お金をかけないで幼児教育したい! 課題
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆国調べ☆夏休みの課題
2016-08-06 Sat 12:28
桃太郎。今年、6年生の夏休みは、
秋の遠足に絡めて、一つの国について調べるという課題が出ています。

桃太郎はどこの国を選ぶのかな?と思ったら・・・

オレは決めてる!

え?どこ?

『ネパール』

またー。マニアックなとこを選んだものです^^;

なんでまた、ネパール???と思って理由を聞きましたら。


岳 コミック 全18巻完結セット

↑↑↑↑
こちらの影響でございました^^;

最後ね、エベレスト(チョモランマ)の話なんですよ。
ベースキャンプはネパールから入る。
シェルパもネパールに住んでる。
ヤクが荷物を運ぶ。

調べるならネパールと思ったみたいです。

情報が少ない国なので、取りあえず街の図書館へ。

たくさん本を借りてきました。


ネパール (世界のともだち)
★ネパールの生活がそのまま写真と文章に現れていて面白かったですが、
残念ながらまとめるには難しい本でした^^;
写真をいくつか抜粋してコピーし、使いました。


アジア 1 (新版・行ってみたいなあんな国 こんな国 1) (行ってみたいなあんな国こんな国)
★ネパールについての記述は4ページほどでしたが、言葉も分かりやすく、イラストもかわいらしくて、
また、知りたいこともまとまっていて、この本が、一番役に立ったような気がします。
というか、ほぼこの本の丸写し?!(*`艸´)ウシシシ


イラストで知る アジアの子ども


世界の国旗―国旗・海外領土旗の意味、国の成り立ちがわかる


写真から学ぼう国際理解 世界の家 山地の家 (写真から学ぼう国際理解世界の家)
★ネパールについての記述は少なかったものの、ヤクが荷物を運んでいる写真はこの本からコピーして抜粋。


今がわかる時代がわかる世界地図 2016年版 巻頭特集:地図で読む現代史 (SEIBIDO MOOK)
★こちらは大人向けの本でしたが、情報が多く、また新しくて役に立ちました。
子供向けではなかったため、ルビが充実していないので、読み方を教えたりしました^^;


基本で必須でいれなければいけないと言われている情報は

『国旗・場所・面積・人口・地形・気候』

他にも自分なりに何かという話でしたので、

桃太郎は

首都名、首相名、時差、言語、通貨、民族、宗教、教育についてまとめ、

マメ知識として、

料理、ヤクのこと、ネパール人はみんなティカを付けていること、
ご飯は右手で素手で食べることなどを書き加えました。

指定の四つ切り画用紙に半日でまとめたので、グッタリしてましたが、よく頑張ったと思います。

文字を書くのが苦手ですが、一から文章を考える作文よりは、幾分気が楽なようです。

私は見ていただけですが、ネーパルについて詳しくなりました(笑)

一つのことを突き詰めて調べるのは案外面白いですね(*^^*)
(※これはあくまで私の感想で桃太郎はお腹いっぱいだと思いますが・・・。)

いつも電車のことばっかりなので、良かったです。

ちなみに、自由研究の宿題も出ていて、そっちは鉄道がらみの研究になるようです^^;

こちらも、調べるのに必要な書籍2冊がマニアック過ぎて、街の図書館になく、途方に暮れている私です^^;
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夏休みの課題
2015-08-08 Sat 12:17
夏休みとともに、11歳になった桃太郎です。

毎年、一点必須で提出すべし応募作品の「絵」

例年は「だだっこ創造教室」で描いてきてくれていたのですが・・・

教室をやめてしまった今年は丸投げできません。

教室をやめた顛末にもあるとおり、桃太郎は図工全般が苦手なようです^^;


苦手なものに取り掛かるのは大人でも難しいですよね。

気持ちはわかる。


しかし、提出期限というのもあって、これが始業式ではなく、

出校日までっていうのが圧倒的に多いんですわ(汗)


で、ママとやると取りあえずケンカになるのでー

(・・・ていうか、どんな絵を描きたいかざっくりとした下書きをさせたんだけど・・・

おーまーえーの頭ン中は~っ!!

ってくらいショボ~いアイデアな上に、絵心もないもんだから・・・

それがツイ顔に出てしまってね^^;

グッと飲みこめば良い話なんだけど、まだまだ未熟な母です^^;)



だから、とっかかりはパパと。

どんな絵を描きたいか?とかいくつか質問をした上で、

こんなはどうだ?
こんなは?

とアイデアを出して行くパパ。

同じことを話ししてもママの言うことは素直に聞けないのに、

不思議とパパの言葉は素直に耳に入るみたい。


離れて見守っていると、

二人がそれぞれ一枚づつ画用紙に下書きを始めた。


初日は、なんとか下書きを書き上げた。

何度も消した跡がみえるけどしかたない。

翌日は、背景を残して貼り絵にするって話になっていた。

ふふふっ♪楽しそう~♪

ってことで、私も参戦^^;






モチロン、下絵はあくまで桃太郎。

色紙の色を決めるのも桃太郎。

何色を使うのか聞いて、ちぎっては貼っていく。

面倒なんだけど、これが始めると案外楽しい♪(*^^*)

貼る作業は3人がかり(笑)

なかなかに地道な作業なのでこの日は途中までで終わった。

パパは赴任先に帰り。

数日経ったある日。

さて、続きをと二人で貼り始める。

桃太郎の作品なのでなるべく出しゃばらないようにしたいけど、ウズウズするね^^;

早々と、疲れた~と離れて行く桃太郎を尻目に、

黙々と作業する私^^;

母が、

『アンタ、楽しいんでしょう?』

あれ?なんでバレちゃったかな?^^;

そう!楽しくて楽しくて。

あーもう。これは桃太郎の作品とは言えないな~。

1学期の桃太郎の図工の成績からは考えられない作品になってるよ~^^;

そんなことを思いつつ。

(入賞を目指してやってるわけじゃないですよ!純粋に楽しんでるだけです。あと、気になってるのは納期ね^^;)


そして、また日にちを開けた何日か後。

リビングに新聞紙を広げて背景の色塗りを始めました。

ここでも、いくつかの小競り合いがありながら^^;

まあ、ワタシの理想の色には仕上がりませんでしたけど、

ほぼ色が入って、なんとか作品としての格好がついてきました。

そこへ丁度やってきたのが集金のおばちゃん。

このおばちゃんって言うのが、私の叔母なんですね。

で、リビングに広がった新聞紙の上の作品を見て。

『桃太郎君、上手だねぇ~。』と褒めてくれたんです。

桃太郎も5年生。わきまえているので、素直に喜んだりしません。

私が

『いや~。桃太郎の作品じゃないかもしれないよ~』

というと、察した叔母が、

『じゃあ誰の作品なの?ここんちはもう一人子どもいたかね?(笑)』

『そうだねぇ~、桃太郎と、パパとママの共同作品かなぁ~。』

『でも、だからこんなのが間違って賞なんか取ったらダメだよねぇ。』

そしたらおばさん、真顔で。

『そりゃ~取るわ。』

で、

『私も手伝ったことあるもの。賞、取るよ。』

ですって!^^;


なんらかの賞をとる作品ってやっぱり何かしら大人の手が入っているんだねぇ・・・^^;


実は桃太郎も、1年2年3年と連続で賞を頂いたんだけど、

だだっこ創造教室の先生のアドバイスと手が入ってたもんねぇ・・・

あの頃はそれでもまだ、自分が賞を取った!

って思えていただろうけど、

流石に今回、万が一にも賞を取ったとしても素直に喜べないだろうね。

・・・って、自分事のように喜んだら、その方が驚くかも^^;


でも、今回の件で親が手を出すパターンは案外多いのかもと思ったり。

書道なんかは教室で書いてくるしね。

もちろん先生が書くわけじゃないけど。


桃太郎の友達で、1年生の時に書道で賞をもらって、某スーパーに貼りだされた子がいました。

そのママにあった時に、

『S君すごいね~♪』と褒めたらば・・・

ママが苦い顔で・・・

『コレは、私がSの手を持って・・・・』

ゴニョゴニョ・・・・と。


また、なんでも万能にできると思っていた年上の子がポスターで大きな賞を取って

ずいぶん長い間職員室の前に貼られていたのだけれど、

その子も実は絵画教室に通っていたと知ったり。


もちろん、手を入れたから何でも表彰されるってわけじゃないんだけど、

実際、昨年の桃太郎は先生の手が入ってても入賞しなかったしね^^;


でも、子どもの素材が良くて、そこにオトナの手やアドバイスが入った時に

賞が取りやすくなるんだなと、思ったわけです^^;


個人的なことを言うと、

自分自身は両親が共働きだったし、同居のじじばばもあてにならなかったので、

夏休みの宿題は自分でこなしてましたよ。

手伝ってもらった記憶なんてない。

自由作品だけは、キットを買ってもらったりもあったけど。

それだって、自分から頼んでのことだから。

宿題を見ててもらった記憶がない。

だから、なんで自分で出来ないの?って思うんだけど、

自分は専業主婦だから、やらないと目についちゃうんだよね。

あと、上にも書いたけど、提出期限が昔より近くなってる気がする。


前は、手を出すことにチョットだけチクリと罪悪感を感じていたんだけど。

妹が『私は、お姉ちゃんが手伝ってくれたから、子どもの宿題もガッツリ手伝うよ!』

とか、さっきの叔母の話とか他の例を聞くうちに、だいぶ罪悪感が薄れてきました^^;

近頃は『宿題代行』なんてのもあるらしいしね。

感想文だと、とにかく書くのでいくら。とか、

賞を取るレベルの作品だといくら。

とか、あるらしいです。

ママ友が調べた話なんだけどもね。


そのママは『それを見たら、アウトソースするのに抵抗が無くなった!』

とかで、今年は子ども達を2回で5千円くらいの感想文の講座に突っ込んだらしい。

『家でケンカしながらやるよりマシだから!』ってね。

私も来年はそうしようかなぁ・・・

最近は、

感想文の講座も、低価格の講座から、数回で清書まで仕上げるとか、ピンキリで色々開催されてる。

それだけ、需要があるってことだし、どこの親さんも苦しんでるってことだよね^^;


私も、もし賞を取ったら自力で頑張った子ども達に、ごめんねって思う。

けど

手を出すことに対する罪悪感は減ってきました。


ただ、この子は将来自分で考えて出来る子になるんだろうか?っていう不安はありますけどね。

一人っ子の親は手や口をついつい出し過ぎるのがダメですね~^^;



さてさて、その後作品はどうなったかって言いますと・・・・

下書きに描かれた虹を、黄色、緑、紫の3色で塗った桃太郎の作品にパパがダメ出しをいたしまして^^;

(私は、取りあえず塗れたし、そのまま出せばいいじゃん?って思ったんですが。^^;)

絵の具で描いた虹と雲を塗った上から貼り絵にしておりました。

ですから、ソコソコ完成度の高い絵になりましたわよ~。

これで、賞をとったら、笑います~。マジで。

ナイと信じてますけど・・・・^^;





さあ!次の難関は自由研究です・・・。

とっとと終わらせて、遊びに行きたいよ~う。
うわぁ~~~~ん(;´Д`)
夏休みの課題の続きを読む
関連記事
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
モリモリの夏休み【宿題編】
2013-07-29 Mon 10:35
桃太郎の誕生日が過ぎると夏休みはすぐそこ!


と、言うわけで・・・・


夏休みに突入してしまいました^^;


次の記事に書こうと思っているのですが、遊びの予定もモリモリの桃太郎!
(・・・って、殆ど私が自動的に入れたんですけどね^^;)


遊びの予定ばっかりのところへもってきて、

宿題が去年とは比べ物にならないくらいに増えてます(涙)



と、言うわけで、今日は桃太郎の宿題をご紹介します・・・・



①夏休みの日誌(地区によっては「夏休みの友」とか呼ぶのでしょうか?)
 ●日誌の中の課題
    ※毛筆 1枚
    ※思い出の絵(水彩画)
    ※楽器を作ろう(工作)
 
②音読 プリント2枚、裏表4つの文章

③漢字プリント
  ・小学校1~2年に習った漢字。

④計算ドリル
 ★一学期中に宿題に出されているので、二巡目。
  教材のドリル専用ノートと同じ様式で、問題を写して、計算もして、
  答え合わせもして、
  間違った問題は余白にやり直す。・・・という指示。


⑤漢字ドリル
 ★空白を書き込む。
 ★読みの問題・書きの問題の答えを書きこむ。


⑥応募作品
 ・絵画または工作から一点以上
 ・習字(毛筆)作品を一点以上
 ・読書感想文




今年の学年主任は普段から宿題の量がかなり多いらしくて。

昨年に比べると、急に多くなった印象。

ネックは漢字ドリルと計算ドリル。

確かに、自分らの頃にもあったね。

いつも、苦手な計算ドリルだけが残って、夏休みの最後に苦しい思いをしたっけ。



桃太郎は、成績はともかく、勉強は大好きらしい(笑)

文章題とか読解の問題は苦手だけど、

漢字も計算も好きだと言います。


いつもやる気いっぱいなところが頼もしい(笑)


それでもやっぱり問題の書き写しは、時間を取るので、


今年の計算ドリルの問題は私がノートに書き写すことにしました。

一巡目が自分で書いて、ほぼ満点を取れているので、

二回目は良いでしょう・・・と言う気持ち^^;


その話をしたら、いつも宿題に時間がかかりすぎて困っているママ友達が、
「私も真似して問題だけうつしたよー♪」
と、言ってました。

悪いことを教える、さくらのはっぱです^^;


そのママの感想。

『書き写すの、

すっげーキツかったー^^;』



だよねー^^;


なんで書き込みじゃダメなんだろう?


同じ量をさせるなら、


プリントで、問題が書かれてある、なおかつ余白の多いものを出して欲しいものだ。


大人でも、精根尽き果てるのだから、子どもは尚のことだろう。

集中力も切れるわけだ^^;



さて、遊びに忙しい桃太郎君の計画は、

ママが仕切っていますが・・・・


ドリルや日誌のページ数を勉強できる日数で割って算出。

結果、

日誌は1日2ページ

計算ドリルは1日3ページ

漢字ドリルは1日1ページ


づつやらないと、9月までに終わらないことが判明。

いまは、そのペース配分で毎日コツコツと頑張っています。



このペースより、少し多めに終わらせていくと、

最後に遊べる日が増えるよ!と言ってあります(*^_^*)


習字は課題が最低2枚はあるのですが、

こちらは、書道教室でやってくれるので、

早々と課題のノルマは終わっています。

それでも、提出できる他の課題がまだあるので、

次の教室でも、その練習をしてくれて、清書までやってくれるのがすごい^^;、

ありがたいことです♪(*^_^*)

部屋を汚さずに済んで、とても助かります。

ケンカにもなりませんしね。


工作(貯金箱)は基本不器用なのでパス^^;
時間があって、なおかつ桃太郎がやりたいという気持ちがあれば
どうぞご自由にというスタンス。

絵は、こちらも創造教室で頑張っています。
まだ完成には至っていないし、
細かい作業になると(←苦手なので)集中力が途切れるので、
まだ、下書きの段階ですし、このときばかりは
ほったらかしではやってくれないので、
教室に通っていてもついてないと出来ませんが、

とにかく、部屋を汚さなくても良いのが助かっています^^;

あと、2回ほどで完成の予定。

時間があれば思い出の絵も描けると助かるのですが・・・・

そこまで行けるかどうかは微妙。

学年によっては、夏の思い出の絵や作文は学校の授業に書くようで、

そうしてもらえると、

母のストレスは少なくて済むんだけどなぁ^^;

見ていなければ、気にしなくても済むし^^;

見えるところでやるから、色々な期待や口出しをしたくなるんであってね^^;


日誌の楽器を作ろうは、早々と大好きなギターを完成させたので、OK。
ティッシュの箱と、ペットボトルと、輪ゴムと色ガムテープで作ってました。

工作も、不器用だし、雑だし、評価も悪いんだけど、でも、
本人はとっても楽しそうに作ってます(*^_^*)


懸案は、大物の読書感想文と、自由研究。

感想文は自分もかけなかったから、教えようがないし^^;

自由研究は自由というだけあって、範囲が広すぎてどうしたら良いか途方にくれますね^^;



本人は、そこまで危機感は感じていないようで^^;

親が必死になってる感じで

自分で振り返っても滑稽です^^;




親も色々で、やるかやらないかってところから

こどもに任せてあるっていうおおらかなお母さんも沢山居ます。


そういう人のほうが多いのかな?世の中は。


私みたいな、子どもを監視して管理する親が


子どもをダメにするのかも^^;


うっすらと、そう感じつつ、


でもやっぱりやめられない私です^^;


関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【読書感想文3】07/27のツイートまとめ
2012-07-28 Sat 03:15
senchanpe

朝だー。眠いわ。5時間位しか寝てない。午前中は、感想文の続きをやって、9時からソロバン、10時半からスイミング。子の予定満載♪(*^^*)
07-27 05:57

感想文と言えば、本屋で「感想文の書き方」の本が売られてる。そのまま写しても良いから買った♪って、話してるママがいた。アリ?私的には無し!なんだけど、かといって上手く教えてあげられているかは、微妙…(^^;
07-27 06:01


ママ友が買ったのは、こんなのかなー?
小学校1・2年生の読書感想文―実例作文がいっぱい!小学校1・2年生の読書感想文―実例作文がいっぱい!
(2006/05)
立原 えりか

商品詳細を見る


ラジオ第2 基礎英語1「R16 相手や自分の調子をわかって伝えられた!」 を聞いています http://t.co/5Zq4ys4C #radiru #nhkr2
07-27 06:11

ラジオ第2 基礎英語3「L80 フレッドの旅」 を聞いています http://t.co/XyYO3F8T #radiru #nhkr2
07-27 06:32

子が起きてきました。新聞スポーツ欄を読んでます(^^;
07-27 06:40

感想文で、またケンカ(-_-;)
でも、もう知らないっ!と、放置してたら、なんとか2ブロック書けていた(^^;

続きは、夕方か、明日。一人で頑張って書けたので、褒めておいた。
自分も腹立ちを持続しないように気を付けている。
怒っている自分を子から離れて観察する、感じる→切り替える

07-27 07:53


“書く力”で子どもを伸ばす―親が教えられるよい作文よい感想文“書く力”で子どもを伸ばす―親が教えられるよい作文よい感想文
(2006/07)
樋口 裕一

商品詳細を見る
 
親が教える! 小学生の作文上達法親が教える! 小学生の作文上達法
(2009/07/31)
樋口 裕一

商品詳細を見る
 
お父さんが教える読書感想文の書きかたお父さんが教える読書感想文の書きかた
(2009/09/01)
赤木かん子

商品詳細を見る

私は、赤木かん子さんの本を採用中。

感想文、今朝は2ブロック書いた。通算では4ブロック。で、残り12ブロック。期限は8月20日。自分も嫌だったなーと思い出しながら(^^;「本好き」と「感想文得意」はイコールじゃない!と今でも思う(^^;
07-27 07:59


読書感想文の素材は
ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ
(2005/04/15)
ヘレン・バンナーマン

商品詳細を見る

古本屋さんで500円で購入して何度も読み聞かせ、本人も自分でも繰り返し読んでいる一冊

@SatoshiMasutani 早すぎますかねー(^^;提出は8月20日が最終です。低学年の宿題は半分は親の宿題と思ってるので、自分が早く終わらせたい(^^;でも、今のペースだと毎日やっても盆前位までかかりそうです。一人っ子はつい目が行き届き過ぎていかんですね(^^;
07-27 08:04

@campanula0313 タイムライン追えてないのですが、過剰歯、抜かれたんですね!一年生でも頑張れるなら、二年生も頑張れるはず!(笑)なんか、勇気がわいてきました!ありがとうございます♪(*^^*)
07-27 08:11

蝉豪雨!新しい!でも、まさにそんな感じ(^^; RT @withspur: ラジオ体操のぞきに行ったら、蝉豪雨で耳がオカシクナリマシタ( ̄◇ ̄)ポケー
07-27 08:14

【読書感想文3】07/27のツイートまとめの続きを読む
関連記事
別窓 | 今日のツイート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。