お金をかけないで幼児教育したい! 表現力
「表現力」と「音読」のカンケイ。
2016-04-05 Tue 13:21
桃太郎は国語の読解問題は、

論理エンジンを少しづつさせた結果か?

それともスマイルゼミで教科書の内容を復習するからか?


学校のテストでも学年を重ねるごとに良く点がとれるようになってきました。

漢字は先日も書いた通り、学校での評価は高くありませんが。

まったく書けないわけではないですし、漢字への興味は薄れていませんし、

もちろん読みは完璧ですので、それほど心配はしていません。

習った漢字はこの先どんどん使っていくし、他の教科でも出てくるので、

自然と覚えられるはずだ!・・・と甘く見ています(笑)


問題は文法関連の問題ですが、これは覚えるしかないことなので、

点を取るには数をこなすしかないと思っています。


一番頭を抱えているのが、

最近何度も書いてますとおり、

作文力、表現力・・・・^^;

これが壊滅的で、社会や理科などにも多少の影響が出るほどです^^;

今は多少で済んでますが、先々は大きく影響してきそうな気がします。


こればっかりは、数をこなせばいいとか、

暗記すれば良いとか言う問題ではないので、

どうしたらいいか悩んでいました。

国語専科の塾に入れようかとか、作文の通信講座を受講するかと悩んでいたのですが、



どちらも、本人のやる気が問題と言われてしまいました。

当たり前のことですが、

要するに、本人にやる気が無ければ、意味がないと言うのです。


しかもお金の無駄だと^^;


私が気に入った国語の塾は定員いっぱいで入れません。

そこで、知り合いの塾の先生に少し相談したんです。

そちらで面倒を見てもらえないかと思って。

その時の回答が上のようなものでした^^;


じゃあいったいどうしたら良いか。と聞きましたら。

『一番良いのは教科書の音読だよ。』

という返事だったのです。


どんぐり倶楽部にすっかり洗脳されている私の頭は、

音読は「おそまつ三点セット」の一つだとという思い込みがあったので、

すぐには受け入れがたい思いがしました。

しかも、桃太郎の学校では音読の宿題はほとんど出されないので、

それが時代の流れかな・・・とも思っていましたので。


しかし、その先生が言うには、

『音読と言うのは、遠回りに思えるかもしれないけど、

正しい文章、お手本となるような良い文章を、

目で読んで、声に出して、

それを、自分の耳でもう一度聴いて、

体に染み込ませるのですよ。』


という言い方をされました。

良い文章を沢山音読して、色々な文章を体に染み込ませることによって、

今度はそれらを自分のものとして使いこなせるようになるのだと。


それは、赤ちゃんの時から人間が学習する方法。

『真似て覚える、真似て学習する。』

そんなことに近いのかなと思いました。


絵を描くのも同じですよね。

名作を模写したり、漫画を真似て絵を描いたり。

あとは、興味をもってそれらを楽しく取り組めれば良いのですが・・・。


苦手なものはなかなかと自ら進んでというわけには行きませんよね。

それは、自分を振り返ってみても同じです。

掃除や料理を進んでするかって言ったらノーで。

仕方がないからやっているだけです^^;

だから成長もありませんが^^;


ですがこの際、桃太郎の表現力に関して、

悠長なことを言ってる場合ではありません。

それで、藁にも縋る思いで、

春休み中、音読をさせています。

最初は教科書をと思っていましたが、

学校ですでに精読しているだろうし、

教科書に乗ってないお話でで教科書に近いもの。

と言うわけで、今、やはりあのシリーズから3冊ほど借りています。

  

光村ライブラリーから3冊。
低学年用と中学年用。

『取り組みやすいハードルから始める。』

というのは公文式の考え方を取り入れています(笑)

効果が出ると良いのですが・・・。

この音読と、3行日記は春休みのメニューにも入れていますが、

新学期からも続けられると良いなぁと思っています。


ちなみに音読についてはハードルが低いというのもありますが、

割と丁寧に、感情も込めたりして上手に読めている気がしています。

味わって読むことが出来れば身になるのでしょうね。きっと。

宿題の音読は早口で何言ってるか分からない時もありましたから。

なんでも丁寧にする。って言うのは大事なことなんだなぁ。
関連記事
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
中学校の怖い話と、思考力・表現力
2015-11-20 Fri 15:09
最近中学生のママから色々と怖い話を吹き込まれて、

おっかなびっくりなさくらのはっぱです。


桃太郎の入学する予定になっているのは、

街の公立中学校。

何度も書いてますが県下でも1.2を争う学力の低い学校だとされています。

ですので、街でも優秀な子はたいてい私学受験をされるようです。
(ラ・サール中へ行った子がいるという話は以前に書きましたね。)

優秀でなくても、難関校でなくても、私学の方が安心と受験させる家庭も後を絶たない様子。

それは、『学習をする場である。』という環境を求めてなのかもしれません。


我が家は自信があるわけではありませんが、

最初から中学から私学へ行かせる予算はありません。

最も近い難関私学へ通塾なしで、受かるなら、そして本人が行きたいなら、

受験しても良いよと、言ってますが、

桃太郎も多くの友達と離れてまで、別の中学に行きたい!という気持ちは無いようです。


ですので、なんとか公立中学で頑張ってほしい。

色々な意味で。


怖いと言うのは、

まず、私が通った時代からは考えられないほど中学のレベルが低下しているということです。

私の時代も中学は近隣地域の中では学力が低いと噂されておりました。

それでも、学年の半数が私の通ったとなり街の進学校へ入学しました。

上から数えて半数ではありません。学年の半数です。

もっと出来の良い子は少数ですが高校から難関私学へ編入したり、

都市部の難関進学校や高専などへ行きましたので。

しかし、現在、私の通った高校は当時と比べるとレベルがかなり落ちたと噂され、

近隣のレベルの低かった高校に偏差値で追いつかれているのですが、

現在その学校を受けるには、学年中4分の1以内の順位にいなければ入れないそうなのです。

もちろん、上位の子は他の難関校を目指すので実質では数えるほどの人数しか私の母校に入れないという計算です。

子どもの数も減ってますしね。

母校の半数が通った高校が、高校のレベルが下がったはずなのに、

なぜか昔よりも狭き門になっているということです。


そして噂レベルでは学校の学力が低いので、

例えば同じ受験生で同じ点を取った者のうちの一人を落とさなければならない時、

同じ偏差値であれば、ウチの中学ではなく、他校の生徒を選ぶ。

そんな話まであります。

今の中学は内申がオール3だとしても、「オール3マイナス」にしか見てもらえないってことだねと。


とにかく、何が原因なのか学力が低いらしい。

他にも怖い話はあって、

各クラスに1人以上不登校の子がいるとか。

しかも、あきらかな「いじめ」がある。と、言うわけでもないらしい。

なぜだかわからないけど、ずっと学校に来ていない子がいる。

同じクラスの子にはそういう印象らしい。


他にも、昨年の卒業生で、私立高校にも、専門学校にも受からず、

進路が決まらないまま卒業した生徒が一人や二人じゃないとか。

色々なことを吹き込まれたおかげで、

頭の中の中学は怖いイメージでいっぱいです^^;


そして、他人事ではないなと思うのが、実際の学力の話。

桃太郎も前にも書いた通り、すべてに置いて中くらい。普通。

学力もテストだけを見ていていれば、まあまあ取れてるかなと思いますし、

成績表を見ても、中の上くらいに居る?

と、思っているわけですが・・・・。


どうやら、中学はそんなに甘くないらしい^^;

ウチと同じように小学校ではまあまあ点が取れてて安心していた子が

ガックリするような点を取って帰ってくると。


で、そのあからさまな小学校と中学校の差はなんなの?!

というと、

作文力。

国語と言い、理科と言い、社会と言い、

テストで、文章をまとめたり、要約したり、自分の考えを述べたりする記述式の問題が、

小学校に比べると圧倒的に比重が重くなるのだそう。


私もこれにはちょっと青ざめた。


要するに肝心なのは、思考力と、表現力。

表現力と言っても端的に言えば、作文力ってこと。

そこで点を取れないのが悩みだと。


確かに。桃太郎を振り返ると。

国語などは選択問題や抜き出すだけの設問が多いので、最近は点の取りこぼしも減っている。

理科や社会でも、ソコソコの点が取れているが、

いつも、満点をもらえない原因はやはり記述式の問題。

他は全部正解しているのに、記述式の問題で言葉や説明が足りず点を引かれたり、

酷い時は、記述式問題の回答欄がまっさら。

記憶力は悪くないので、選択問題なら答えられるけど、

はなっから自分の言葉で書くとなるとお手上げなのだ。




まさに、思考力と表現力が足りてない・・・・。

小学校の間は比重も軽いので気にならないが、

こういう問題が比重を帯びてくると桃太郎にも中学校は厳しいかもしれない。

しかも、それは、どこの中学に行こうとついて回る問題だ。


かと言って、じゃあ思考力、表現力を伸ばすにはどうしたら良いのか?


私の子どもの頃は、毎日日記の宿題が出された。

それはそれはつらくて、苦行のようだったっけれど。

アレは作文力を上げるのに効果があったのだろうか?


本を良く読む子は・・・ということが話題になるが、

私も本は良く読んだと自負するけれど、

作文や感想文にはずいぶんと苦労させられた。

記述式の問題も苦手だった。


だって、作文の書式と言うか書き方は習うけど、

どんなことを、どんな風に書くかなんて、具体的に習ったことが無いから。

たぶん、今の子どもたちも一緒だろうと思う。

しかも、現担任は中学から来た「数学」の教師だ。期待できそうにない(*_*;


あとは『思い』が無いと書けないと思う。

誰に伝えるにせよ、伝えたいことが無ければ、書けるはずがない。



まっさらな回答欄をみて

『他は全部合ってるのに、なんでココは何も書いてないの?』

と聞いた私に、

『だって、なにを書いたらいいかわからなかった。』

と、答えた桃太郎は、かなりの重症だと思う(;´Д`)


でも、自分も出来なくて、たぶん未だに昇華出来てないことだから、

どうすれば、思考力、表現力が伸ばせるのかが、私にも分からない(´・ω・`)

記憶力と理解力はそれほど悪くないと思うのだけど。

中学で、それだけの比重で表現力が問われるとなると、

今から出来ることはしておきたい気がする。

かと言って、これ以上習い事を増やすのは本意ではない。


本当に悩ましい。

(桃太郎11歳4ヶ月)
********
こういうの良いと思うのだけど、本人がやる気を持って、やらなければ意味がない・・・・



国語力で検索すると、他にも色々な通信講座やオンライン講座が引っかかってきますね。

★★★★

ちなみに、残念ながら現在受講中の「スマイルゼミ」の国語では、
テストに現れない『表現力』は伸ばせない気がしている。



テストで点は以前より良く点を取れるようになったと感じています。

********************
関連記事
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |