お金をかけないで幼児教育したい! 学習塾
桃太郎、学習塾の無料体験に行く!の巻⑤
2015-03-16 Mon 08:38
最近フリーペーパーのコラムで読んだのですが、

学習塾進学塾って違うんですね^^;

ほへぇ~。

学習塾は、学校の授業についていけない子など、
学校で習ったことの取りこぼしが無いように通う、補習的な位置づけなんですって。

進学塾は、読んで字のごとく。
進学のための学習をする、受験に特化した塾なんだそうです。

知らんかった^^;

で、今回桃太郎が体験に行ったのは、どっちなのかな?^^;
「進学」とは塾名に入ってなかったから補習塾か?

ま、そんなことはどうでも良いんですけど。

体験に行った塾の費用について、まだ書いていなかったので、
今日は、そんな話を。

そう、この話は桃太郎がプリントをやってる間に出てきました。


まあ、入会案内ですね。

まず体験は一コマ50分だけれど、
実際は80分授業であること。

そして、費用の話。

今回はキャンペーン中に体験された方は
入会金21600円が免除になるとのこと。
(もちろん体験後そのまま入会した人のみ。)

授業料は4週制1コマ80分で
週1回コースだと
小学生は10600円。
そのほかに、諸経費が月に2700円
月額は13300円。

これとは別で教材費が年間2070円×2冊(国語と算数)

ほかに長期休みの講習が一コマ3200円

実は聞いた感想としては、
案外安いのね。
でした。

まあ、ほかの塾は検討したことはないのですが、
2科目なら公文とそんなに変わらないよね。月額。

公文みたいに計算一辺倒じゃないんだろうし。

ただし週一回の場合なので、
週2回行ける公文とは回数が違うけどね^^;


さて、小学生の場合ですが、
まず1コマ80分のうち15分はタブレット学習。
これが実は計算の速さを競うもの^^;
(体験でもガッツリやらされてましたけど^^;)


同塾の他校の生徒と比べたタイムと正答率のランキングが出るらしいです^^;
(コレ、どんぐり倶楽部的には×でしょ。)

そして、グループ個別学習。
4人に先生が一人。

学習は予習が中心。
学校に先行するやり方。

で、学期ごとの苦手克服など復習は長期休みの講習で。

っていう流れ&方針が基本らしい。

中学生には成績保障制度まであるらしいけど、
小学校から通ってる人は対象外なんだって^^;

じゃあ、中学から通ったほうがいいんじゃないの?^^;
とか、思ってみたり。
保証制度を利用すること自体が
塾にとっても本人にとっても不名誉なことだとは思うけどね。


これを家に持ち帰ってよくよく考えたんですけど、
(何しろ、桃太郎がやる気満々だったからね^^;)
私的には断る理由を考えてただけなんですけど^^;


その時点で習い事の費用が月額で約13000円でした。
(創造教室をやめていたのでね。
ちなみに創造教室の費用は毎月タンス貯金へ回しています。)

家計の中で桃太郎にかける習い事の費用を月額最大2万円を上限と決めているので、
今の習い事を整理しないと無理。
っていうか、
『今の習い事全部の費用』と『週1日の塾』がトントンの金額って
コストパフォーマンスが悪すぎる^^;
って言うのが私の考え。


まあ、はなっから塾に入れるつもりなんてなかったので良いんですけどね。
自分と桃太郎を納得させないといけないので^^;

今回は、いずれお世話になるかもしれない塾と言うものを、
多少知ることができたので良かったけど、

結局、小学生の今は必要ないよね?
って、結論に達しました。

習い事も、新年度からはさらに、
学校での拘束時間が長くなるので、
なるべく減らす方向で考えています。

さくらの家の懐的にも、通塾は無いなっていう結論に達しました^^;

このネタはもう少し続きますよ。
桃太郎、学習塾の無料体験に行く!の巻⑤の続きを読む
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!③
2015-02-28 Sat 11:13
前回記事②からの続き。

桃太郎がプリントを終えて戻ってきました。

「どうだった?」と聞くと、

「難しかったぁ~。」との返事。

ん?ん?
算数をやるって言ってて、
4年生で習った内容です。って言ってたけどなぁ。

苦手な単位とか、図形の問題でもあったか?
さては文章題?


イケメン先生もモチロン塾の先生ですので、その場で採点をします。

プリントは半分に分かれていて、最初の半分が計算問題。
後ろの半分が応用問題、いわゆる文章題でした。

桃太郎は計算問題は全問正解でした。
しかし、文章題は空白でした^^;

あちゃー。です。
なんで絵を描いて考えなかったの?って思いました。
たぶん「どんぐり問題」以外の問題を絵で描くのはダメだと思っているんでしょうねぇ。
まったく頭が固いよなぁ・・・・

先生は良く出来てるほうですよとフォローしてくださいましたけどね。
きっと、誰にでもそういうんでしょう。

ここで、文章題をこなせれば、中学受験組に入るんでしょうか?
当然4年生の学力があれば解ける問題でしたが、
学校では、絶対に、やらないタイプの問題でした。



桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!③の続きを読む
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桃太郎、学習塾の体験に行く!の巻②
2015-02-26 Thu 10:53
・・・・からの続きの話です。

桃太郎は個別学習ブースへ拉致され。プリントを。

私はイケメンの先生とお話の続きです。

私、少々結婚出産が遅かったので、
一人目で10歳の子の母親としては、若くはありません。
明らかに若いイケメンの先生は、私のどこを見て勘違いしたのか?
それとも、
「若く見たよ」と思わせて母親を有頂天にさせて入塾させる策略だったのか?
今となっては分かりませんが、

「私も子どもが二人います。」とか言っちゃって、
私が「イヤイヤ、どう見ても世代が違うから。」って言っても、
同世代ぶるんですよ^^;

で、地域の高校の偏差値ランキングのファイルなど見せられてですね。
「私達の時代と今では学校のレベルもずいぶん違うんですよ。」
(私達って・・・一括りにしないでっ^^;)
「ちなみに、お母さんは、どちらの高校でしたか?」
とか聞いてくるんですよ。

で、現在、私の住む地域は公立の場合は2校、受験できて、
推薦を合わせると2校3回の受験の機会が与えられているんです。


もうね、煙に巻いてやろうとかそういうわけじゃないですけどね。

「あのー、ていうか、私の時代は1校しか受験できませんでしたので・・・」
(質問にまともに答えていない^^;)

「ええええーーーーっ!!」
と派手なリアクションのあと、
「お母さん、その時代の人?」
だから世代が違うって言ってるじゃないのっ!
もう、上げたいのか、落としたいのか?!^^;


これは先輩ママさん達からすでに噂には聞いてたんだけど、
桃太郎の学年の前後くらいから、
公立の受験が推薦を合わせても1校に戻るという話があるらしくて。

まあ、そんな話の前振りだったわけです。塾の先生も。

1校になると、今まで偏差値の上の学校を挑戦していた子が手堅いところを受験するようになるから、
下の学校の子は受験が難しくなるとか。色々言ってくるんですよ。

今頑張っておけば将来の選択肢が広がるんですよって。
もちろん、そんなことはとうの昔っから考えてますけどね。私は。
ただ、行動が伴わないだけでさ^^;

もう、面倒なんで、ぜんぶウンウン。って聞いてましたけど^^;

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

途中で話題が変わって、宿題の話になりました。
正直言って、習い事が多過ぎる現状では、学校の宿題以上のことをさせる余裕はありません^^;
塾の宿題が出されてもいつやるの?
って感じです^^;

で、宿題出ますか?って聞いたら。
「お母さん、どこを探したって宿題の出ない塾なんてありませんよ~!」
「だって、塾ですから~♪」って笑われてしまいました・・・。

うそ。どんぐり倶楽部の糸山先生とかだったら宿題出さないと思うなー。
・・・と、心の中でつぶやきながら。

桃太郎、学習塾の体験に行く!の巻②の続きを読む
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中学受験は自宅でできる。進学塾不要論
2012-12-13 Thu 22:46
以前にもちょっとだけ紹介したと思うのですが・・・
進学塾不要論 (ディスカヴァー携書)進学塾不要論 (ディスカヴァー携書)
(2011/05/21)
水島 醉

商品詳細を見る


前回記事にしたときは、立ち読みで完全な斜め読みだったので、
いつか、しっかり目を通したいなとは思っていました。

ところが、街の図書館には蔵書されておらず。
かといって、買うまでも無いかと^^;

今回、隣の街の図書館にカードを作ることが出来まして。
小さくて古いながらも蔵書の多い図書館ですので、色々物色していましたら、
コチラを発見!!

さっそく借りてきました。


内容は・・・

どんぐり倶楽部の糸山先生のおっしゃってることに近いという印象です。
(百マス計算とかは推進していらっしゃるようだけど・・・)
20年くらい子どもを見続けると、
分かってくることはだいたい同じ、ってことでしょうか・・・


主な主張は、とにかく、進学塾は大半の子どものためにならないと。
学力を上げるどころか、下がる場合や、
そうでなくても、
何らかの悪影響をおよぼすことが多い
と。
そして、それは何故なのかという理由が、
学習塾の裏側とともに書かれていました。

塾のチラシをみると、チェックせずにいられない私も、
次からは、甘いコピーに揺られること無く、
厳しくチェックできそうです(笑)


ウチは中学受験も塾通いも考えていませんが、

中学受験や塾通いを検討されている子の親御さんは、
一度読んでから、
塾を選ばれるのが良いように思います。



じゃあどうすればいいのかと言うところまでは
突っ込んで書かれておらず。
塾経営をしている立場から、
そのノウハウは企業秘密ということになるようです。

ちょっと、自分の塾へ引っ張ってる感はなきにしもあらずですが・・・


それでも、特に大手進学塾に関しての記述は納得できる内容でした。

塾の窓にデカデカと張ってある合格実績何名とか、合格率100%とか、
うさんくさいよなーとは思っていたんですけどね^^;
色々なカラクリがあるものです^^;

ウチは現時点での考えでは、
学習塾、進学塾に通わせるつもりも、お受験させる気もないけど、
もしも、塾に通わせることになるとしたなら、
塾に利用されるのではなく、うまく利用、活用できるようにならないと・・・・
と、思います。

どの業界も営利目的だと、業界人にしか分からない闇があるよね(^^;


で、この本の結論は、まさにタイトル通り!!
『中学受験のための塾通いって必要ないんじゃん!!』って話です(笑)




受かる子は塾に行かなくても受かるし、
受からない子は塾に行っても受からない。


だったら、高い費用を払って、
貴重な遊ぶ時間を削ってまで、
塾に通わせる必要はないんだなぁ・・・。


個人的には、中学受験には塾が必須と思っていたので。
すごく拍子抜け。

たぶん、受験校の偏差値だとか、だいたい自分がどのレベルなのかとか、
そういう情報を知ることが出来るという以外に
塾に通わせるメリットって無いんじゃないかなぁ^^;

あとは、親の安心感だけど、
悪影響が多いと言われたら、
多少不安でも、塾には通わせない選択をするよね^^;
中学受験は自宅でできる。進学塾不要論の続きを読む
関連記事
別窓 | ママの参考書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |