お金をかけないで幼児教育したい! 小学3年生
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
★おおきな森のどうぶつしょうぎ★
2014-03-09 Sun 18:01
先日も少し記事にしましたが、
『おおきな森のどうぶつしょうぎ』
を購入しました♪

こちらの思惑以上にガッツリとはまっております!

商品自体の評価としては、
かわいらしくて、絵柄もどうぶつなので、子どもにはとっつきやすい。
駒の動きも、表示されているので、分かりやすい。覚えやすい。

ただ、形が将棋の駒とは違うので、ちょっと指しにくいかな。
あとは、値段の割りに作りが安っぽい^^;
と、私は感じました。
木製なのですが、ひび割れている駒もあったりして^^;

まあ、神経質に返品するほどではナイですけど。

そして、個人的には

公文のNEWスタディ将棋の方がよかったんじゃないの?
・・・とは思います^^;

でも、まあ、今回は桃太郎の希望ですのでね。
ご褒美の位置づけですし。




購入したその日は、早速パパと指してました。

このときは、いきなり本将棋から始めて、

全然まわりが見えてなかったみたいでしたが、

パパも久しぶりだったので、

手の抜き加減とかが難しかったと言ってました^^;


翌日は、おかあさんやろう!

って誘われまして^^;

私はまるでダメなんだけどね^^;とか思いながら、

2局指したんですが、一勝一敗でした。

たぶん、桃太郎とは互角くらいの強さ^^;


最初は勝たせてあげないと気持ちが萎えるとの助言も頂いてましたが、

負けがこんでても、やる気と強くなりたいという気持ちは萎えてないみたいでした。



さらに、次の機会にはおじいちゃんと。


この人が結構な曲者で^^;


将棋は上手いし、やりこんでるので、コンピューターにも勝つほどの腕前なのですが・・・

なんせ『人に教える』という言葉とはまったく縁遠い人なので・・・



超初心者の桃太郎を相手にしても、

これでもかこれでもかとやってきて、

小バカにして指すものだから、


ついに、忍耐強い桃太郎もブッチ切れてしまいました^^;


私も過去に同じ場面に遭遇して完全に萎えた記憶があったのですが・・・


桃太郎の気持ちも充分に理解できつつ、

しかし、父の将棋の強さも分かっていたので、

桃太郎には、
『腹が立つのはわかるけど、おじいちゃんとやると強くなれるよ。
怒らないで教えてもらいなよ。』

と、言ってみるのですが・・・

もう、完全に堪忍袋の緒が切れてしまったので

『オレは、自分で強くなりたいのっ!

おじいちゃんなんかに教えてもらわなくてもいいっ!』


この日は、それで終わって、


もう、せっかく買ったのに、これでやる気をなくしたらどうしましょうとか。

ちょっと思いましたけど、

「自分で強くなりたい」と言い切っただけの事はあって、


その後も、将棋に対する熱意は冷めなかったので良かったです^^;



驚くのはそれからで。

本を熱心に読んだり、

おじいちゃんとも仲直りして対戦したり、教えを素直に聞き入れたり。

数日の間に見る見るコツをつかんでいって。


次にパパと対局した時は、

『短期間で上手くなったなぁ・・・コイツ。』

と言わせるほどでした♪


まあ、それでも、まだパパにはかなわないし、

私とも互角ですけどね。

私は、桃太郎と一緒に成長してる感じで、

毎回、なかなか勝負が付かないです^^;


ちなみに、パパやじいちゃんとは、ハンデ付きで対局してます。


また、桃太郎は勉強している本が将棋の本なので、

将棋の駒の名前もすっかり覚えてしまいましたよ。

たぶん、漢字もキライではないので、

本来の将棋の駒を使ってももう、出来ると思います。

逆に、ママの方が怪しいかも^^;


羽生善生のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)羽生善生のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)
(2011/04/11)
羽生 善治

商品詳細を見る


↑↑図書館でこんなん借りて読んでます^^;

とても興味があって、意欲的なので、まだまだ強くなりそうです^^;

あっという間に、勝てなくなりそう^^;

                  (桃太郎 9歳7ヶ月)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | おもちゃ箱 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
いちにちおもちゃ
2014-03-03 Mon 09:34
昨日、珍しく、

『お母さん、寝る前に何か一冊読んでー。』

と、甘えてきました♪(*^_^*)

桃太郎は基本、チョーの付く甘えん坊ですが、

最近は、ほとんど桃太郎に読み聞かせをすることが無かったので、

うれしくてうれしくて♪(*^▽^*)ノ

学校で読む予定だった絵本をイソイソと取り出し、読み聞かせをしました(笑)


そうそう、桃太郎にもウケルだろうと思っていたんですよね~♪

でも、最近は寝る前も、

勝手に漫画や、本を読んでて、絵本なんてなかなか聞いてくれないから。

読み聞かせさせてもらえないんですよ。


図書館には一人で行くのでね。


桃太郎も喜びそうな絵本も何冊か借りるんですけどね。毎回。


で、夕べは3冊読みましたv(*^ー^*)v

最初はこれ、

谷川俊太郎さんの『あーん』
シンプルな絵だけど、面白いですよ。
桃太郎はケラケラ笑ってました。

未就園児向けのカフェで読もうと思って借りていた1冊です♪
小学生にもイケルと分かったので、学校でも読もうかな(*^ー^*)

メインはいちにちシリーズ






『いちにちおもちゃ』『いちにちぶんぼうぐ』
2冊借りてきていたので、2冊とも読みました♪
これね。

複数人に読み聞かせるとしたら、相当なテンションの必要な絵本ですけどね。

でも、めっちゃ面白いです(笑)

こっちは小学生向けですね。

乳幼児さんや幼稚園さんにはチョッと笑いのツボが難しいかもと、想像します(笑)


今回は借りなかったけど、こちら『いちにちどうぶつ』も、かなりのテンションで面白いです(笑)
「へぇ~」と、なにげに勉強になることも描かれていますし(笑)

私も未読なのですが、他にも、





なんて作品もあるみたい・・・

読んでみたいです(笑)

いや、だって、大人が読んでも面白いんですもん^^;

このシリーズ(笑)


もう一冊、昨日は読まなかったんですが、桃太郎のために借りた絵本。

ふりがな付いてるし、自分で読むかなー?と思ったんですけど、

絵を見た瞬間、興味を喪失^^;

でも、来年は、星とかも習うしね。

少し刷り込んでおきたいなかなと。

勉強臭がプンプンにおってしまったかなぁ^^;


でも、借りてる間に読み聞かせてやるのだっ!!

関連記事
別窓 | 9歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
復活か?スイミング
2014-02-24 Mon 09:21
スイミングは通っていたところが桃太郎的にダメでやめてから。

その後は、あちこちの短期教室をまわしてました。


今は、あと少しでクロールが25メートルって感じのトコで終わっています。


パパが連れて行くというものの、なかなかそのような時間もなく、
行ったとしても、遊んでしまうので^^;

残念ながら泳ぎの練習にはなりません^^;
まあ、別にコレまでは、『短期教室で回して行けば良いじゃん』
・・・っていう気持ちだったのですが・・・・。

*********************

実は、ブログにはずっと書いてこなかったんですが、
昨年の秋からとあるスポーツを始めている桃太郎です。
今までは試合といっても交代要員で、出場しても全部の時間ではなかったのですが。

4月からは主要メンバーの1人として出る可能性が高くなってきました。

ある程度の時間をハーフタイムもありなながらですが、走り回らないといけないのですが、
なかなかと、ソコまでの体力がありません^^;

もちろん、これから体が出来てくるということもあるのかもしれませんが・・・。

で、パパが、そのスポーツのために『スイミングを復活しないか?』と、言い出しました^^;
「スイミングのためのスイミング」ではなくて「体力づくりの一環」としてのスイミングです。
なので、泳ぎの技術の向上は求めていないということ。


以前は子どもにお金をかけたがらなかったパパですが、
一人っ子が確定したためか?^^;
最近は、結構欲張りになっています^^;
(ママより欲張りかも^^;)


だいたい、春からは6時間授業の日がさらに増えて週4日になるのに、
いったいどこにスイミングの時間を入れるんですか・・・・^^;

遊ぶ時間がなくなっちゃうじゃないですか・・・・



ただね。
最近、友達と遊ぶと言って外に元気よく出かけていくんだけど。

様子をうかがってると(監視してるわけじゃないですよ?)
集合住宅の自転車置き場で肩を寄せ合ってゲームしてたり・・・^^;
我が家は、ゲームの持ち出しは禁止にしてるんだけど、
他の子が持ってでてきていて、遊ばせてもらっていたり・・・・

毒だよね。って思うほどにゲームなんですよね^^;

サッカーとかドッジボールとかなら、大歓迎なんだけど。

天気が良いのに、日陰でゲームかよー。ってボヤキたくもなるってもんです^^;
(いや、私らが買い与えているんですけどね^^;)
(いや、そして私がゲーマーだからその背中を見て育ってるんですけどね^^;)


習い事の良いところは、とりあえずゲームから隔離させる時間が出来る。
特に「だだっこ創造教室」なんかは良い例で。
造形活動でたっぷり遊んだ上に、さらに終わった後も教室のお友達と遊ぶという・・・。
「えいごくらぶ」もそう。えいごといってもほとんどお遊びで、
終了後にやっぱりお友達と広い庭を駆け回る。

そして、その時間ゲームと完全に確実に隔離できる。


目的がそれって訳ではないけど、遊ぶといってもゲームに走るなら、
習い事でも同じかと^^;


話がだいぶそれましたけど、
まあ、パパはとにかく体力をつけるためにスイミングをやらせたい。

手始めに県が運営するプールの短期教室に通わせることにしました。
春休み。6日間。

そして、あちこちのスイミングスクールに見学に行って資料を集めた結果。
曜日と時間と金額が合うのは結局以前に通っていた教室だけということになり。

キャンセル待ちの状態ではあるけれど、一応申込をしてきました。


肝心な桃太郎のやる気は?と言うと、
以前に絶望的にダメだった「N先生がいないなら習いたい!」とのことで、
ダメだった一番の理由が先生との相性だったという。
ヤッパリねって感じです。

泳ぐことや、習うこと自体は全然嫌じゃないみたい。

ソコをもっと良く分かって、やめたときに、別の道もあったのかもと思うと、
少し、悔やまれますね。いまさら言っても仕方の無いことですけど^^;


定期的に通うほうは、キャンセル待ちの状態ですし、どうなるかわかりませんが、
とりあえず、春の短期教室は頑張ってもらいたいと思います(*^_^*)

いえ、言わなくても頑張るでしょう。

親がごちゃごちゃ言わなくても、何事にもやる気満々で取り組む桃太郎です(*^_^*)

だから、こっちもツイ欲張っちゃうんですけどね^^;
 
関連記事
別窓 | ベビースイミング&スイミング | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。