お金をかけないで幼児教育したい! 話
こくごの教科書の音読
2011-09-06 Tue 14:25
1年生、こくごの教科書の音読は、
ほぼ毎日、宿題として出されます。

桃太郎の場合は、学校で読んでいるうちに、
暗唱したり、スラスラと読めてしまうようになるので、
他の絵本を読ませたりと、私が色々代替して、音読カードにサインをしています。

で、やはり絵本の文字だと小さくてマダ読むのが難しいです。
(特に初見の絵本の場合。)
文章が「横書き」になったものも、音読するには少々読みにくいようです。

童話だと、今度は文章量が多くてあきらめてしまいます。


で、始業式にこくご(下)の教科書を頂いたので、
授業ではまだ(上)を使っていますが、
家庭では(下)を使って音読させています。

教科書を使って読むのが、
テンポも速すぎず遅すぎず、
意味を理解しながら読めている様子がうかがえるので、
やはり音読には教科書が適しているのだな。と改めて思いました。

※関連記事※
「音読できない」のは、文字の大きさの問題かも?!


教科書が読み終わったら、宿題の音読用に
なぜ?どうして?かがくのお話1年生なぜ?どうして?かがくのお話1年生
(2009/12/09)
コスモピア

商品詳細を見る


10分で読める伝記 1年生10分で読める伝記 1年生
(2011/04/13)
塩谷 京子

商品詳細を見る


10分で読めるお話 一年生10分で読めるお話 一年生
(2005/03)
岡 信子、木暮 正夫 他

商品詳細を見る


あたりの商品が音読に適していそうなので、
音読の宿題用に調達してみようかと考えています♪^^
2年生用でも良いかもしれませんね。

なぜ?どうして?かがくのお話1年生はアマゾンで中身を(文字の大きさも)確認することが出来ます♪
関連記事
別窓 | スラスラ音読への道 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |