お金をかけないで幼児教育したい! 時間
★小学生の睡眠★
2014-01-23 Thu 07:52

一日は24時間です。
ところが、人間の体の時計は、25時間で動こうとしています。
眠ることによって、24時間に体を調整しているのです。
そして、子どもたちにとって、とても大切なこと。
早寝をして、しっかり眠ると、次のようなよいことがあります。

1体が育つ
・・・健康に大きくなれます。

2心が強くなる
・・・イライラしたり、すぐにおこったりしない、やさしい心が育ちます。

3勉強がよくわかるようになる。
・・・眠っている間に、前の日のことが、頭の中で整理されるので、次の日に、たくさんのことを覚えたり、思い出すことができます。


睡眠は、心や体を休ませ、育てます。
そして、寝ている間に、脳を発達させる役割まであるのです。
人間は、毎朝、決まった時刻に起きて、太陽の光をあびると、体の中に「元気ホルモン」が出てきます。
元気ホルモンは、朝の5時から7時頃に、一番たくさん出ます。
そして、起きていないとたくさん出ません。
ですから早寝をして、朝、6時ごろに起きて、太陽の光をあびると、眠っている間に調節された体の時計も24時間にセットされて、元気ホルモンもどんどん出てくるのです。
元気ホルモンが出てくれば、大丈夫。
心も 体も 頭も 元気に 一日を過ごすことができます。


※お子さんの寝起きが悪くて困っていらっしゃるようでしたら,カーテンなどを開けて「太陽の光をたくさん部屋に入れる」こともやってみられるとよいと思います。

※小学生のお子さん達には,9時間以上の眠りが必要だといわれています。起きる時間から逆算すると,午後9時には寝ることがよいかと思います。
 高学年になると,それもなかなか難しいことですが,出来る限り近づけるように心掛けさせてあげてください。




桃太郎の就寝時間の目標も9時。

努力目標ですが、なるべく、寝る一時間前にはテレビやゲームをやめ、
9時前には布団に入るようにしています。

朝は、夏ならカーテンを開け、
冬場は日が無いので、6時頃に寝室の電気をつけるようにしています。
(ママは寝坊なのでパパが^^;)

今は、寒いし暗いしで起きてくるのは6時半頃が多いですかね。
6時半を過ぎると、私が起こします。

なかなか起きれない日は前日を振り返ると、やっぱり夜更かしした日が多いです^^;
関連記事
別窓 | お金をかけずに(無料・タダ)できること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やっぱりやめます。【進研ゼミ1年生】
2010-06-22 Tue 10:33
春から続けてきた進研ゼミ小学講座ですが、
色々と考えるところがあって、やめることにしました。

やはり、先取り学習にブレーキをかけたのは
どんぐり倶楽部」のサイトに出会った影響が大きいです。

どんぐり倶楽部の問題には時々・・・というペースで取り組んではいますが、
本格的に傾倒した・・・と言うコトではマダありません。

でも、読みかじったサイトの記事や糸山先生の著書の内容は
共感&納得できるものが多く。


少し前から桃太郎には「コラショやめようか?」と言ってきました。
桃太郎は付録やごほうびが嬉しかったり、
自分宛てに教材や赤ペン先生の返信が届くのが楽しみだったりしたので
「やめたくない」と言っていたのですが、

6月号に入って「勉強しようか?」と促しても、
「幼稚園から帰ってからにする」とか「明日にする」という発言が増えてきて
しかも、ドリルは(どんぐり倶楽部の影響を受けた)私の判断で
やらなくていいということに決め、テキストだけ取り組むことにしたのに、
それでも毎日延ばし延ばしにしてやろうとしません。
(私も別に押し売りしているわけではないので、やらないと言えば無理にはさせません。)

パパはコラショ派でしたが、この様子をみてさすがに、
受講料がもったいないと思ったらしく、
桃太郎を説得してくれました。(笑)

桃太郎にとってはやっぱり問題が難しかったのかもしれませんね^^;
説明を読めば理解は出来るはずだと思うのですが、それをしようとしない。
(本人にその気がない時に学習しても身にはなりませんしね^^;)


結論から言うと、
とりあえず、こどもちゃれんじの「じゃんぷ」の
「知育プラスコース」と「好奇心プラスコース」をやることにし、
「小学講座はやめる」ことにしました。
やっぱりやめます。【進研ゼミ1年生】の続きを読む
関連記事
別窓 | 通信講座学習★小学講座 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
時計の理解徐々に進む?
2010-04-21 Wed 12:48
時計は、だいぶん読めるようになってきました。

↓↓公文のドリルは滞ったままですが、
とけいおけいこ―5・6・7歳 (2集) (かず・けいさん (8))とけいおけいこ―5・6・7歳 (2集) (かず・けいさん (8))
(2004/10)
不明

商品詳細を見る


このドリルのおかげで、1分2分といった概念が理解できたように思います。

もちろん、普段からの「声かけ」は、ずっーと心がけています。
時計を見せながら「あと5分で○○しようね。」とか。
(私の中では、むしろドリルよりこっちがメインと考えています。)

園でも年中さんの後半からは時計を気にして行動することが求められていたらしく、
桃太郎も、「あと何分で、何時?」と、時計を気にすることが多くなってきています。

10分、15分は知らない間に読めるようになっていました。
30分を過ぎると、まだまだかなり怪しいのですが^^;

「あと2分で4時半だね」「今、7時1分だね」
などと、細かいことも言うようになりました。

これらは公文のドリルのおかげかな?と思っています。

いまは、コラショに必死で、全然ドリルが進んでませんが^^;


↓↓くもんのドリルが終わったら、次はコレを買おうかな?と思っています^^
学年に関係なく、系統的に段階的に時計と時間の学習が出来ます^^
徹底反復陰山メソッド時計と時間プリント小学校全学年 (コミュニケーションMOOK 陰山英男の徹底反復シリーズ)徹底反復陰山メソッド時計と時間プリント小学校全学年 (コミュニケーションMOOK 陰山英男の徹底反復シリーズ)
(2009/12/01)
陰山 英男

商品詳細を見る


公文のドリルがいつ終わるのかわかりませんけどね^^;
時計の理解徐々に進む?の続きを読む
関連記事
別窓 | かず&時計 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |