お金をかけないで幼児教育したい! 小学校
怒れる11歳児、桃太郎!
2016-01-29 Fri 14:40
昨日のこと。

久しぶりに不機嫌に帰ってきた桃太郎。

「おかえり~」と声をかけるも、

ただいまの言葉もなく、開口一番に言い放ったのは、

『今日、宿題いっぱいある!

でも、おれ、今日は宿題ぜったいやらない!』


プリプリしながら2階に上がり、パソコンで動画視聴を決め込みました。


なにがどうして?なにをそんなに怒っているの?

わけが分からないので、ついつい追いかけ問い詰めます。

『どうして、今日は宿題やらないの?』

そこから長い愚痴が始まりました。

『だって、Sくんが宿題持って帰らなかったもん。ずるいじゃん。おれもやらない。』

なだめて、すかしして、詳しく事情を聞いたところ。

桃太郎の言い分は次の通り。

桃太郎の学校では連絡帳を給食の後の時間に書くことになっています。

そこで先生が宿題をだしました。

この日の宿題は計算ドリルと自主学習ノート1ページ。

ところが、先生がうっかり肝心のノートを返すのを忘れていました。
(ココだけの話、このうっかりが多くて、宿題のない日がたまにどころか、
多々あるのがこのクラス。
糸山先生のサイトなどを読まれて意図的にされているとかなら良いのですが、
そういうわけでもなさそう?!^^;)


先生が、みんなにノートを返すのを忘れたと気が付いたのは、下校のために校庭に出てきてから。
そこで、先生は『今日は宿題無し。』というようなことを言って、
クラスのみんなは大喜びしたらしいのですが。

お節介な女の子が二人、勝手に教室にノートを取りに帰って、
結局、宿題をやることになってしまったらしい。
(ちなみに、二人のうちの一人は宿題は7割しかやらない常習犯らしいのですが^^;)

この二人がみんなにノートを配って歩いて、もちろん桃太郎も受け取ったのですが、
最後にS君が、
『おれはやらない!おれはやらない!』
と言って、最後までノートを受け取らずに帰ってしまったらしいのです。

桃太郎はなんでアイツだけ宿題やらないくて良いんだ!

という思いでいっぱいみたいです^^;

ここまでの話を、よほど悔しかったのか、どんなツボだったのか、
涙を流しながら私に訴えてきます。

泣くようなことかよ~^^;
と、少しうんざりしつつも、
それでも桃太郎なりに真剣に話していることなので、
茶化したりはできません。

『S君以外のみんなは持って帰ったんだよね?宿題やってくるんだよね?』
『うん。たぶん。』
『みんながやってくるのに、桃太郎はやっていかなくても良いの?』
(普段の真面目な桃太郎の性格に期待して問いかけます。)
『でも、S君はやってこないんだよ!だって、持って帰ってないんだもん。帰ったらすぐに遊べるんだよ!ずるい!』

『でもさ、桃太郎。宿題は誰のためにやるの?S君や、先生やお母さんのためにやるんじゃないんでしょ?』
『うん。そりゃあ、自分のためだけどさぁ・・・。』
『でも、S君はやってこないんだよ!』

『S君はやってこないかもしれないけど、それはS君がオタンチンになるだけだよ。S君のためにならないだけだよ。』
『お母さんは、大人だからそういう風に言えるんだよ!
でも、子どもの気持ちになってみて!
お母さんは大人だからそういうけど、お母さんが子どもで男だったらどんな気持ち?!
お母さんだったら宿題やっていく?』


『そうだね。確かにS君のことずるいなぁ・・・って思うよね。でも、たぶんお母さんならやっていくと思うなぁ。』
『お母さん、よく宿題忘れたって言ってたじゃん!』
(ここで、それを持ち出してくるか?!^^;)
『宿題を忘れることはよくあったけど、それはホントに忘れてたからじゃん^^;』
『忘れることはしょっちゅうだったけど、やったのに持って行くの忘れたこともあったけど、
わざと忘れたことはないよ。』


でも、S君はずるい!

という思いに囚われた桃太郎は、散々ワタクシの豊満な胸で(笑)泣いた揚句に、
『やっぱり宿題はやらない!』
という決意が変わらなかったので、

まあ、今まで『ずるしてやらなかった』ということは一度もなかったし、
今回は桃太郎なりに理由があってのことなので、
『じゃあ、好きにしなさい。』と言うことになりました。

ちなみに、宿題をやらずに行くとどうなるのかと聞いたところ、
休み時間にやって出さないといけないとのこと。

休み時間が無くなるなら、今やった方が良いんじゃないのか?
それでも良いという覚悟があるのか?

確認しましたが、意志は固く、ブレませんでした^^;


この件はすごく精神的な成長を感じる一件でした。

5年生になって、言うことがイチイチ理屈っぽくなって来たり、
少しずつ感じてはいましたが、

今までは先生の言うことは思考停止で絶対。という部分がありましたが、
徐々に、親だったり、じじばばだったり、先生だったりの
言っていることに矛盾があったり、間違っていたり。
時に理不尽だったり。
そういうのが分かる年頃になってきたというか。
また、それを理屈で説明したり反論したり出来るようになってきたというか。

桃太郎の場合は特に、普段がとても真面目な分、
他の人がずるして、それが大した罰を受けることなく、
まかり通ってしまう世界が許せないのでしょう。

親の目線から少し愚痴らせてもらうと、
今年の担任は優しすぎる^^;

やはり教師として、人間的に温かみが必要な反面、
悪さをしたら、しっかり叱る。
メリハリがないと、子どもからの信頼を失う羽目になります。

担任は優しいけど叱るのが下手なので、子どもたちがすっかり舐めていて、
なかなか言うことを聞かない。
桃太郎みたいなバカ真面目なタイプの子には、
悪さしたり、キチンとルールを守っていないのに、厳しく叱られない状況は、
真面目にやってる子がバカみたいに思える。
サボる子はずるい。と、なるわけです。

結果どっちも先生の言うことを聞かなくなるよね^^;

待っているのは学級崩壊です。
かろうじて崩壊までは行ってないけど。


一つ前の記事にも書いたけれど、
最近長い休み時間のあとに、キチンと席に戻れず遅れる子が増えているみたいで。
もちろん、高学年は3階に教室があるので戻るのが大変という話はあるのですが、
そこまで頭に入れて戻ってこいって言うのが学校の先生。

で、学年全体で問題になったようで、
ある日、時間に席に戻れなかったら宿題を増やす!って先生が宣言したらしい。

ところが、やはりその日、時間になっても戻ってこれない子が何人かいたみたい。

結局、罰として宿題が普段の倍量出された。

ところが、その戻ってこない顔ぶれに限って普段から宿題もあまりやってこない面々らしくて^^;

それじゃあ、罰にならないじゃん^^;
踏み倒されたら終わり。

この罰が、クラスの連帯責任だったため、
桃太郎はこの時もかなりご立腹でした^^;

自分は時間にキチンと席についていたのに、遅れてきた数人のために宿題を増やされた!と。


でもまあ、こうまで潔癖だと将来ちょっと生きづらい面もあるんではないかと心配になりますね^^;
多少は抜けていたり、まあいっかと手を抜いたり、許したり。
人は人自分は自分。と割り切ったり。そういうことも必要じゃないかって思うのだけど。

それはもう少し精神的に成長したら備わってくるものなのかな?


そういえば、もう一つ事件がありました。

クラスで、算数の時間を先生にゴネて、体育に変えてもらったことがあったようです。
(たぶん、算数の少人数担当の先生が不在だったのかもしれません。)

で、念願のキックベースボールをやっていたらしいのですが、
判定にもめたらしくて、アウトかセーフかで、ケンカになってしまったそうなのです。

これが結構長い時間続いて。

キックベースボールが楽しみだった桃太郎は、せっかく算数を体育に変えてもらえたのに、
そんなことに時間を無駄に費やすのが嫌だったらしく、
『お前ら、ケンカするくらいだったら体育やめろ!』
って怒鳴ったらしい^^;

『おう。やめよぜー!』
と、なったらしいですが、すぐに終わりの時間になってしまたっとかで^^;
『もっとはやく、言えばよかった。』
とぼやいておりました^^;

どれもこれも小さなトラブルですが、
その一つ一つに、
子どもの世界も大変だねぇ・・・
と、思いつつも、

少しづつ少しづつ成長しているんだなぁ・・・
と思わずにいられません。

そして、桃太郎をみながら、両の腕におさまるくらい小さかったのになぁ・・・
と思うと、感慨ひとしおです(*^^*)

(桃太郎11歳6ヶ月)



関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
家庭訪問が無くなる。
2015-04-09 Thu 10:38
桃太郎の通う学校では、

今年度から、

家庭訪問が廃止になりました。

新年度に入って早々に、お便りをもらって帰ってきました。

『家庭訪問では、地域の様子やお子様のご家庭での様子を知るとともに、
年度当初の実施により保護者の皆様と連携を密にし、
お子様の理解を進めていく上で、意義深い行事ではあります。』


ほへぇ~。

そういう意義があってやっていたのね。

そして、しかし・・・と続くのは

『十分な授業時間の確保という視点で教育活動を見つめ直すと、
行事を精選せざるを得ない状況であります。』


なるほどね。

確かに、3日間ほども半日授業にして、

一家庭当たり10分も時間を取らないで、どんなことがわかるんだろう?
とは、思います。

私も必死で掃除をして、一応お茶やお菓子なども用意しますが。
そんなヨソイキの姿を見たって参考にならないだろうし。

聞くところによれば、玄関にすら入らず、門でとか、
マンションなどだと、5階に住んでるのに、エントランスで済んでしまった。
とかいう例もあるようですし^^;

先生にしたって、短い期間でたくさんの家を回らなけれなならないでしょうし。

時間と労力と得られるものを考えた時にどれほどのメリットがあるのか?
という疑問はありますね。

専業主婦ならまだしも、働くお母さんはそのために休みを取ったり、
早退してきたりしなければならないという事情もあるでしょうし。

年度初めでは、先生もそれほど子どものことがわかるわけではないし、
お互いに特に言うことがなければ、それまでですもんね。
逆に色々言いたいお母さんだと時間が押してしまったりもあるだろうし。
ただ、伝えたいことがあれば連絡帳でも済むし、電話でもできるし。
また、先生の顔をみて話すべきことがあるなら、
放課後に学校で時間を取ってもらえば良いことですからね。


個人的な意見としては、
先生と保護者お互いのために良かったんじゃないかと思います。
子どももその分の時間を密な授業にしてもらえるなら尚更。
そして、
個人的感情としては、
やはり必死に片づけて掃除して、ていう労力や、
お茶菓子は何にしよう?お茶は温かいの?冷たいの?
って、口をつけてもらえるかもわからない些末なことに、
頭使ったり気を回したりしなくて済むと思うと
ホッとしますねぇ・・・・(笑)


もしかして都市部ではすでに、廃止にした学校も多いのかな?


関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
優しい一面
2011-07-04 Mon 11:12
先日、桃太郎が用意した水筒を忘れて行きやがったので(笑)
学校まで、自転車で届けた。

桃太郎は教室にはおらず、探していると、
クラスのお友達が
「桃太郎君は図書室に行ってるよ。ボクが渡しておいてあげる。」
と言って預かってくれました。

桃太郎には会わずに帰りました。
優しい一面の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【入学式の1日】04/06のツイートまとめ
2011-04-07 Thu 08:28
4月6日は入学式でした。

履きなれないパンプスでの登下校。
足に靴擦れ、水ぶくれ。

ですが、桜は満開。天気もよくて
本当に有り難かったです!!

受付は、8時50分から9時5分まで。

余裕を持って、8時20分に家を出ました。
9時に付ければ良いだろうと。

甘かった^^;

家から近い正門から入ったのですが、
ここに「入学式」の看板がありません。

校舎をまわって反対側が受付の場所だったので、
西門に看板があるか寄ろうとしたら、
なにやら行列ができてます。

行列の先頭が「入学式」の看板でした^^;
最後尾は遥か後ろまで。
ここはディズニーランドかい?
とツッコミ入れたくなりました^^;
ベネッセ学習環境シリーズスクールグッズ【トイザらス】
とりあえず、列の最後尾に着きました。

受付が始まる50分には学校に着いていたのですが、
時間はどんどん過ぎていきます。

列は遅々として進みません。

だんだん焦ってきて、受付だけ済ませようと、
息子とパパを列に並ばせ、書類を持って受付へ。

クラスは1年3組
同じ幼稚園のお友達の名前と、幼稚園は違うけど、
仲良くさせてもらってるお友達の名前を何人か発見♪
一安心。

東門近くの、低学年用玄関前で3組の受付を済ませて、
また西門へ。横に長い学校なのでこの間を歩くだけでも大変。
(パンプスだから^^;)

我が家は遅いほうだったらしく、
写真の列は後ろにあと数人。

写真を撮って、大急ぎで教室へ。

先輩ママのアドバイスで持って行った
お道具箱と、さんすうセット、ランドセルをロッカーに入れ、

父兄は体育館へと促されます。


息子はどんな顔して入ってくるだろうと。

音楽に合わせて入場してきました。
桃太郎は最後尾。

席も私達が座った父兄の席から良く見える場所でした。

1年生達は緊張していたのか?
見た感じ、落ち着きの無い子は少なく、
みんな、ピリッとスーツ姿で、
あいさつも元気良くできたし。
おじぎも上手にできていました。

国歌斉唱
校長先生のおはなし、
担任紹介、
在校生からのメッセージ。
在校生からの歌の贈り物。
(これが結構感動的でした。小学生の合唱って素晴らしい!)
対面式。
在校生と新入生が「よろしくお願いします」と挨拶。
校歌斉唱

校長は4月から変わっていて、
前任者が女性で頼れる話し上手な校長だっただけに、
少々物足りなさを感じましたが、
それほど悪い印象ではありませんでした。

担任は、1年生を連続3年目という女性の先生でしたが、
まずは、自分より年上のベテラン風先生と言うコトで、
一安心。
パパは頼りなさそうと言ってましたが。

先輩ママの評判は
「子どもを良く見てくれる良い先生、
ちょっと厳しいので、なかにはナーバスになる子もいる。
親受けが良くて、子ども受けが悪い先生。」
とのことだった。

ウチはナーバスなタイプではないので、大丈夫。

教室に戻ると、
まず、全員で挨拶。
せんせいの名前の紹介。
出席。

膨大な量の書類と配布物についての説明。
やっと入学準備から開放されて、
今日がゴールだと思ったのは間違いだった^^;

先生が親に向けて配布物についてのお話をしている間
退屈な桃太郎は、口に指を入れて、
グラグラしている自分の歯をずっと触っている。
何度も注意してもやめない。
と、思ったら「抜けた!」
血だらけの指と歯と口に思わず「きゃ!」と、
小さく叫んでしまった^^;

教科書とノートも配布された。

先生から子ども達へのおはなし。
そして、父兄への挨拶。

全員でさようならのあいさつ。

それで、下校となった。

下校は通学班の班長・副班長と一緒に保護者は通学路を確認しながら帰る。

我が家は通学班の境目のライン上にあって、どっちに入るかわからないので、
係りの先生に聞くと、
私たちはわかりませんとのこと。

結局、どっちでも良いというような口ぶりだったので、
同じ幼稚園の仲良しさんがいる班に入れてもらった。

権威好きな息子は班長さんにべったりだった(笑)

集合場所まで帰ってきて、
集合場所を確認し、集合時間を聞いて解散。

幼稚園の近くが集合場所なので、
そのまま、幼稚園の先生にランドセル姿を見せに行った。

卒園のあとのクラスでのお話で、
『ランドセル姿を是非見せに来てください』って、
先生が涙ながらに言っていたから。

幼稚園につくと、年長の時の担任が出てきて、
おめでとうございます。
と。

そして、なにやら桃太郎に渡している。

一人ひとりに用意して下さっている心配り驚いた!

後で、家に帰ると、一人ひとりに宛てた手紙と、
ハンカチが入っていた。

手紙には「入学おめでとう」「謝恩会ではアルバム、お花をありがとう。」
と言うような趣旨のことが書かれていた。

こういう些細な一つ一つが今までもとても丁寧で。
改めて、良い園に育てていただいたなと思います。

幼稚園の先生たちと一通り写真を撮って、

後の予定も詰まっていたので、大急ぎで帰宅。

スーツの上着を脱がせ、スモックを着せて、
慌しく昼食。

そのあと、さくらのはっぱ家ご用達の和洋菓子店へ。
前から注文してあった、
お赤飯とお饅頭のセットの内祝いを引き取り。

その足で、都市部の親戚宅を回ります。
途中道が激しく渋滞していたので、高速まで使ってしまいました。

あんまりいいお天気だったので、
赤飯と饅頭が傷んでしまわないかと心配で^^;

それぞれに、ランドセルを見せ、得意げな桃太郎。

ですが、途中はあまりの長旅で退屈でした。

パパの実家へ、おやつを頂いて、
自宅近くの親戚宅をまわり、

ホッとする間もなく、街の写真館へ。

大役を終え、1日来ていたスーツを脱ぎ。

ママもご飯を作る元気が無かったので、
おじいちゃんが入学祝にと夕食をご馳走してくれました。


そして、翌朝は登校時間が早いので、
急いでお風呂に入って、寝かせつけました。
桃太郎も、早起きやら緊張やら長旅やらで疲れていたので、
パッタリと寝てくれました。

ママはココからが戦争です。

翌朝持たせる物の準備、名前書き。
鉛筆を削り。
教科書の乱丁落丁をチェック、名前書き。
膨大な量の書類を記入。
翌朝の着替えの準備。

なが~いなが~い1日でした(笑)
【入学式の1日】04/06のツイートまとめの続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
トイレ的自立。
2010-09-17 Fri 10:27
トイレでウンチ at幼稚園の記事覚えていらっしゃいますか?
桃太郎、年中さんの時の出来事です。

あの後ですね~。

桃太郎をトイレ的に自立させるために、意識していたことがあります。

まあ、普通のママなら普通に出来たんでしょうが。


え?!何の話かって?

用を足した後の始末のことです。(もちろん大きい方。)

呼ばれるがままに、駆けつけ、お尻を拭いてあげていた自分を反省しまして。


小学生になったら、先生はトイレについてきてはくれない!
親を呼ぶのが当たり前、拭くのが当たり前との認識をもたれたら困る!!

ってコトで、
自立に向けて私がすべきことは・・・・・

って、そんなに大それたことではないけどね(笑)



桃太郎は6歳の今でもそうですが、大きい方は
「ウンチしてくる」
と、キッパリ宣言して行き。

終わると、「おかあさ~ん、お尻拭いて~。」と呼びます。

最初はね。
「まず、自分で拭いてごらん。」
「ウンチが紙につかなくなるまで拭くんだよ。」

そして、私が確認して、汚れが落ちていなければ仕上げしてました。

その後「おかあさ~ん、仕上げして。」と、呼び方が微妙に変わり。

最近は「おかあさーん、拭けたから汚れていないか見て~。」
に変わり。
床に立ってお尻を突き出して待っています(笑)


成長とともに、お尻も自分でキッチリ拭けることが多くなり。

今は仕上げ拭きの必要もほとんどなくなって、
用後のお尻の確認が儀式のようになっています^^


おしっこのお漏らしも。
年中さんの冬に何回かあって心配していましたが、
年長さんになってからは、すっかり無くなり。

トイレ的には、安心して小学校に送り出せそうです^^
トイレ的自立。の続きを読む
関連記事
別窓 | トイレトレーニングの後のトイレに関するあれこれ | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |