんじゃないの?
・・・とは思います^^;

でも、まあ、今回は桃太郎の希望ですのでね。
ご褒美の位置づけですし。




購入したその日は、早速パパと指してました。

このときは、いきなり本将棋から始めて、

全然まわりが見えてなかったみたいでしたが、

パパも久しぶりだったので、

手の抜き加減とかが難しかったと言ってました^^;


翌日は、おかあさんやろう!

って誘われまして^^;

私はまるでダメなんだけどね^^;とか思いながら、

2局指したんですが、一勝一敗でした。

たぶん、桃太郎とは互角くらいの強さ^^;


最初は勝たせてあげないと気持ちが萎えるとの助言も頂いてましたが、

負けがこんでても、やる気と強くなりたいという気持ちは萎えてないみたいでした。



さらに、次の機会にはおじいちゃんと。


この人が結構な曲者で^^;


将棋は上手いし、やりこんでるので、コンピューターにも勝つほどの腕前なのですが・・・

なんせ『人に教える』という言葉とはまったく縁遠い人なので・・・



超初心者の桃太郎を相手にしても、

これでもかこれでもかとやってきて、

小バカにして指すものだから、


ついに、忍耐強い桃太郎もブッチ切れてしまいました^^;


私も過去に同じ場面に遭遇して完全に萎えた記憶があったのですが・・・


桃太郎の気持ちも充分に理解できつつ、

しかし、父の将棋の強さも分かっていたので、

桃太郎には、
『腹が立つのはわかるけど、おじいちゃんとやると強くなれるよ。
怒らないで教えてもらいなよ。』

と、言ってみるのですが・・・

もう、完全に堪忍袋の緒が切れてしまったので

『オレは、自分で強くなりたいのっ!

おじいちゃんなんかに教えてもらわなくてもいいっ!』


この日は、それで終わって、


もう、せっかく買ったのに、これでやる気をなくしたらどうしましょうとか。

ちょっと思いましたけど、

「自分で強くなりたい」と言い切っただけの事はあって、


その後も、将棋に対する熱意は冷めなかったので良かったです^^;



驚くのはそれからで。

本を熱心に読んだり、

おじいちゃんとも仲直りして対戦したり、教えを素直に聞き入れたり。

数日の間に見る見るコツをつかんでいって。


次にパパと対局した時は、

『短期間で上手くなったなぁ・・・コイツ。』

と言わせるほどでした♪


まあ、それでも、まだパパにはかなわないし、

私とも互角ですけどね。

私は、桃太郎と一緒に成長してる感じで、

毎回、なかなか勝負が付かないです^^;


ちなみに、パパやじいちゃんとは、ハンデ付きで対局してます。


また、桃太郎は勉強している本が将棋の本なので、

将棋の駒の名前もすっかり覚えてしまいましたよ。

たぶん、漢字もキライではないので、

本来の将棋の駒を使ってももう、出来ると思います。

逆に、ママの方が怪しいかも^^;


羽生善生のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)羽生善生のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)
(2011/04/11)
羽生 善治

商品詳細を見る


↑↑図書館でこんなん借りて読んでます^^;

とても興味があって、意欲的なので、まだまだ強くなりそうです^^;

あっという間に、勝てなくなりそう^^;

                  (桃太郎 9歳7ヶ月)
関連記事
別窓 | おもちゃ箱 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
いちにちおもちゃ
2014-03-03 Mon 09:34
昨日、珍しく、

『お母さん、寝る前に何か一冊読んでー。』

と、甘えてきました♪(*^_^*)

桃太郎は基本、チョーの付く甘えん坊ですが、

最近は、ほとんど桃太郎に読み聞かせをすることが無かったので、

うれしくてうれしくて♪(*^▽^*)ノ

学校で読む予定だった絵本をイソイソと取り出し、読み聞かせをしました(笑)


そうそう、桃太郎にもウケルだろうと思っていたんですよね~♪

でも、最近は寝る前も、

勝手に漫画や、本を読んでて、絵本なんてなかなか聞いてくれないから。

読み聞かせさせてもらえないんですよ。


図書館には一人で行くのでね。


桃太郎も喜びそうな絵本も何冊か借りるんですけどね。毎回。


で、夕べは3冊読みましたv(*^ー^*)v

最初はこれ、

谷川俊太郎さんの『あーん』
シンプルな絵だけど、面白いですよ。
桃太郎はケラケラ笑ってました。

未就園児向けのカフェで読もうと思って借りていた1冊です♪
小学生にもイケルと分かったので、学校でも読もうかな(*^ー^*)

メインはいちにちシリーズ






『いちにちおもちゃ』『いちにちぶんぼうぐ』
2冊借りてきていたので、2冊とも読みました♪
これね。

複数人に読み聞かせるとしたら、相当なテンションの必要な絵本ですけどね。

でも、めっちゃ面白いです(笑)

こっちは小学生向けですね。

乳幼児さんや幼稚園さんにはチョッと笑いのツボが難しいかもと、想像します(笑)


今回は借りなかったけど、こちら『いちにちどうぶつ』も、かなりのテンションで面白いです(笑)
「へぇ~」と、なにげに勉強になることも描かれていますし(笑)

私も未読なのですが、他にも、





なんて作品もあるみたい・・・

読んでみたいです(笑)

いや、だって、大人が読んでも面白いんですもん^^;

このシリーズ(笑)


もう一冊、昨日は読まなかったんですが、桃太郎のために借りた絵本。

ふりがな付いてるし、自分で読むかなー?と思ったんですけど、

絵を見た瞬間、興味を喪失^^;

でも、来年は、星とかも習うしね。

少し刷り込んでおきたいなかなと。

勉強臭がプンプンにおってしまったかなぁ^^;


でも、借りてる間に読み聞かせてやるのだっ!!

関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドリルをいくつか買い足しました。
2014-02-25 Tue 08:30
春休みに向けて、市販のドリルをいくつか買い足しました。


今の所、平日はほとんど学校の宿題のみしか『学習』と言うものをしていない桃太郎です。


最近、宿題を終わらせる速度が集中できれば速くなってきていて。
(集中できずに一問ごとにどこかへ行ってしまうこともありますが^^;)


計算ドリルだと5分程度。

漢字ドリルでも10分程度で終わらせてしまいます。


漢字や計算のドリル程度の問題は、ほとんど間違えたことがなく、


漢字の小テストもほぼ満点で通しているので、


宿題の量はこの程度でOKと思っているのですが・・・・



最近、何度か書いているように、

なかなか自分から外に遊びに行くことも少ないし、

家にいればビデオかゲームばかり・・・で、


なんとなく、その状況に


私の頭の中で『イエロー信号がピカピカ』し始めまして^^;


本当に、このままで良いのか?!と。



学校の宿題は言われなくても出来るので、その辺りは

自分とは違ってキチンとしていると思って評価しているのですが。



それにしても、机に向かう時間が少なすぎないか?

よく考えてみると、3年生の家庭での学習って何分くらいが適当なんだろう?とか。

色々考え始めまして^^;


いや、毎日元気に外に飛び出していって遊びほうけているなら文句はないんですが・・・

たまに出て行ってもお友達のゲームを覗き込んで・・・って状況なので^^;


だったら、家で勉強してたほうが、まだマシじゃないの?!


と、思うわけです(TT)



で、まあ、普段の平日に出来なければ、宿題の無い春休みにやれば良いかと言うことで。

いくつか購入しました。



今回は、国語の問題集を中心に選びました。


なぜ国語かと言うと、


桃太郎は本をよく読む割には、読解力に乏しく^^;
また、表現力に至っては絶望的で^^;

先日、授業参観があったのですが・・・

自分の意見を発言するときの表現もイマヒトツだったため・・・


補強すべきは国語だ!


と、強く感じたからです^^;



学校から返されるテストを見ていても、

計算や、漢字、また理科社会の選択問題などは手堅く点を取るのですが、

自分の言葉で説明しなければならない問題だと、

言葉足らずで△をもらったり『惜しい』と思うことが多々あります^^;


今後、国語、理科、社会で作文力が絶対的に必要になってくると思われるので、


今のうちに、手を打っておこうということです。






ドリルをいくつか買い足しました。の続きを読む
関連記事
別窓 | 市販のドリル&ワーク | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
復活か?スイミング
2014-02-24 Mon 09:21
スイミングは通っていたところが桃太郎的にダメでやめてから。

その後は、あちこちの短期教室をまわしてました。


今は、あと少しでクロールが25メートルって感じのトコで終わっています。


パパが連れて行くというものの、なかなかそのような時間もなく、
行ったとしても、遊んでしまうので^^;

残念ながら泳ぎの練習にはなりません^^;
まあ、別にコレまでは、『短期教室で回して行けば良いじゃん』
・・・っていう気持ちだったのですが・・・・。

*********************

実は、ブログにはずっと書いてこなかったんですが、
昨年の秋からとあるスポーツを始めている桃太郎です。
今までは試合といっても交代要員で、出場しても全部の時間ではなかったのですが。

4月からは主要メンバーの1人として出る可能性が高くなってきました。

ある程度の時間をハーフタイムもありなながらですが、走り回らないといけないのですが、
なかなかと、ソコまでの体力がありません^^;

もちろん、これから体が出来てくるということもあるのかもしれませんが・・・。

で、パパが、そのスポーツのために『スイミングを復活しないか?』と、言い出しました^^;
「スイミングのためのスイミング」ではなくて「体力づくりの一環」としてのスイミングです。
なので、泳ぎの技術の向上は求めていないということ。


以前は子どもにお金をかけたがらなかったパパですが、
一人っ子が確定したためか?^^;
最近は、結構欲張りになっています^^;
(ママより欲張りかも^^;)


だいたい、春からは6時間授業の日がさらに増えて週4日になるのに、
いったいどこにスイミングの時間を入れるんですか・・・・^^;

遊ぶ時間がなくなっちゃうじゃないですか・・・・



ただね。
最近、友達と遊ぶと言って外に元気よく出かけていくんだけど。

様子をうかがってると(監視してるわけじゃないですよ?)
集合住宅の自転車置き場で肩を寄せ合ってゲームしてたり・・・^^;
我が家は、ゲームの持ち出しは禁止にしてるんだけど、
他の子が持ってでてきていて、遊ばせてもらっていたり・・・・

毒だよね。って思うほどにゲームなんですよね^^;

サッカーとかドッジボールとかなら、大歓迎なんだけど。

天気が良いのに、日陰でゲームかよー。ってボヤキたくもなるってもんです^^;
(いや、私らが買い与えているんですけどね^^;)
(いや、そして私がゲーマーだからその背中を見て育ってるんですけどね^^;)


習い事の良いところは、とりあえずゲームから隔離させる時間が出来る。
特に「だだっこ創造教室」なんかは良い例で。
造形活動でたっぷり遊んだ上に、さらに終わった後も教室のお友達と遊ぶという・・・。
「えいごくらぶ」もそう。えいごといってもほとんどお遊びで、
終了後にやっぱりお友達と広い庭を駆け回る。

そして、その時間ゲームと完全に確実に隔離できる。


目的がそれって訳ではないけど、遊ぶといってもゲームに走るなら、
習い事でも同じかと^^;


話がだいぶそれましたけど、
まあ、パパはとにかく体力をつけるためにスイミングをやらせたい。

手始めに県が運営するプールの短期教室に通わせることにしました。
春休み。6日間。

そして、あちこちのスイミングスクールに見学に行って資料を集めた結果。
曜日と時間と金額が合うのは結局以前に通っていた教室だけということになり。

キャンセル待ちの状態ではあるけれど、一応申込をしてきました。


肝心な桃太郎のやる気は?と言うと、
以前に絶望的にダメだった「N先生がいないなら習いたい!」とのことで、
ダメだった一番の理由が先生との相性だったという。
ヤッパリねって感じです。

泳ぐことや、習うこと自体は全然嫌じゃないみたい。

ソコをもっと良く分かって、やめたときに、別の道もあったのかもと思うと、
少し、悔やまれますね。いまさら言っても仕方の無いことですけど^^;


定期的に通うほうは、キャンセル待ちの状態ですし、どうなるかわかりませんが、
とりあえず、春の短期教室は頑張ってもらいたいと思います(*^_^*)

いえ、言わなくても頑張るでしょう。

親がごちゃごちゃ言わなくても、何事にもやる気満々で取り組む桃太郎です(*^_^*)

だから、こっちもツイ欲張っちゃうんですけどね^^;
 
関連記事
別窓 | ベビースイミング&スイミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
植木算?
2014-02-23 Sun 15:27
今朝、「どんぐり問題(良質な算数文章問題)」をパパと取り組んでました。


最近、誘うと一人ではやらないけど、

誰かが一緒に問題を解いてくれるならという限定で取り組めるようになりました。

盗み見、真似っこなどもありますが。


一緒にやると、楽しいみたいです♪(*^_^*)


今朝は、初めに(3M×70)をやったようです。


私は算数の分類には詳しくありませんがいわゆる「植木算」と呼ばれる問題でした。


終わった後に、『簡単すぎた』と言うので、不思議に思って問題を見ると、


植木算。



そりゃー。絵で書いて解くんですから。簡単に決まってますわ^^;


でも、その『文章から絵を起こす』ってところが大事なんでしょうけどね。


だから計算するまでもなく、絵を書けば答えが出てしまうという^^;

もちろん、式はありません^^;


いいんですよね?とりあえずそんなんで^^;


そして、あまりに簡単すぎたので、物足りなくてもう一問挑戦したらしいです(笑)


こっちは、ちょっと苦戦しておりました。

(3M×28)

問題を読む限り、さほど複雑でもない割り算なんですけど。

問題を読んで、これが割り算と判断できる所までは、やはりたどり着いていない模様。

(余談になりますが、本を多く読んでいる割に、やはり読解力が未熟と感じます^^;)



しっかりと絵を書き込んで、8ページにも及びました。


そして、考え方は合っていて、いい感じに答えが出かかったのに・・・

最後、問題を忘れてしまって。

問題と言うのは、最終的に何を求めたら良いのか?っていう「その問い」。

その問いがすっかり飛んでしまっていて^^;


ちょっと残念な結果になってしまいました^^;


おバカな私はそこでツイツイ助け舟。


『惜しい!もう一回問題を読んでみてごらん。』


そしたら、


『問題は一回しか読んじゃダメだってお母さんが言ったんじゃん!!』

って、怒られちゃいました^^;


まあ、そうだけど、良いから読んでみて?

と問題を読ませると、

どんな答えを出せば良いか分かったみたいで。

正解にたどり着きました(*^_^*)


ホントは教えたりヒントを与えたりしちゃダメなんですけどね^^;



で、一緒にやってたパパも先に解き終って席を外してたんですけどね。

桃太郎と同じ間違いを(笑)


で、桃太郎が正解にたどり着いてから、こっそりパパの答案を見せたら、


うれしそうに笑ってました(笑)



ちなみに、こちらも絵で解いただけで、式はありません。

こたえは、しっかり書きますけどね。


桃太郎と一緒にどんぐり問題を細々とやってきて、

ようやく、なんとなくどんぐり問題の狙いみたいなものが分かってきて、

あまり怒らず、答えや正解にこだわらず出来るように、

自分が、なってきました^^;(遅いって^^;)

でも、遅いんだけど、何問も解かせているうちに分かってくることもあるんですよね。

文章から、いかにイメージを紡ぎ出すか、

それは、苦手な子にとっては本当に産みの苦しみですが。

それこそが大事なことなんだと思います。






どんぐり倶楽部の問題、

最近は、楽しく取り組める程度にボチボチというペースで少しづつやっています。

1年、2年の問題が全部終わったわけではないけれど、

とりあえず、3年生の問題から選ばせています。




それから、どんぐり問題のルールのひとつに

『消しゴムを使わない』 



って言うのがあるんですけど。

今日の桃太郎はボールペンでノートに書いていました♪(*^_^*)

これなら、消したくても消えないですね!

いい考えです(笑)




以前は、間違ってしまったことが嫌で、

『消しゴムを使うな!』といっても、痕跡が残らないくらい真っ黒に消してしまったりして、

どういう風に考えたのか分からないほどでしたが、


どんぐり問題に関しては、さほどこだわらなくなりました。
関連記事
別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
囲碁か将棋か。
2014-02-20 Thu 17:04
結論から言うと。

買いました^^;

『おおきな森のどうぶつしょうぎ』

まあ、ぶっちゃけ、まんま将棋ですわ^^;


絵がかわいらしいだけで。


どうして、買うことになったかといいますと・・・

まあ、さくらのはっぱは、 DJQOOさんのコメントに背中を押された感じになっていたんです。


ただ、桃太郎の熱がその時はやはり『ヒカルの碁』の影響で、

囲碁の方にかなり向いていたんですよ。

で、我が家には囲碁の相手を出来る者がひとりもいなくて^^;

本人は本まで借りてきて勉強するんですけど、

なんせ相手がいないので、実践に至らない^^;

でも、せっかく興味をもったんだからと・・・

街のHPをチェックすると囲碁クラブがあるらしい・・・
(そういえば街のイベントで囲碁教室とかやってたよな・・地味に^^;)

で、いつどこでを確認し、実際に足を運んでみることにしました。

行ってみると、10人弱位のおじちゃん(いや、おじいちゃんと言った方が良いか^^;)達が、
タバコをふかしながら対局しているわけです^^;

私はこの時点ですでにうわーっとドン引き^^;

でも、桃太郎はグイグイ食いついて見入っています。

そして、桃太郎は、手つきもおぼつかないおじいちゃんに教えてもらうことになりました^^;

その間に私は情報をチェック。

年会費2000円・1回来るごとに30円。
やってる日は月曜日を除く毎日!!

値段は安いです。教室ではなくクラブですからね(*^_^*)

ただ、平日は13時から16時半までなので、ほとんど行けませんし、
土曜日は習い事が入っています。
日曜日は唯一何もない日なので、家族で出かけたりもしたいし・・・
試合のある日もあるし・・・・

そうすると、それほど行ける日は無いのかなと^^;

しかも、ママはタバコの煙が気になります^^;


なんとなくのルールを教えてもらって、ご満悦の桃太郎。
『明日も行く!』と、大ゴネ^^;

ここはパパが何とか説得。
英検5級が合格していたのをネットで確認していたので、
そのご褒美として『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買ってあげるから、
将棋なら、お父さんも少しは出来るし、おじいちゃんも上手だから、
それで我慢してくれないか?

って、男と男の話し合いになって、
まあ、桃太郎も納得してくれたみたいです^^;


そして、その足で『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買いに本屋さんへ。。。。

ついにお買い上げとなったわけです。


ただ、囲碁熱も冷めたわけじゃなくて。

今は、『ヒカルの囲碁入門』

(↑これ、児童書じゃない所においてあるなと思ったら、
     振り仮名が付いてないんですよぉ(T△T))


と、


児童書コーナーでも一冊借りて熱心に読んでいます。


囲碁クラブに見学に行ったときも、
ママが知らない囲碁用語「アタリ」「生きる」「死ぬ」を桃太郎が連発。
意味わかって使ってんの?!と思ったら、ちゃんと意味分かって使ってました。
びっくりするわ!
ヒカルの碁を読んだだけではルールは覚えられないから(ママがそう^^;)
かなり囲碁の本を読み込んでいると見た。

で、今も勉強中。



借りた本の一冊に、
『囲碁なら盤や石がなくても、
とりあえず、紙に線を引いて、
えんぴつで黒白の丸を描きながら対戦できる』
とあったので、

そのアイデアいただき!で。
囲碁は当面、紙でやればいいやと。

とりあえず、家では将棋(どうぶつしょうぎ)を。

囲碁は「春に街のイベントで『親子囲碁教室』をやりますよ。」
との情報をクラブでもらったので、
それに参加して、親子で基本を覚えて、
それでもやりたくなったら、クラブに入ろうか。

・・・・という話になりました^^;

結局、まだ家では囲碁はやってないんですけどね^^;

しょうぎのほうは・・・

まだ別の記事で書きますね。

当分ブームは続きそうです♪

まさか、こんなにハマルとは予想外でした♪

でも、1人でピコピコDSやってるよりはよっぽど良い!!

ママもご満悦です♪(*^_^*)


これもいいかなぁと思いましたが・・・
あれもこれも一度には買えませんよっ!!^^;
                  (桃太郎 9歳7ヶ月)
囲碁か将棋か。の続きを読む
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
4年生からの英語学習
2014-01-13 Mon 12:37
現在習っている「えいごくらぶ」は、一応3年生まで。

ということになっています。


我が家の英語教育は、

パパもママも全く英語が出来ない&しゃべれない。

という状況なので、

海外赴任もないですし、必要にも迫られないため、


なんちゃっての域をでていません。


柱は「えいごくらぶ」
サブでDSソフト「えいトレ」(← 一応卒業しました。)


最近は朝のラジオ講座のかけ流しも。


でも、こちらは、桃太郎がどれだけ聴いてるか不明です。



まあ、3年生の現在で、この程度なので、

他の有名ブロガーさんたちとは比べ物になりませんし。
(「比べる」と言うこと自体がものすごく恥ずかしい^^;)

すごく大きな結果を求めているわけではありませんがー。


でも、しかし、


母としては、桃太郎が乳児の頃から英語教育に興味を持ち、

ケチケチながらも色々な取り組みをし、

英語教育に熱心な幼稚園に通わせ、

せっかく「えいごくらぶ」にも、丸4年通わせることになるわけですから!


忘れられるのだけは、惜しいんです^^;


余談になりますが・・・
やっぱり忘れちゃうらしいんですよね。
当然と言えば当然なんですけど。

『生活していくうえで必要でないものは、忘れる』
・・・ように頭の仕組みは出来ているんですよね。


同じ園を卒園してその後英語にまったく触れなかった子は
やっぱり、続けていた子に比べてかなり忘れているらしいです。

ただし、発音の綺麗さだけは残ったみたいですが。


まあ、続けていた人(←我が子ですが^^;)も
忘れていることも多いので、(園で習った歌とかね^^;)
続けていたからどうなんだ?
・・・って話もあるんですけどね^^;

ウチのやってるレベルなら充分中学で取り返せるレベルだとは思います。

でもね。対費用をツイツイ考えちゃうんですよね^^;
忘れられたらショックです。親としては!


「えいごくらぶ」では、
現在、中1レベルの内容学習しているらしいのですが、

母の希望としては、

レベルはもう上げなくて良いので、
語彙の補強とか、
とにかく中学まで英語を忘れないように、
維持させたい。という希望があります。

さらに、高いレベルの内容を望むのではなくて、
とにかく、現状を維持したい。

それには、やはり触れ続けるしかないと思うんですよね。


ある程度のお金を払って、教室に通うなら足さえあれば、
近頃は、この田舎でも、教室の数はかなりあります。

有名な所から、無名な所まで。
個人で成果を挙げているところから、
ECCやイーオンなど大手チェーンまで。

しっかり話させて書かせるところから、お遊びの教室まで。


ただね。
いまの「くらぶ」が破格なんですよ^^;

ほぼ週1のペースで月3000円ですからね。家からも近いし。
(今回の英検の補講は無料で3回合計6時間ですよっ!奥さんっ!太っ腹な先生でしょ?!)


で、今、生徒の親の有志で継続を交渉中です^^;
(先生が負担なら)隔週でも良いのでとお願いしています。

まだ、どうなるか分かりませんけどね。

先生のご都合もありますし。


平行して、やはり終了になってしまった時の対策を検討中です。


我が家的には触れ続ける。という程度の目的なので、
安ければお遊び程度でもかまわない気持ちでいます。


同じ園の卒園児(のお母さん)に人気なのは
同時通訳養成講座までやっているような個人教室ですが。
良さそうだけど、普通に高いんですよね^^;
英語教室としては普通の値段ですけどね^^;


ウチはそこまで出す気はないので^^;
・・・と、そんなことを言ってると、教室自体も無いわけですが^^;


で、パパ的に心が惹かれているのは


例のスマイルゼミです^^;

英語の配信も始まったそうで・・・



もちろん第一希望は今の「えいごくらぶ」の継続なのですが。

ダメなら「スマイルゼミ」の体験会に春休みにもう一度行こう!と、言ってました。

タブレットならベネッセのBI-GOでも良いと思うんですけどね^^;

パパは結構スマイルゼミ押しです^^;


算数の図形につまづいてることにもチョット引っかかっているらしく。

スマイルゼミなら映像で説明があるとか、そんなところも魅力に感じているのかも。
5科目学習できますしね。


私的には、スマイルゼミの英語のレベルはどうなんだ?
桃太郎の現在の学習レベルに合っているのか?
・・・っていうところが少し心配なんですけどね^^;

でも、値段を考えると、
そのあたりで妥協するしかないのかなと言う思いもあります^^;


よくある「ネットで英会話」みたいなのも頭をよぎるのですが、
なんせパソコンが古くて重いので、
そっち方面は現状では厳しいかなと思っています。
                       (桃太郎 9歳5ヶ月)






関連記事
別窓 | 小学生英語(外国語)教育 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! | NEXT