お金をかけないで幼児教育したい! 靴
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「はきもの」と足の話。
2016-09-29 Thu 17:04
おひさしぶりです。

唐突ですが、履物には結構こだわってきたつもりなんです。

でも知らず知らずの間にやってることがズレていたんですねぇ・・・。



とあるスポーツ用品店に用事があって出かけた時のこと。

たまたまシューズメーカーの販促イベントを展開していました。

足のサイズなんかを測っていただけるとのことで、家族揃って参加しました。

結果は・・・・

桃太郎の足が一番まともでした。

でも、立ち方のバランスが良くない傾向にあるので気を付けてくださいとのこと。

サイズはその日23センチのクロックスを履いていたのですが、

実寸で24センチ。靴は25センチを履いてくださいと言われました!!

ええええ!!

桃太郎には、最近24センチのスニーカーを買ったばかりでした(´・ω・`)

以前シューフィッターさんに見てもらった時はナローゲージと言われていた足幅も

広めですね。3Eを選んでくださいと。

ええええええ!!!

子どもの足は成長途上なので、まあそう言うことはあり得るかと最終的には納得しましたが。

そして、パパは以前も指摘されていた通り、相変わらず特殊な足で。

劇的なナローゲージ。市販の靴では規格がありません。

日本で一般的に売られているのはE~3Eくらいですが、

パパの足はA~Bですって言われました^^;

完全に規格外の足!!

何を履いても足が靴の中で動いて安定しないので、インソールを入れるのが必須。

立ち方のバランスも良くなくて、3点で支えるのが理想らしいのですが、2点で支えていると言われていました。

足のサイズもいつも購入しているものではやはり1センチほど小さいのだとか。

まあ、靴はデザインにもよるところがありますけどね。

そして、最後は不肖ワタクシさくらのはっぱ。

足のサイズはほぼピッタリ。いつも23.5cmを履いてますが、

実寸は23センチくらい。で本当は24センチの靴を履くのが良いらしいが、誤差は少し。
(そういえば、太ってた頃は24センチを履いてましたねぇ^^;)

足の幅も標準の2Eサイズ。

しかし・・・立ち方のバランスが・・・・^^;

完全に後ろ重心になっているらしくて。

(後ろ重心か調べるのは簡単。後ろで両手のひらを上向きに軽く組んで組んだところを上から誰かに押してもらって、
我慢できずに倒れるようなら後ろ重心です。)

そのイベントはインソールの販促イベントだったので、ガッツリインソールを勧められました(;´Д`)

実は私たち家族、前にも記事に書いたと思いますが、

3人ともインソールは入れているんですよね。

まあ、イベントで見たメーカーの物よりは、ずいぶん安いヤツですけど。

その日は買う気はなかったので、計測の結果だけもらって帰りました。


そして、それから数週間後。

桃太郎の習い事用の靴が小さすぎるという話になって、同じスポーツ用品店へ。

靴売り場のお兄さんに相談すると、しっかりと見てくれました。

しかしながら、子どもの場合はやはり成長途中なので、

靴やインソールでどうこうするということはなく、

それよりも、その日も履いていましたが、クロックスを普段履きするのをやめて、

鼻緒の付いたビーチサンダルを履かせた方が、よほど効果があります。と、言われました^^;



ここでもまた、

えええええ!!!

クロックスダメなの?!

実はクロックスお気に入りです。

濡れても平気だし、素材が良いから素足で履いてもサラッとしているし、

何より軽いし!!

でも、立ち方のバランスとか、力のいれ方、踏ん張り方を考えると全然ダメなんだって。

そういえば、ワザワザ鼻緒の付いた草履を買って履かせていたこともありました。

なにかと便利なので最近はサンダルと言えばずっとクロックスばかりでしたが。

(実は我が家は室内履きもクロックス^^;)


はい、桃太郎に関しては、後日『下駄』を買いに行きましてですね。

はい、夏も終わろうとしてますが・・・っていうか暦の上ではとっくに終わってますが、

今も素足に下駄を普段履きにして過ごしております。


下駄のまま自転車にも乗っちゃいます!(* ´艸`)クスクス


さて、話を戻してまして・・・・

靴コーナーのお兄さんにシッカリチェックしていただいて、新しい靴を決めた後。

レジに行く前に、健康器具コーナーがたまたま目に入りました。

流行りの腹筋ワンダーコアとか散々に試して遊んでいますと。

先程の靴コーナーのお兄さんが通りかかりました。

実は、靴を選んでる間に、足の測定をしてもらった話などもしてまして、

私が一番立ち方のバランスが悪いって話もしてました。


で、私の顔を見るなり、スススーッと寄ってきて、

一つのおせんべいみたいなイボイボボールを差しだして、

『お母さん、コレに乗って立ってみてください。』

ふわふわしていて、見るからに乗れそうにありません。


(バランスボールを潰したみたいなヤツ。)

おっかなビックリ乗ってみると、

フラフラして立てるわけがありません。

すぐにバランスを崩して落ちました(*_*;

『こんなの無理に決まってるじゃん!』と言うと、

店員さんが

『いえ、普通の人は乗れますよ。』

と、涼しい顔をして言うではありませんか!

『うそぉー!!じゃあ、桃太郎乗ってみて?』

ふらつくこともなく、スッと乗りました。姿勢よく起立しています。

『うそぉー!じゃあ、パパ乗ってみて?』

これまたスッと乗れました。安定したまま立っています。

『こんなの普通だって。』と冷ややかに口走るのはパパ。

おかしい。

もう一度乗ってみました。

やっぱり私は乗れません(´・ω・`)

すかさず店員さん。

『お母さんは、コレを洗面所に置いて、毎日歯磨きしながら乗るのを習慣にすると良いですよ。』

『お母さんは後ろ重心で、反り腰になってるんです。いつか腰を痛めますよ。』
(すでに腰痛には悩まされています^^; てっきり疲れ目から来ていると思ってた。)

『普段からダラッと立っていて、内股に力が入ってないんです。これに乗ると筋肉が鍛えられます。』

『それで、後ろ重心が治りますよ。』

『このまま放置すると、腰痛になります。』

即購入しそうな説得力でした。

しかし、頭を冷やして考えることにしましたので、その時は買いませんでした。

でも、今は買っとけばよかったと思っています^^;

スポーツ用品店は定期的に用事が出来て行く店なので、またの機会には買ってるかもしれません^^;

とにかく、桃太郎のために~とかって今までやってきましたが、

実は、自分が一番悪い状況だったって言う・・・^^;

笑えないです。

私は若い頃からハイヒールが苦手で上手に歩けないんですけど。

自分がハイヒールが苦手な理由はこの重心というかバランスの悪さにあるのかもと思ったりしました。

私も今のクロックスが悪くなったらクロックスはやめようと思います。。。

今は、意識して重心を前に置くようにしていますが、
今まで反り気味の姿勢に慣れているので、倒れこみそうで怖いですし、
意識すればするほど、内腿に力が入って筋肉痛になるという・・・

悲しい事態に陥っております。


しかしながら、足は大事なんですよ。

履物には気を使いましょう。

ああ。私が書いても説得力ないなぁ・・・。
「はきもの」と足の話。の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ママのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
靴選び&靴の履き方の話
2013-11-12 Tue 13:55
街の健康フェアで靴のドクターという人に、靴のチェックをしていただいた。

桃太郎も、パパも、私も。


3人とも、たまたま、比較的新しい靴を履いていて、それもすぐに見抜かれましたが・・・


まず、桃太郎から。

担当者は、桃太郎の靴を脱がせて足を見るなり、
『この子は、大きくなったら大変だよ!』
と、言います。

桃太郎の足は、日本人にはない、西欧人のような足なのだそうです。

日本人の足は、甲高で幅広なのだそうですが、
桃太郎の足は、足の縦の長さに対して、横幅が細身で、甲が薄いのだそうです。

実寸は20.5センチくらい。
で、その時、桃太郎が実際に履いていた靴が、22センチ^^;

もちろん、靴売り場で実際に履かせてみて、歩かせて、選んだ靴です。

ですが、中敷(インソール)を出してみると、つま先寄りに靴を履いていて、
踵側が空いた形で履いていると分かります。
(これは、すぐに確認できるので、お子様や自分の靴を見てみて下さいね!)

本来靴は、『踵よりにそろえて、つま先側に空間が出来るのが理想』ですが、
そのように履けていないと言うことです。

桃太郎のように、細身の長い足の人は、幅広の靴だと、
小さめの靴でも履けてしまうので、
サイズが小さい靴をつま先寄りで履いてしまう恐れがあるそうです。

また、そういう履き方の癖をつけると、常に、つま先がきついとなって、
大きめサイズを買うようになり、なればなるほど、足が靴の中で滑ってしまって、
つま先が当たるという悪循環になるのだそうです^^;


さて、じゃあ、それで、対策としてどうしたら良いのか?と言う話ですが、


まず、靴を新しく購入する際は幅の狭いものを選ぶ。
海外メーカー(ブランド)品だと、幅の狭いタイプの靴の種類も、
国内メーカー品よりは種類が多いそう。


現状履いている選び間違えてしまった靴を、なんとかしたい場合には、
中敷を良いものに交換するのが一番だそうです。
厚くてクッション性が高く、
靴の中で足が滑らない物を選ぶ
のが大切。





それでは、お金がかかるから困ると言う場合には、
履き方だけでもキチンとするのが良いそうです(*^_^*)


靴を履くときは、
1.靴に足を入れたら、かかとをトントンして、足をかかと側にキチンとつける。
2.そのまま、靴の紐(マジックテープ)をしっかり絞める。



実際に、私もやってみましたが、履き心地歩き心地が
『こんなに違うのかっ!』
って言うくらい、違いました。


つま先はゆったりしていて、1センチくらいの余裕があること。
つま先が靴の中で自由に動かせる感じ。
靴の踵はしっかり固定できるものがよく、
指などが入らないようにする。

靴を選ぶときに、
『踵に指一本分指が入るくらいの靴』
と、よく言われますが、それは選ぶ時の話。
つま先を前にピッタリつけて、踵に指が一本分入るくらい。

でも、履くときは踵合わせて隙間が無いように履き、
つま先に空間が出来るようにする。

さらに、履いた靴の中で足が滑らないように、するために、
靴の紐や、マジックテープはキツクしっかりと止める。

だそうです。



小さい頃は靴にこだわっていましたが、
小学校に入学して、毎日往復で軽く3キロは歩くので、
靴の消耗が早く、ついつい安売りの靴や、
サイズだけを見て、福袋で買ったりしていたので、

今回シューフィッターさんに見てもらって、
すごく勉強になったし、キチンと選んであげないといけないんだなと思いました。

百貨店などのシューフィッターさんのいるお店で購入するのが間違いないのかも^^;


今回の靴のチェックは健康フェアのなかのワンコーナーで無料だったのですが、
それでなのかどうか?
担当の方は、無愛想でぶっきらぼうな方でした^^;

パパの足を見て、
「この子の足はお父さん似だね。お父さんを恨むんだな。」
ですって^^;
真顔で言うので怖かったです^^;

ちなみに、私の足は細めだけど、家族に中では一番日本人らしい足だそうです^^;





靴選び&靴の履き方の話の続きを読む
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
入学準備【靴】
2011-02-16 Wed 12:28
入学準備がちっとも進まないさくらのはっぱです(*_*;

入学用の靴。
先輩ママからの情報で、瞬足の黒と決めていました♪
(まだ購入していませんが^^;)
店頭ではなかなか見かけなかったり、サイズがなかったりするので、
ネット(楽天ショップ)で購入する予定です。

エナメルや、ローファなどの、いかにもフォーマルの靴。
入学式以外に履く機会もないし、もったいないですよね。

昨年の入学式は瞬足の黒を買われた家が私の周りでは多かったです。
男の子も、女の子も。




フォーマルにも履ける真っ黒な瞬足


真っ黒だから、スーツに履いても違和感無い。
子供の足はすぐに大きくなってしまうので、
翌日からすぐに普段履き(通学用)としても使えます♪

ただね~。
いま、幼稚園では「バネ(?)」が流行っているらしくて。
息子が『瞬足はもうダメだ。バネの方が速いんだ!』ってゴネています(笑)

もう!幼稚園児の流行ってなんなんでしょうね~。
ホンの数ヶ月前の運動会では『瞬足ボタンを押すと早く走れる!』
なぁ~んて言って、盛り上がっていたくせに。

でも、入学式には絶対に瞬足の黒を履いていただきますからねっ!!

関連記事
別窓 | 入学準備♪ | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
シティマラソンに参加。
2010-03-03 Wed 10:41
2009年の秋は、電車を極める?目的もかねて、
沿線ハイキングにたくさん出かけました。
交通費(電車代)はかかりますが、
逆に交通費だけで1日楽しめます♪
子供にはお土産つきだったり。抽選で景品がもらえたり。

参加者は年配の方が多いですが、
ファミリーや、電車好きの幼児や小学生が、じじばばと参加する姿も
チラホラ見られます♪^^



さて、ハイキングでは、平坦な道なら10キロでも余裕で歩けるほどに
体力がついてきた桃太郎です♪

2歳の頃から毎年、3月は街のジョギング大会に出場しているのですが、
昨年はパパが急遽仕事になってしまい、ママがひとりで付き添いました^^;

1.5キロをぶっちぎられて、
ゼーハーしながら歩いて追いかけた
イターイ記憶があります。

そして、今年は・・・・・

シティマラソンに参加。の続きを読む
関連記事
別窓 | 【番外編】節約レジャーの知恵 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
冬のスポーツ♪
2010-03-02 Tue 12:07
冬季オリンピックも終わり、もう春はすぐそこですが、
今日は冬のスポーツネタを^^;

この冬はスケートデビューしました♪

ママが幼稚園のスケート教室に、お手伝いでついて行ったのがきっかけです。

5歳、6歳でもはじめてのスケート教室で
リンクで立てる、歩けるようになる。
男の子で怖いもの知らずな子なら走れるように、なる!

を、実際にこの目で見てしまったから。

冬のスポーツ♪の続きを読む
関連記事
別窓 | からだをつかってあそぼう♪ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
子供の靴選びのチェックポイント!
2008-06-17 Tue 12:45

【壱】つま先のゆとりをチェック!

靴の中で、足の指が自由に動かせるゆとりがあるか調べましょう。
指の運動量は多く、5~10ミリの余裕があれば自由に動かすことが可能。
しっかり指を動かすことは土踏まずの育成につながります。


【弐】かかとの安定感をチェック!

子供は足の骨が未発達なので、指でかかとのバランスの悪さを支えています。
指だけに負担がかからないよう靴選びは、
かかとの周囲に弾力があり、安定している物を選びましょう。

【参】柔らかすぎない素材かチェック!

柔らかい靴イコール優しい靴。と思われがちですが、適度の硬さは必要です。
素材も不安定になっており、柔らかな靴を履き続けると、
将来かかとの骨が外側に曲がってしまうこともあります。

【四】靴の曲がる位置をチェック!

裸足で歩くと、指の付け根が曲がります。
靴も同様で、足と同じ位置が曲がらないと歩く度に足に負担をかけてしまいます。
実際にはかせてあげてチェックするのが一番です。

【五】両足で試し履きしてチェック!

足はそれぞれ左右とも大きさが微妙に違います。
片足だけ履かせてサイズを確かめるのではなく、
両足履かせてみて、実際に歩かせて、違和感がないか調べましょう。

【六】値段やデザインよりも子供の足をチェック!

靴の歴史が長い欧米では、子供の靴選びが成長を左右する事を知っているので、
大人の靴よりもしっかり選んでいます。
安さや、デザインではなく子供の足に本当に合った靴を選びましょう。



健康な身体を作るためには、まず健全な足作りを。
その第一歩として、まず大切なのは、毎日はく靴選びです。
これから大事に育まなければならない、子供達の足にとって、最大限に注意を払わなくてはなりません。
偏平足や外反母趾などの障害を防ぎ、大人になって困らないようにするために、
大人の靴のコピーではなく、子供の足の成長を第一に考えた、正しい子供靴を選んでください。

注)上の文章は(株)丸紅フットウエアの『タールス』という「健康系こどもぐつ」の冊子をもとに作成しました。


この春、入園式を迎えるにあたって、我が家では桃太郎の靴を買うことになりました。
なんと!一年近く前に買った靴を履いていて、中のインソールも穴が開いてしまい^^;
入園式はピカピカの新品の靴で迎えたいと思い、靴屋さんに出かけました♪

今まで、アサヒというメーカーの「kenko-kun」と言うシリーズの靴を履かせていました。

今回も、「kenko-kun」でと、決めていたのですが、

最近は、健康系の子供靴も種類がいろいろ出ていて、迷うことになってしまいました^^;

店員さんに聞いてもバイトだったのか、やる気が無いのか?
「お客さんの好みですから・・・・」みたいなことを言われてしまいました(涙)
子供の靴選びのチェックポイント!の続きを読む
関連記事
別窓 | チョットだけお金をかけて・・・ | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
子どもの靴選び
2007-05-31 Thu 18:18
最近、桃太郎に靴を買いました。

足こぎの車(↓こういうのね^^;)で猛スピードで走るため、


ディズニー くまのプーさんハッピーベルディズニー くまのプーさんハッピーベル
()
アイデス

商品詳細を見る

靴はサイズが変わる前に履き潰しです^^;

前々回、買った靴は月星の物で、
桃太郎が自分で上手に脱ぎ履きができる物でした。

その靴に穴が開いたので
前回購入したのは、アシックスの靴でした。

アシックスは歩き始めの頃にじいじに買って貰ったので、
とても履かせやすくて、桃太郎もデザインと色が気に入っていて、
「こっちがイイ!」といつも選んでいたので、
またアシックスにしよう・・・・と、
同じデザインの物を購入したのです。

しかし、15センチのサイズだと、ベビーの頃と、見た目のデザインは似ていても、造りが違うらしく、
とても履かせにくく、もちろん桃太郎も自分で脱ぎ履きが出来ません(TT)
うーん。失敗。
試し履きさせた時に何で気がつかなかったんだろう・・・・・反省。

そして、今回。
アシックスの靴は桃太郎の自立を妨げそうなので、
お出かけ用にして、
普段履きをもう一足購入することにしました。

その靴は・・・・・

子どもの靴選びの続きを読む
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。