お金をかけないで幼児教育したい! 防災
防災講演を聴いて。
2015-01-26 Mon 20:05
昨秋、防災に関する講演を聞く機会がありました。

堅苦しそうで乗り気ではなかったのですが、コンサートと抱き合わせになっていて、
子連れ参加もOK。

しかも、もろもろの事情で費用を負担しなくてもOKって話だったので、
桃太郎と、パパを引連れて行ってきました。

講演された方が伝えたかったのは、防災をし続けること。
堅苦しくなく、明るく楽しく防災すること。

そんなお話でした。


災害と言っても、地震、津波、雪害、豪雨、、雷、竜巻、噴火など様々で、
いつ、どんな災害にあうか私たちには予測もつきません。

なので、臨機応変に対処できること、いろいろな場面を想定して防災活動を行うことを言われていました。

色々なお話や具体的な身の処し方なども指南があったのですが、
私が、一番心に残ったのは・・・


アウトドアなど、日頃から、不便な状況を楽しむ活動を多く経験している子どもや人は、
実際に災害に遭った時に、物理的にも、精神的にも強い


というお話でした。

我が家は、
パパはバーベキューを仕切る程度で、
学校行事のキャンプも保健室で寝たというツワモノ
私も、テント泊はそれほど気になりませんが、虫が苦手だし、面倒くさがりなので、
わざわざ不便な状況に自分を置いて楽しむ考えはないし、もともとインドア派なので、
アウトドアを積極的に楽しむ感じはありません^^;

自然、桃太郎もそういった経験が少ないので、
パパ同様、テント泊は苦手な様です^^;

年に一度くらいは、日常とは違う世界、自然を体感してもらおうと、
半分強制的に^^;アウトドア系のツアーに参加させたりしてますが。

いままでは、ゲームテレビからの隔離、自然体験、自然への興味が湧くように、との目的で、
また、本人の自立、学校とは違う人たちとの学年を超えた交流など、
さまざまな効果を期待して参加させてきましたが、
今回、加えて災害に備えるという意義も見出せると感じました。

私たち夫婦では体験させられないこと、
既存のものに頼りアウトソーシングする形になりますが。
今後も続けて行きたいと思っています。
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |