お金をかけないで幼児教育したい! 3年生
ひさしぶりに泣きました。
2014-03-28 Fri 11:59
春休みですね。

毎度のコトながら予定が立て込んでいる桃太郎です。


が、それは置いておいて。


午前中に余裕がある日は、勉強をするようにしています。
(注:毎日ではありません^^;)
春休みは宿題がないのですが、

学校からの学年便りで、
『3年生の復習をしっかりやって、わからないところをなくすように』
との記述があったからです。


で、さくらの家のカリキュラムとしては、
まず、前提として落ち着いて勉強できる時間を確保できる日に。
先日購入したドリル類をやっています。

論理エンジン3年生

1回につきワンステップ程度。

賢くなるパズルてんびん

1回2ページほどづつ
毎回うんうん唸ってますが、意外と進めています。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集

今回泣いてしまったのはこの問題集。
レベル1の問題をピックアップして数問づつ解かせています。


漢字をおぼえる鉄道ドリル

駅名ですので学年を超えての漢字ドリルです。
ですから、毎回数問づつ、ゆっくり進めています。
取り組むのを本人が一番楽しみにしているドリルです。

どんぐり倶楽部の良質な算数文章問題

我が家では、写真の問題集ではなく、
どんぐり倶楽部で購入したCDに入っている問題をプリントアウトして使っています♪
1回一問。


並べると多いように感じますが、どれも本当に少しづつなので、
全部あわせてもたいした量ではありません。
一番時間がかかるのが、絵も描くので、どんぐり倶楽部の算数文章問題ですね^^;


さて、今朝もこのカリキュラムで、やる順番は本人に選ばせて学習しておりました。

そのなかで、ふくしま式の国語問題集をやっていたときのことです。

主語を選びなさいとか、述語を選びなさいとかいう問題でした。

桃太郎が答えを間違えた問題がありました。


間違えたので、すかさずそれを教えようと、説明を始めました。

ワタシは教師や塾講師ではないので、教え方がヘタなのもあると思うのですが、
(たぶん回りくどい^^;)


すると、いつも通り、桃太郎が「逆ギレ」したのです。

普段は、話にならないので、私も対処の仕方がどうにも分からず、

ついついそのままにしてしまっていたのですが・・・・。



今朝は、この子はなんでワタシの説明を聞いてくれないんだろうと悲しくなりました。


桃太郎は、何度も書いていると思いますが、失敗を極度に恐れます。

酷い時は間違ったことを認められず、事実を捻じ曲げてしまうほどです。


今日も、私が間違いを指摘し、説明を始めたとたんに、

(ほぼ2択のような問題だったので)答えを消しゴムで消して、書き直し、

『オレは自分でやりたいんだ!なにも言わないで!』と。

すごい形相でにらみつけ、私の説明を拒絶します。



それでは、何もわからないままじゃないですか。

正しい答えに書き直しただけじゃ、なにも分かったことにならないじゃないですか。

そこにどんな学びがあるんですか?

今やっているのはテストではないのです。

満点を取ればそれでいいのはでないのです。

理解を深めるための問題集です。道具です。

だから分からないところには解説が必要です。


もちろんワタシの解説など、学校の先生や塾の先生に比べたら、
取るに足らないものかもしれません。


でも、桃太郎は、それを聞こうとすらしないし、
そもそも間違ったこと自体を認めたくないのです。


いつもはここで大喧嘩です。

すると、桃太郎が決まって、

『お母さんが、怖い声で怒って言うから・・・』


と言います。

しかし。

ワタシは、普段と同じ声で、同じ口調で説明しようとしているだけなのです。

これは、以前に夫が一緒にいた時も同じ状況になったので、

客観的に見てどう思うか聞いたら、

たしかに私は間違っていないと言うことでした。


要するに、桃太郎は、間違いを指摘され、私のクドクドした説明が始まると
耳がシャットアウトされ、
大声で逆ギレするので、
ワタシも『話を聞きなさいっ!』などど大きな声を出さざるを得ず。
それが悪循環になってしまうのでした。



今日は。
桃太郎が逆ギレした時点で。

どうしてこの子は間違いを認められないんだろう。
話を聞けないんだろう。
分からないことを分かろうとしないんだろう。
分かりたいと思わないんだろう。

そう思うと、泣けてきました。


そうです。泣いたのはワタシです^^;

涙があふれてとまりませんでした。


そうして。

『どうして、説明を聞いてくれないの?』
『答えを直したって、どうしてその答えになるのか分からなかったら、ずっと、わからないままじゃないの。』
『丸をもらえたって、わからないままじゃないの。』
『ずっとわからないままでいいの?ずっとわからないままいくの?』



決して泣き脅しを使った・・・とういうことではなくて、
ずっと、桃太郎のこの性格を、どうしたらいいか悩んでいたので、
自然に涙が出たのですが、


母の怒鳴り声ではなく、鳴き声と涙に桃太郎がびっくりしたようです^^;

びっくりしてひるんでましたね^^;

『やばい』と思ったみたいです^^;


『話を聞きなさいっ!』と、怒鳴られるより、数倍の効果があったみたいです^^;


『お母さん、ボク説明聞くよ。』
『僕、主語がどれか分からない。』
『教えて。』
『一緒にかんがえよ。』


どうやったら、母が泣き止むか必死で^^;



さて、私はティッシュで涙を拭いて、

そのあと、説明する前に、


『100点取るのがいいんじゃないよ、全部丸がもらえるのがいいことじゃないよ。』
『間違ってもいいんだよ。お母さんは間違っているのを怒ったりしないよ。』
『間違った所は説明をきいてちゃんと分かるようにすればいいんだよ。』
『わからないことを分からないままにするのが一番良くないよ。』

神妙に聞いておりました。

そして最後に『わかった。』と言いました。


今後は、間違いを指摘されても、間違ったことを気にせず
素直に説明を聞いてくれるでしょうか・・・

少し成長できると良いなと思いました。




子育て暦9年半。まだまだ毎日が試行錯誤です。




               (桃太郎9歳8ヶ月)
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドリルをいくつか買い足しました。
2014-02-25 Tue 08:30
春休みに向けて、市販のドリルをいくつか買い足しました。


今の所、平日はほとんど学校の宿題のみしか『学習』と言うものをしていない桃太郎です。


最近、宿題を終わらせる速度が集中できれば速くなってきていて。
(集中できずに一問ごとにどこかへ行ってしまうこともありますが^^;)


計算ドリルだと5分程度。

漢字ドリルでも10分程度で終わらせてしまいます。


漢字や計算のドリル程度の問題は、ほとんど間違えたことがなく、


漢字の小テストもほぼ満点で通しているので、


宿題の量はこの程度でOKと思っているのですが・・・・



最近、何度か書いているように、

なかなか自分から外に遊びに行くことも少ないし、

家にいればビデオかゲームばかり・・・で、


なんとなく、その状況に


私の頭の中で『イエロー信号がピカピカ』し始めまして^^;


本当に、このままで良いのか?!と。



学校の宿題は言われなくても出来るので、その辺りは

自分とは違ってキチンとしていると思って評価しているのですが。



それにしても、机に向かう時間が少なすぎないか?

よく考えてみると、3年生の家庭での学習って何分くらいが適当なんだろう?とか。

色々考え始めまして^^;


いや、毎日元気に外に飛び出していって遊びほうけているなら文句はないんですが・・・

たまに出て行ってもお友達のゲームを覗き込んで・・・って状況なので^^;


だったら、家で勉強してたほうが、まだマシじゃないの?!


と、思うわけです(TT)



で、まあ、普段の平日に出来なければ、宿題の無い春休みにやれば良いかと言うことで。

いくつか購入しました。



今回は、国語の問題集を中心に選びました。


なぜ国語かと言うと、


桃太郎は本をよく読む割には、読解力に乏しく^^;
また、表現力に至っては絶望的で^^;

先日、授業参観があったのですが・・・

自分の意見を発言するときの表現もイマヒトツだったため・・・


補強すべきは国語だ!


と、強く感じたからです^^;



学校から返されるテストを見ていても、

計算や、漢字、また理科社会の選択問題などは手堅く点を取るのですが、

自分の言葉で説明しなければならない問題だと、

言葉足らずで△をもらったり『惜しい』と思うことが多々あります^^;


今後、国語、理科、社会で作文力が絶対的に必要になってくると思われるので、


今のうちに、手を打っておこうということです。






ドリルをいくつか買い足しました。の続きを読む
関連記事
別窓 | 市販のドリル&ワーク | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
囲碁か将棋か。
2014-02-20 Thu 17:04
結論から言うと。

買いました^^;

『おおきな森のどうぶつしょうぎ』

まあ、ぶっちゃけ、まんま将棋ですわ^^;


絵がかわいらしいだけで。


どうして、買うことになったかといいますと・・・

まあ、さくらのはっぱは、 DJQOOさんのコメントに背中を押された感じになっていたんです。


ただ、桃太郎の熱がその時はやはり『ヒカルの碁』の影響で、

囲碁の方にかなり向いていたんですよ。

で、我が家には囲碁の相手を出来る者がひとりもいなくて^^;

本人は本まで借りてきて勉強するんですけど、

なんせ相手がいないので、実践に至らない^^;

でも、せっかく興味をもったんだからと・・・

街のHPをチェックすると囲碁クラブがあるらしい・・・
(そういえば街のイベントで囲碁教室とかやってたよな・・地味に^^;)

で、いつどこでを確認し、実際に足を運んでみることにしました。

行ってみると、10人弱位のおじちゃん(いや、おじいちゃんと言った方が良いか^^;)達が、
タバコをふかしながら対局しているわけです^^;

私はこの時点ですでにうわーっとドン引き^^;

でも、桃太郎はグイグイ食いついて見入っています。

そして、桃太郎は、手つきもおぼつかないおじいちゃんに教えてもらうことになりました^^;

その間に私は情報をチェック。

年会費2000円・1回来るごとに30円。
やってる日は月曜日を除く毎日!!

値段は安いです。教室ではなくクラブですからね(*^_^*)

ただ、平日は13時から16時半までなので、ほとんど行けませんし、
土曜日は習い事が入っています。
日曜日は唯一何もない日なので、家族で出かけたりもしたいし・・・
試合のある日もあるし・・・・

そうすると、それほど行ける日は無いのかなと^^;

しかも、ママはタバコの煙が気になります^^;


なんとなくのルールを教えてもらって、ご満悦の桃太郎。
『明日も行く!』と、大ゴネ^^;

ここはパパが何とか説得。
英検5級が合格していたのをネットで確認していたので、
そのご褒美として『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買ってあげるから、
将棋なら、お父さんも少しは出来るし、おじいちゃんも上手だから、
それで我慢してくれないか?

って、男と男の話し合いになって、
まあ、桃太郎も納得してくれたみたいです^^;


そして、その足で『おおきな森のどうぶつしょうぎ』を買いに本屋さんへ。。。。

ついにお買い上げとなったわけです。


ただ、囲碁熱も冷めたわけじゃなくて。

今は、『ヒカルの囲碁入門』

(↑これ、児童書じゃない所においてあるなと思ったら、
     振り仮名が付いてないんですよぉ(T△T))


と、


児童書コーナーでも一冊借りて熱心に読んでいます。


囲碁クラブに見学に行ったときも、
ママが知らない囲碁用語「アタリ」「生きる」「死ぬ」を桃太郎が連発。
意味わかって使ってんの?!と思ったら、ちゃんと意味分かって使ってました。
びっくりするわ!
ヒカルの碁を読んだだけではルールは覚えられないから(ママがそう^^;)
かなり囲碁の本を読み込んでいると見た。

で、今も勉強中。



借りた本の一冊に、
『囲碁なら盤や石がなくても、
とりあえず、紙に線を引いて、
えんぴつで黒白の丸を描きながら対戦できる』
とあったので、

そのアイデアいただき!で。
囲碁は当面、紙でやればいいやと。

とりあえず、家では将棋(どうぶつしょうぎ)を。

囲碁は「春に街のイベントで『親子囲碁教室』をやりますよ。」
との情報をクラブでもらったので、
それに参加して、親子で基本を覚えて、
それでもやりたくなったら、クラブに入ろうか。

・・・・という話になりました^^;

結局、まだ家では囲碁はやってないんですけどね^^;

しょうぎのほうは・・・

まだ別の記事で書きますね。

当分ブームは続きそうです♪

まさか、こんなにハマルとは予想外でした♪

でも、1人でピコピコDSやってるよりはよっぽど良い!!

ママもご満悦です♪(*^_^*)


これもいいかなぁと思いましたが・・・
あれもこれも一度には買えませんよっ!!^^;
                  (桃太郎 9歳7ヶ月)
囲碁か将棋か。の続きを読む
関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
竹でパンを焼くイベント。
2013-07-05 Fri 13:58
この日曜日は、自治体主催の『親子自然教室』に参加してきた。

いつもお金の話をして恐縮だが、1家族の参加費200円、材料費500円で、合計700円。


実は毎年恒例のイベントなのだけれど、
竹やぶで行われる・・・というのが、なんとなく、やぶ蚊を連想させるのと、

メインはパンづくりなので「私は料理は得意じゃないし・・・」
と、色々理由をつけて敬遠してきたイベントだった。

今回も学校からチラシを持ち帰ったのを見たが、スルーするつもりでいた。

ところが、お友達のママが、昨年参加したらしく、
「自分で火を熾したりね!すっごく楽しいよ♪おすすめ!」
と、言ってくれたので、

おっかなびっくり参加することにした。


申し込みは家族単位だったから、パパの仕事の都合は分からなかったけど、
一応パパの名前も入れておいた。

さて、当日はパパもお休みだったので、3人で参加。

チラシにはざっくりとした内容しか書かれてなかったのだけれど、
当日渡されたスケジュールを見て、びっくり。

かなりの勢いでアウトドアなイベントだった^^;

さすが「自然教室」と名づけているだけの事はある。

後から考えてもパパがいなければ無理だったと思う^^;
竹でパンを焼くイベント。の続きを読む
関連記事
別窓 | 8歳の桃太郎 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
3年生春からの習い事
2013-03-17 Sun 11:36
習い事ですが・・・・

結局、通うタイプの習い事は淘汰できませんでした^^;


■月曜日:学校はたぶん5時間授業:15時半ごろ帰宅予定

●英語●
17時20分から18時10分まで(50分間)
(家から徒歩5分以内:送迎のストレス無し)
年間40回
月謝:3000円
教材費:年間 約4500円



※二年生は6時間授業だったけど、三年生は5時間になる予定だから
時間になるまではたっぷり遊べる予定♪
夏場は英語のあともそのまま遊べる♪・・・かな?
※その英語も遊びの延長のようなものだけど^^;

他では絶対にありえない金額設定が魅力♪(*^^*)



■火曜日:5時間授業:15時半ごろ帰宅予定

●創造教室●
16時半から17時半
(60分・・・と言いつつ18時過ぎまで押してしまう^^;)
(家から徒歩5分以内:送迎のストレス無し)
月謝:4000円
教材費:半年6000円
※意外と遊ぶ時間が無い。

けど、内容が、教室と言うよりは、
遊びの延長みたいなものなので、よしとする。
広い場所でダイナミックに創作活動させてもらえるので♪






■水曜日:学校はたぶん6時間授業:16時半ごろ帰宅予定

●習字●
16時半から18時まで(90分)
月謝は今は2000円(硬筆のみ)


※今後、硬筆と毛筆両方になると、月謝は上がる。
※学校にピックに行って教室に送るか、
帰ってくるのを待って、少し遅れて教室に行くかが悩みどころ。
(車で5分程度の距離の場所だが道が泣きたくなるほど混むのがストレス)
※まったく遊べない日になりそう。
※宿題が漢字の書き取りだったりしたら大変そう^^;


■木曜日:学校は5時間:15時半頃帰宅

●そろばん●
19時から20時まで(60分)
(徒歩5分以内:送迎のストレス無し)
月謝:2500円


宿題をやっても遊ぶ時間はたっぷりある。
18時には夕食を食べ始めるようにし、
帰ってきたらお風呂に入ってそのまま寝る。
(今は、録画したポケモンを見るのが習慣になっている・・・^^;)



■金曜日:学校はたぶん6時間授業:16時半ごろ帰宅予定

●平日で唯一習い事の無い日♪


■土曜日:学校は休み

●親子体操教室●
10時半から12時まで(自主的な準備体操を含めると約120分)
月2回:月謝:2500円
保険:年間800円




●ホッケー●
13時半から15時半
月謝:4000円
保険他:年間1100円

※体操のある日はつらいらしい(笑)


■日曜日:学校も習い事も無い日♪




しかし、こうして書き連ねてみると、
もし通信教材とか受講したとしても、

いったい何時やるの?って感じがします^^;

今は無理!!

と、言われてしまいそう^^;
それを、苦無くこなしていく子どもが、

中学受験も軽々超えて行く子なんだろうと思う^^;


だから量は必要ないな・・・という印象。

作りためたわからん帳を少しづつ復習してくってのはどうだろうか?
それか、わからん帳で見えてきた苦手分野に特化した問題集をやるとか・・・^^;

学校の宿題も良問少なめでお願いしたいものだ・・・


ちなみに月間で掛かる費用は全部合わせても18000円。
書道が毛筆に移行することで月謝が上がっても月に1500円位なので、
それでも2万円でおつりが来る。

「沢山習っているね!」と驚かれるけど、
安価なものばかり選んでいるので、家計にそれほど負担はない。
(我ながら上手に選んだものだと思う^^;)
約3万円の月謝を払っていた幼稚園時代の方が、
経済的にはきつかった^^;
一人っ子だから出来るとも言えるかもしれないけど。
3年生春からの習い事の続きを読む
関連記事
別窓 | チョットだけお金をかけて・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |