お金をかけないで幼児教育したい! 痛み
桃太郎、受難の年末年始【耳鼻科編】
2016-01-18 Mon 21:04
相変わらず、2015年の年末の話で恐縮です^^;

歯が折れてから、でも、まだ修復される前^^;

夕方急に、

『お母さん、耳が痛い。』

とにかく、痛みに強い息子ですので、その表情は真剣さに欠けてまして。

完全に棒読みなんですね。

私も、悪い母親なので、あまり想像力が働く方ではないんです^^;

前回の記事読んでいただいたら分かると思いますけど。

『だいじょうぶ、だいじょうぶ。』

で、つい済ませてしまうと言うかね^^;

けっして虐待とか放棄とかではないですよ!^^;

自分も働く母にそうやって、

『大丈夫取りあえず学校行ってみて。ダメだったら帰ってくれば良いから。』

って言われて育ったのもあるのでしょうか?^^;


さて今回は、真っ先に外耳道炎を疑いました。

私も桃太郎も耳かきが大好き。

ちょっとやりすぎちゃったのかも~と。


中耳炎と言うには、痛みは薄そうだし、

風邪をひいていたわけでもないし、熱があるわけでもない。

大したことないだろうと。

そして、すでに夕方だったこともあって、

我慢できない痛みでないなら、我慢していただこうと(笑)

桃太郎には

『寝て起きても痛かったら、明日の夕方耳鼻科に行こう!』

桃太郎も納得。


翌朝、確認するとやっぱりまだ痛いとのこと。

耐えられない痛み、眠れない痛みではないけど、

でも痛いと。


学校行ってる間に耳鼻科予約しておくから。と言って、

取りあえず学校は普通に行かせる。

中途半端な曜日だったので、

かかりつけの耳鼻科を予約しようと診察券を確認したら、

休診日だった^^;

仕方がないので、少し遠いけど、

桃太郎がもうすこし小さい頃にお世話になってた耳鼻科に行くことにした。

良い先生なんだけど、夕方は道が混むので遠いのは嫌なんだよねぇ。

病院通いが続くと、習い事もことごとくお休みしないとなりません^^;

もったいないなぁ・・・


アレ?なんだかワタシの愚痴になってきちゃったわね(笑)


耳鼻科に行っても、やはり真剣さが足りない桃太郎。

診察の結果は、先生が少し首をかしげながらも、

『軽い中耳炎ですね。』

抗生剤を出されて、まだ痛みがあれば次の土曜日に来てください。と。

薬は飲み薬と、点耳薬が2点。

この朝晩の点耳薬ってのが案外と時間を取られるし面倒です^^;


さて、真剣さや、切羽詰まった感じの痛みはないのだけれど、

土曜日の朝、やはり『耳が痛い。』と訴える桃太郎。

痛かったら来てくださいの指示通り、耳鼻科へ。

先生、またもや首をかしげながら、

『だいぶ良くなってるんですねどねぇ。』

追加で薬を出されて。

飲み切ってくださいと言われて終了でした。


追加の飲み薬を飲んでいる間に点耳薬もなくなり。

痛みも消えておりました。


ホントに中耳炎だったのかしら?

と思うほど、私のイメージする中耳炎とは違うものでした^^;

でもまぁ、軽く済んだことは有り難いことです(*^^*)

桃太郎二つ目の受難の話はこれでおしまい。

大したことない話でしたね^^;

次のお話も、痛みに強い桃太郎の話なので、

相変わらずに劇的な話ではありませんが。

ちょっとレアなケースではないかと思われるので、

記しておきたいと思います。

それは新年明けて3日目のお話です。

       (桃太郎11歳4ヶ月)
関連記事
別窓 | こどもの病気と怪我 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |