お金をかけないで幼児教育したい! 学習
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
さくらのはっぱ、桃太郎に徐々に抜かれる。
2016-01-26 Tue 17:53
友人の子が、新学期の計測で身長が150センチを超えたとのこと。

もう、目線が同じ高さです。

桃太郎の同級生(5年生)でも、女の子は特に成長の早い子も多く。

私は小柄なほうですが、私より10センチ以上身長が高い子も結構います。

試合で出会う、小学6年生男子の場合、170センチ超の子もいたりして、

ランドセル姿が、かなり想像しにくかったりします^^;

桃太郎は、まだまだ140センチを少し超えたばかり。

私に似て小柄で終わらなければ良いがなぁ・・・と、思ったりしますが、

男の子だから、まだまだ後から伸びるでしょう!

と、期待していたりもします( `ー´)ノ



さて、身長はまだまだですが、

ソロバンではすっかり抜かれてしまいました。

私は6級しか持ってませんのでね。(素質がなかったんですな^^;)


桃太郎は、以前の記事で書いたように昨年の10月に3級の検定を受けたのですが、

惜しくも10点足りず、落っこちてしまいました^^;

その後も、4級すら受からず今に至るわけです^^;

今回2月にまた3級の検定を受けることになりまして。

1月から特訓モードに入っています。

週1回だった教室は、先生のご厚意で、席の空いている曜日に特訓に来ても良いよという話になって、

今は期間限定で週2回通っています。




先日、大雪が降って外に出られなかった日に、退屈だったので、

ソロバンの練習を始めました。

教室で間違った問題を家でやり直します。

似たような問題ばかりを間違えているなと思いながら、そっと様子を伺っていたのですが。

桃太郎が突然声をかけてきました。

『ねえ、お母さん、電卓!ちょっと答え合わせして。』

そう。解答がないので、ソロバンで答えを出しても合ってるか分からないんです^^;

2問答え合わせをしてあげると、

『ああよかった~♪正解だった!』

そして、また次の問題へ。

すると、

『お母さん、この問題さー、何回やっても、答えが同じになるんだけど。
先生は答えが間違ってるっていったんだ。
どこが違うか、教えて・・・』


と言いかけて。

『あ。お母さんは3級受かってないから、やり方分からないんだった。もういいよ。』

ガ、ガーン。

ついにこんな日が来てしまいました。

と言うか、ソロバンに関しては殆どのことが身に付いていないので、足し算すらも怪しい有様です^^;

『役に立てなくてゴメンねー。』

と、小さくなるばかり。

結局は、別の日に、パパにやり方を思いだしてもらって、やり方の違いを教えてもらいました。

それで似たような問題のいくつかも解くことが出来るようになりました。

パパも忘れていたのでやり方が正しいか分からないので、

次の教室でもう一度、キチンと分かるまで教えてもらって来るように言いました。



今は私も、算数も他の科目も、大きな顔をして間違いを指摘し、

教えたり出来ていますが、

いつか、教えられなくなる日は来るなと感じます。


程度の差はあれ、それはどこの親でも同じじゃないでしょうか?


最終的に親に出来ることは、

「『間違え方の傾向』のつかみ方」を教えること。

と、

「分からないところを、詳しく解説してくれる人」に訊けるように育てること。

この二つなんだなぁ・・・。と。




ソロバンはとっくに抜かれてしまいましたが、

英語と、数学も、そう遠くはない将来に


『お母さんに聞いてもしょうがない。』

そんな日がやってくるでしょう。

もちろん、別の科目も徐々に。


ちょっと屈辱ではありますが、


それだけ我が子が成長したのだと思えば、


それは喜ぶべきことなのでしょうねぇ・・・(*^^*)


ちなみに、パパは6年生で3級が受かったそうなので、

桃太郎は

『2月に3級が受かったら、

5年生中に3級が受かったってことになるから、

お父さんを追い越したことになるんじゃね?!』


と、ちょっと張り切っております(笑)

だけど、現状は、まだまだ合格点には達してい無いようで、

もう少しの精進が必要なようですが^^;

 (桃太郎11歳6ヶ月)
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
衝動買いしたくなるほど「欲しい!」モノ
2015-08-26 Wed 14:33
桃太郎を見送った後、主人と二人駅をブラブラ。

まあ、ウインドウショッピングです。

で、某デパートにて、見つけてしまいました!

見つけたのは主人で、

しかも主人はフリーペーパーか何かで存在は知っていたらしい^^;

その品とは・・・・

ジャジャーン!!
これです♪


MTG(エムティージー) Style Kids L(スタイルキッズ L レッド) BS-KL1941F-R レッド L
って言う名前なんですけど。

一口に言うと、姿勢を正す補助具のようなモノです。
椅子に載せたり、そのまま床に置いて使うことが出来るようです。


その店には「類似品」もたくさん展示されていて自由に座って試すことが出来ました。

↑のLサイズ。
こちらは子ども用なのですが、推奨し身長155センチまでって書いてたので、
自称154センチの私なら余裕でイケるじゃん♪
・・・と座ってみたら、

これがめっちゃ快適♪(*^^*)

実は長いこと腰痛があるんです。ワタクシ。
鈍痛というか腰が重いって言うか。
それが、スッキリ。背筋もシャンと伸びるんだけど、疲れないんです。

私が欲しい!

でも、桃太郎にも欲しい!!

この商品の謳い文句が

『正しい姿勢が「学力」「運動能力」を育てる』
ですよ!奥さんっ!

実際の効果はどうかわからないですけど、

良い姿勢で疲れずに気持ちよく座っていられそう・・・って言うのが試しに座ってみた私の感想です。


この商品は椅子に乗せても、単体でも使えるみたい。

勉強はモチロン、食事、テレビ、ゲーム、読書。

軽いし、持ち運びも苦じゃなさそう。

衝動買いしたいのをグッと抑えて帰ってまいりました^^;

でも、結構本気で買おうかと思っています。

桃太郎めちゃくちゃ姿勢悪いし^^;

で、桃太郎が155センチを超えたら、私がお下がりを使えば良いじゃんね?( *´艸`)


ちなみに大人用も展示されていまして。

(↑の商品は桃太郎基準で買うとしたらって商品になります。)

で、ワタシが一番気に入ったのは、こちら。

MTG(エムティージー) Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル) レッド
同じメーカーの大人用です。

座ってて気持ちいいんですよね。自然に背筋が伸びて。それが辛くないの。
背もたれがあるわけでもないのに。とても不思議です。

私は腰痛で長いことカイロに通っているんですけど、こちらのメーカーでは整体技術をヒントに作られたものなのだそうです。

近いうちに買ってしまいそうなくらい欲しいです。私が・・・^^;

★参考★
メーカーサイト
『MTG』
http://www.mtg.gr.jp
関連記事
別窓 | ママの気になる○○ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジャストシステム【スマイルゼミ】メリット&デメリット
2015-05-11 Mon 15:11
入会した直後に書いた記事には、
我が家がスマイルゼミを選んだ理由を書いたわけですが・・・


1か月と少しが経って、
その後の感想を書いてみたいと思います。


実際に使ってみると、色々と思うところはある。のですが、
全額返金保証期間は過ぎてしまったので、
不満も持ちつつも最低でも来年の3月までは続けることになるだろうと思います^^;


メリットデメリットを分けて書くのではなく、
織り交ぜてツラツラと書いていこうと思います。

まず英語
復習用として考えていたので分かっていたことですが、
今の時点では桃太郎のレベルからするとかなり簡単なようです。
細かなミスはありますがおおむね100点を取れています。
楽にこなせるため、一番楽しく取り組める様子。(どうなんだ?^^;)
聞くことはもちろん、発音する場面もあるようです。
親としては「ちょっと物足りない感はある」といったところでしょうか。
ですが、英検5級レベルの『完成』を目指し、中学英語へと思えば、我が家的にはそれほど不満には感じません。
(英語育児などレベルの高い英語教育をしている方には、かなり物足りないと思います。)


教材の配信について。
月初に1ヶ月分が配信されます。
3月分は月の後半に入ってからだったですし、無料分だったので、
教材が終わらなくても気にならなかったのですが・・・・
学校と教材の進み方にかなり落差があり・・・

発展クラスを取っているからなのか?
そこは未確認なので確認が必要ですが、
新しい単元を予習としてやらせようとしても、
解説が詳しくなく、問題に取り組むには難しいようです。
かと言って、学校の進度に合わせると、
教科によっては4月の教材でもまだ学校で取り組んでいない単元もあり・・・

理科社会は問題数も少ないのでだいたい終われるペースですが
国語と算数は5月7日時点で、半分くらいが残っている状況です。
4年生の復習や、漢字検定の問題などに取り組ませていますが、

復習として使うには配信が早過ぎ、
予習として使うには解説が物足りない
といった印象です。
まあ、これはどの通信教材にも言えることなのかもしれませんけど^^;


全体の問題のレベルについて。
基本的なレベルの内容です。
中学受験を目指しているレベルの子にはかなり物足りないかも。
(予習としてなら使えるか?だとしても学校の進度より配信が遅いと意味がないな・・・)
桃太郎の場合は、特に国語はそれでもなかなか点が取れないので、
良い加減のテスト対策になるかな・・・という印象。
(本当は教科書以外の問題を解いて力を付けさせたいけれどそのレベルではないです(涙))

算数も苦手分野の学習が多かったので、予習としてやるとガタガタでしたが、
復習で使えば、それほどレベルが高い印象はありません。

ただ、発展問題はどの教科も毎回苦戦しているようです。
問題の中身を見ていないので分かりませんが、
手ごたえのある内容なのでしょうか?


ここで、「問題の中身を見ていない」ということに関してですが・・・。
これはちょっと大きめの不満なのですが、

と、その前に、
パソコンやスマホから、その日何を学習したか、どれくらい学習したか、
単元ごとに分単位での学習時間を見ることができて、とても良いと思います。
桃太郎の場合は1日平均で15分ほどなので、
1日当たりを、もう少し長く取り組めると良いと思いますが。
・・・と、そんなことまで分かります。

ただ、パソコンからは教材の中身を見ることができません
(これが、先ほど書いた不満です。)

桃太郎のタブレットを開けば良いのですが、
それをすると、桃太郎がその単元を復習した扱いになってしまいます^^;

気にせずに開く方もいるのかもしれませんが、
私はちょっと許せません^^;

パソコンから、せめて間違った問題だけでも、どの問題をどんな風に間違えたのか
チェックできると良いなと思います。
(こんなことを思っているのは私だけかもしれませんけどね^^;)


復習について。
まず、間違えると、その場で解き直しが出来ます。
また、解き方の解説も表示されます。
ただ、答え合わせをした時に(解き方ではなく)答えを覚えてしまうので、
すぐ後に解き直しや、間違い直しをすると、意味が分かってなくても正解できてしまうということがあります。
これも母目線で見るとイマイチな点です。

間違った問題が多いと、ミッションとしてもう一度同じ単元を復習するようにすることもできますし、
何度でも同じ単元に取り組めるのはメリットだと思います。
本当に理解していないと、何度でも同じ間違いをするので「弱いところ」は良く分かります。
だからこそ、間違った問題をパソコンから見れると良いなと思うのですが・・・


さて、入会した月の教材までは消えることなく、いつでも遡って学習できる。
これもメリットだと思っていたのですが・・・・
こちらも未確認ですが、同じタブレット学習の進研ゼミの場合、
解約と言うか退会すると、すべての教材が見れなくなってしまうのだそうです。

友人から聞いた話なので正確な情報なのか分かりませんが、
彼女曰く。紙で出された教材なら退会しても残るけど、
タブレットが残っても教材が使えないのはひどくない?
と。

スマイルゼミの場合はどうなんでしょうね?
ただ、一々クラウド?(サーバー?)にアクセスして(タブレットが重くなるのを防ぐため?)いる
ように見受けられるので、たぶん進研ゼミと同じなのかも・・と思っています。
最後まで退会しなければ問題ないことなのでしょうが・・・
どんな風に考えが変わってやめることになるかもしれない、と思うと、
親の目線としては残念な面ではあります。


ただ、紙で教材が出されないメリットは大きいです。
なんといっても、場所を取らないし、そのことがストレスにならない。
余分な付録もないし!
ご褒美はタブレット上で使えるアイテムだったりしてそれは楽しいみたいです。
何かを目標にすることで頑張れる部分も多少はあるみたい。
ここは、人それぞれの部分だと思いますが。

ちなみに勉強を頑張ると遊べるゲームは桃太郎にはちょっと物足りないようです。
ゲームはあまりさせたくないので、興味がわかないのは親としては悪くないですけどね^^;


文字認識について。
スマイルゼミは「書き込み問題」もあるのですが、
タブレットの文字の認識が甘いように感じます。
汚い文字を書いても認識されたり、書き順が違っても認識されたり^^;
せめて国語だけでも厳しくしてくれると良いなと思います。

だらだらと、とりとめもなく書いてきましたがそんなところでしょうか?

また何か気付いたことがあれば追記していきたいと思います。


最後に、あくまでも我が家流の使い方ですが、
家庭の方針で計算ドリルはやらせてません。
算数の単元の学習で出る計算はさせますが「計算ドリル」はさせていないです。
学校の宿題で計算問題は十分すぎるほど出されているからです。

             (2015年5月8日 桃太郎10歳9ヶ月)




ジャストシステム【スマイルゼミ】メリット&デメリットの続きを読む
関連記事
別窓 | 通信講座学習★小学講座 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桃太郎、学習塾の体験に行く!の巻④
2015-03-07 Sat 14:08
前回の記事③の続き・・・

プリントの解説も終わり・・・

そろそろ50分の体験の時間も終わりに近づいてきました。

先生に「どうだった?」

と、聞かれて、

「楽しかった~♪また来る~♪」

と盛り上がる桃太郎^^;


オイオイ・・・・


もうね、だんだん性格分かってきたんですけど、


ホントに単なる新し物好き^^;


どんな習い事も体験行ったら食いつくんだもん^^;


でも、少しすると飽きちゃう。


結局、目新しい大人にチヤホヤされたいだけなんですよね・・・


要するに寂しがり屋?

ただ、本人にはその自覚は全くなくて^^;


とりあえず、その場は先生もいるので、

「あそびじゃないんだよ?勉強するんだよ?いいの?」

即答で

「いい!やりたい!」


マジかよ~^^;


「宿題もでるんだよ?」


「いい、頑張る!」

塾の側も、やる気満々に見えるこんな子大歓迎でしょうねぇ・・・・^^;


とりあえず、4回体験できるということで、

次回の日にちを決めることに。


この日(月曜日)は本来は塾はお休みの日なので、
塾側は、実際に通える日&時間帯に来て欲しいわけで・・・

火曜日は空いてるけど、遊びたいのもあって創造教室をやめたわけだし、
水曜、木曜、金曜は習い事で埋まってる。
土曜日は?と聞かれるので、
体操とホッケーを習ってるので・・・とお茶を濁すと
何時から?と食い下がってきます。

桃太郎がすかさず時間を言うと、

「じゃあ、お母さん、
土曜日の17時からなら時間が空いてるので通えますね♪」

と、イケメン先生は満面の笑み・・・・


マジか・・・・


土曜は二つの習い事の送迎だけでもちょっと面倒に感じてるのに。
しかも、夕方って。
母親の私だって忙しいじゃんねぇ・・・・


それはそれとして、別の角度からアプローチ
「ダブルヘッダー嫌だって言ってたじゃん。トリプルヘッダーになるよ?」
と聞いてみたんですが・・・・

気分が盛り上がっている桃太郎の耳に届くはずもなく・・・・

「いいよ!大丈夫♪」

半ばあきらめ気味に、その週の土曜に2回目の体験に行くことが決定しました^^;



もう、私の頭の中は、どんな理由で断るか・・・
そうして、せっかく勉強をやる気になってる桃太郎のモチベーションを下げることなく、
塾に通うのを諦めさせるか・・・・

で、ぐるぐるぐるぐるしてました^^;



そして、見送りに出た先生方の言葉。
「お母さん、塾に来るのにこんなにやる気のある子も珍しいですよ!」
「普通は親が入れたがっても、子どもが嫌がることが多いんです。」


そりゃ~そうでしょうねぇ。
私が子どもでも塾なんか嫌だよ。
遊んでたほうがいいに決まってるさ。
(・・・っていうか、私は学習塾に行ったこと一度もないし。)

なんなんでしょ?桃太郎って^^;


・・・ダラダラと続いてますが、この話は、もう少しだけ続きます♪
2014年の年末のお話です。
    (桃太郎10歳6ヶ月)
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!①
2015-02-12 Thu 17:05
前回からの続きの話です。

そうして、基本塾はお休みだという月曜日に、
桃太郎はウキウキ♪と、私はおもーい足取りで塾に向かいました。

みぞれ混じりの雨の日。
送迎は車で10分強。
まあ普通の人なら許容範囲でしょうが。
私的にはすでにNGでした^^;
だって、この時間帯は道が混むんです。

塾に入ると、他にも体験に来ている親子が何人かいました。
もちろん、すでに入塾した生徒も。
中学生らしき人が多く感じました。

白衣を着たお姉さんが何人かいて、それが先生なのかな?
大学生か?それとも卒業したてくらいか?

そして、我が家にはイケメンの男性の先生が担当につきました。
たぶん、この人は勧誘専門??^^;

とりあえず、親子で並んで座って、なぜ塾が必要なのか?って話から始まりました^^;

桃太郎に向って、将来何になりたいか?とかそんな話から。
桃太郎も夢はまだ絞り切れていないので、
あれもこれもといろいろ出てきます。

それから、先生はまず、私の顔を見て、
「お母さん、中学受験は考えていらっしゃいますか?」と、聞きました。

はい?!

「めっそうもございません。全く考えておりません。」
と、答えました。
塾なしで受かるなら行かせてもいいけどね~、
とか心の中で毒づくわたし^^;
まあ、でも本気ではホントに考えてないんでね。
残念ながらそこまでの学力はありませんわ。たぶん。
テスト向きじゃないもの、性格が。

さて、私の意志を確認すると、
先生は紙に一本の線を引いて見せました。
0歳10歳のしるしをつけ、桃太郎に、小学校を卒業したらどうする?
中学を卒業したらどうする?などと聞いて行き、
高校を卒業したらどうする?と聞かれた桃太郎は

桃太郎「大学に行く。」
先生「大学は何年?」
桃太郎「うーん。6年くらい?」
オイオイ将来何になるつもりですか?
まさかの医者?!

と、心の中で突っ込む私。
先生「うーん、6年行く人もいるけどね、普通は4年かな。」
そう言いながら、区切りの印を付けていく。
先生「じゃあ、大学を卒業したら?」
桃太郎「うーん。大学院に行く?」と、疑問形で答える^^;
ここで先生、驚きの表情で
「お母さん、お家でこういった話を良くされるんですか?!」
いやいや、無いですから^^;
ホントに^^;

先生はグラフに戻って、
「中学校までは、小学校のお友達と一緒に行けるよ、中には別の学校に行く子もいるけどね。」
最初の私の答えを含んだ話し方だ。
「でも、高校は、みんな一緒の学校じゃないんだよ。」
桃太郎
「ええええーーーーっ!!」
と、派手なリアクション、そして、小さな声で
「ホントに?」と、私の顔を覗き込む(笑)

先生「高校は、将来何になりたいかによって、行く学校が違ってくるんだ。」
「たとえば、さっき出たゲームを作る人になりたい子だったら、工業高校に行く人もいるだろうし、」
「ホッケーの選手だと、どこがあるかなぁ・・・・うーん。」

残念ですが、そうそう無いですよ、先生^^;
「とにかく、将来なりたいものによって高校を選ぶんだ。」

「じゃあ、桃太郎君。お母さんも。このグラフの中で一番勉強が大事時期はどこだと思う?」
「えー。中学校くらい?」
「違うんだ、ココ。」

小学生のところに赤ペンで印を付けながら、

「小学生の今が一番大事な時期なんだ!」

桃太郎は、カリスマ的なセールストークにすっかり感銘を受けた様子^^;

≫≫
しかし母は思った。
保険屋だって、家を売る人だって、セールスする人は必ず言うじゃないか。
今が一番です!!って^^;
このセールスやっぱりあなどれねぇっっっ!

≫≫



そして、今の学力を確認するとかで、桃太郎は算数と国語のプリントをやるために、個別学習のブースへ。

私はそのままイケメンの先生と、お話です^^;
桃太郎がプリントをやってる間ね。


このお話はまだまだ続きます・・・・^^;
次の更新は・・・・いつになるかな?!^^;
桃太郎、学習塾の体験に行くの巻!①の続きを読む
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桃太郎、学習塾の勧誘に乗るの巻
2015-02-03 Tue 10:52
これは短期バイトに行っていた頃の話なので、2014年の師走の慌ただしい頃のこと。

夕方、我が家のインターフォンを押す者がありました。
応対に出た父が私に用事があるらしいと言う。

そこへちょうど?帰ってきた桃太郎、

「ボク、このお姉さん知ってるよ♪お母さんに用事だって~。」

は、はい?

お、お姉さん?!桃太郎の知り合い?!

訳がわからないまま玄関に出てみると、

塾の勧誘のお姉さんでした・・・orz


寝耳に水の訪問にひるむ私。

しかし、桃太郎はこのお姉さんとすっかり顔なじみのようでした。

「1週間くらい前にねぇー、Hくんの家の前で会ったよねー♪」

そんな話、なんにも聞いてないし^^;

子どもが親しくしているのに、ピシャリと追い返すわけにもいかず、
とりあえず話を聞いてみる。

CMをやっているような大手?の塾と違って、
初めて聞く名前の学習塾だったけれど、一応チェーン展開しているらしく。
(後で調べたら県内にはたくさん教室を持っているローカルな塾だった。)
近くに新しい教室を開校したので、この地区を一軒一軒まさしくシラミつぶしに訪問しているのだとか。
それこそ、子どもがいる居ないにかかわらず^^;

そうして歩き回っている間に子供の心をギュッと掴むのが、この塾のやり方らしい^^;

後で知ったのだけれど、そのお姉さんはそのあと何日も我が家の近辺を歩き回っていて、
外で遊んでいる、特に親が仕事で家にいない子が、
ゾロゾロと付きまとい、行列を作って歩き回っていた^^;

さて、話を戻して。
すっかり子どもの心をワシ掴みのお姉さんは、

開校したてなので、家々を回って入塾者を募集していること、
塾の立地などを説明し、(金額は言わない^^;)
また、桃太郎の学習の様子や習い事の状況などを聞いてきた。

「この辺りのかたは公文や通信教育をされている方が多かったんですが、
桃太郎君は何かされていますか?」


「あー。何もやってません。学校の宿題だけですねー。」
すごくビックリされてました^^;
公文や通信と比較するのが手口なのでしょうか?(笑)

習い事についても、
習い事で、週4日埋まっていること、これでも創造教室をやめたばかりだということを話すと、
それも驚いていました。
(これは「塾に通える曜日と時間を調べるため」と、あとでわかりました。)


そのあと「4回までの無料体験キャンペーンをやっているのでどうですか?」と言ってきた。

しかも、お姉さんは子供の心をワシ掴みで自信があるので、

「これは親御さんがどう思われても、実際は子どもさんのことなので、子どもさん本人にもお話をさせてください。」とのことで、

ここで断らないと、現地でセールストークに負けそうな私は、
体験をお断りして、お姉さんにはお帰りいただこうと思っていたのに、

タイミング悪く?か、話を聞いていたのか?

桃太郎がノコノコと玄関先に現れた((+_+))

そして、桃太郎に、国語と算数を勉強すること、
タブレットの写真を見せて、タブレットを使った学習もあることなどを説明。

「今なら体験で授業を受けれるんだけど、どうかな?」と尋ねると、

桃太郎は目をキラキラさせて、

「やるやる!俺やる~♪」

塾に通わせる予定などなかった私は私で必死です^^;

「え~?ホントにやるの?」
「遊びに行くんじゃないよ?勉強するんだよ?」


「いい♪やる♪」

お姉さんも「ここまでやる気のある子はなかなかいないですよ、お母さん!」

ですよね~^^;

でも、新し物好きで、なんでもやってみたいだけなんですぅー。


とは、思っても本人の前では言えず。

「はぁー。」と生返事をして、結局、お姉さんのセールストークよりも、

桃太郎の熱意に負ける形で、

とりあえず一度、無料体験に行くことになりました。




さて、そうと決まったら早速体験に行く日を決めないといけないわけなのですが・・・。

そう。桃太郎は忙しいんです。

送迎をする私だって忙しいっっっ!!


塾は都合のいいことに、桃太郎の予定がない、日曜日と月曜日は基本お休み。
なのですが、このときは開校間もないということと、こうして大々的にキャンペーンをやってるため、
月曜日も臨時で教室を開けているとのこと。

私も仕事をしていたので、気分的にもバタバタだったのですが、
とりあえず、すぐの月曜日に行くことになりました^^;

体験授業は50分。初回は親御さんも一緒にとのことでした。

申し込んだ時点から、これはいったいどうやって断るんだ?
塾のセールストークに負けたらどうしよう?
と憂鬱になりながら、

しかし、せっかくやる気になった子の気分に水を差してはいけないと気をつけながら、
次の月曜日を待ったのでした^^;

このお話は続きますよ・・・

                 (桃太郎10歳4か月)








桃太郎、学習塾の勧誘に乗るの巻の続きを読む
関連記事
別窓 | 10歳の桃太郎 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
中学受験って大変だなぁ・・・・
2014-03-04 Tue 08:15
今日は、最近聞きかじったお話。


ここらの地域は、首都圏と違ってお受験は一般的なものではありません。

一部のお金持ち、または事業家、医師など『特別な地位にいる親』を持つ子どものものです。

30年以上前からずっと。


一時期は公立中学の不安を感じて・・・という方も多少いたようですが。

地元中学が合併後の混乱の落ち着きを取り戻してからは、

お受験熱は冷めて、元通りになったように感じます。



でも、受験する子が全くいないわけではなくて、

30年前から受験する子は一定の割合でいました。


ですから、現在もいます。


ただ、昔は地元の資産家や事業家、医師の子が多かったので比較的入りやすかったらしいですが、

最近は遠方からの受験者、県外からの受験者も多くいるとのことで、

30年前に比べると、厳しい状態になっているという話も聞き及びます。




さて、桃太郎の同級生のお兄さんで、今年、受験をした子がいました。

結果はまだ聞いていませんし、出たのかどうかも分かりませんが。



受験の風当たりを桃太郎の同級生がまともに受けたようなのです^^;

6年生のお兄さんは連日の塾通い。

帰ってからも家で缶詰でみっちり勉強。

当然、遊ぶ暇も無く。


『お兄ちゃんが頑張っているんだから、あなたも我慢してね。』


・・・・ってことで、桃太郎の同級生のM君は、

家で、ゲームはもちろん、テレビも一切禁止。

遊びに出かけると、お兄ちゃんが羨ましがるから・・・と、

下校後家に帰ってからは習い事以外の外出禁止。

家の中での遊びも禁止。

あれもこれもみーんな禁止!


と言う状態で、自由がなくて、かなりストレスフルだったみたい。



そして、その状態を哀れんだ周りの友達が、M君のために必死に考えた方法が・・・


『学校から通学路の途中の児童遊園まで走って帰ってきて、

親にバレないギリギリの時間まで遊んでから帰る。』


というもの。


それも、毎日と言うわけではなく、
習い事がある日は、ママが学校までお迎えに来てしまうので、
そういう日は遊べません^^;


こども達なりに必死だったんだろうなぁ・・・・。
だって、子どもの足で30分くらいかかる道のりをランドセルを背負って走ってくるんですよ。
全速力で^^;



確かに、そのお兄ちゃんも、M君も賢い子ではあるけれど、

そうまで必死にならないと受からないのか・・・・

そうまでして受からなければならないのか・・・・・


お受験って大変なんだなぁと、改めて思ったのです。(←他人事^^;)



確かに、選りすぐりの子ども達が集まってきて、
親のモチベーションや教育に対する意識も高くて、
先生も私学ならそれなりのクオリティもあるだろうし、

そう思えば、環境としては申し分ないと思うのだけれど、


それだけの知能が本当にあるのならば、

公立中学からだって充分にやっていけるのではないかと思ってみたり。

私学に通わす分の費用を、公立に通いながら

高校受験や大学受験のための学習に使うこともできるんじゃないかとか。



なにより、遊びたい盛りの3年生にそこまで我慢させるって・・・


って、思ってしまうんですよね。


お兄ちゃんの方は今年一年の我慢だけど、


M君はもしかしたら、自分の時も我慢しなくちゃいけないかも知れないんでしょ?^^;



ウチは、一人っ子だから受験で兄弟から受ける影響とか、


兄弟に与える影響とか、あんまり考えたこと無かったけど、


ホントに大変なんだなぁって思いました。。。。


もしかしたら、たまたまストイックな例なのかもしれないですけどね^^;



前にもチラッと書いたけれど、

スイミングに週3日か4日、ピアノを習いながら、
毎日10時まで塾にも通って、

その子も今年受験でしたけど、

そのママは『お兄ちゃんと違って、娘は女子校だから気が楽。』

と言ってました。


たぶん、楽に受かっていくんだと思います。


なんか、必死にならなくても『それが普通』みたいな顔して、終わらせていく。
そんな子もいるのでね。

M君の家みたいに、ストイックな家庭ばかりではないとおもうけれど。

でも、巻き込まれた子どもがちょっとかわいそうだなと思います^^;



ウチでは、我が子の実力を知るにつけ、縁の無い話になっていっていますけどね。お受験^^;
関連記事
別窓 | ママのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
子どもの、おもちゃも、ゲームも学習もタブレットの時代??
2013-04-17 Wed 19:21
トイザらスからの情報


●<Leap Pad2>アメリカでNo.1の英語学習タブレット
※英語表記のみです


英語が楽しく学べるタッチパネルのタブレット。
前面と裏面のカメラで写真や動画を撮影可能。
音楽や撮影した写真に楽しくお絵かきやデコレーションができます。
別売りのカートリッジでも遊べます。



LeapPad2 Explore Learning Tablet pink(リープパッド2 エクスプローラー ピンク)



LeapPad Ultra eBook Cinderella(リープパッド2用ソフト Ultra eBook シンデレラ)




●国内初キッズ向けタブレット<MEEP!>

ペアレンタルコントロールでお子様の使用状況を管理できる
Android端末「MEEP!」が日本初上陸!!

「MEEP!」はインターネット、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリ
などが楽しめるお子様向けの本格的タブレット。

■「ペアレンタルコントロール」搭載

保護者の方はご自分のパソコンやタブレット、スマートフォンなどから
「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、
お子様のインターネットやアプリなどの利用制限、利用履歴の確認、
アプリごとの利用時間設定、チャットの「友だちリクエスト」の承認、
「MEEP!ストア」で使用するバーチャルコインなどの追加などを管理できます。
またセキュリティレベルを「高・低」の2段階で設定でき、
お子様に不適切な用語を含むサイトは有害サイトとしてブロック。
保護者の方はブロックしたい用語を個別に追加できます。


■zForce(R)テクノロジーによる鮮明なスクリーン

7インチのスクリーンにタブレットでは初となる
zForce(R)テクノロジーによる最新タッチスクリーンを搭載し
あらゆる物でのタッチ操作を実現!


■お子様にふさわしいコンテンツが充実

Wi-Fi環境によるインターネット、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャットなど
お子様にふさわしいコンテンツが豊富!
アングリーバードやUNOの人気ゲーム、
お子様向けポータルサイト「Yahoo!きっず」専用のブラウザーアプリなど
50種類のコンテンツがインストール!



▼MEEP!特集
【トイザらス】MEEP ミープ
子どもの、おもちゃも、ゲームも学習もタブレットの時代??の続きを読む
関連記事
別窓 | ママの気になる○○ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
出席停止中・・・・03/04のツイートまとめ
2013-03-05 Tue 03:20
結局、日曜日に救急で受診したら、インフルエンザB型の判定を戴きまして^^;
予防接種を受けていたからか、翌朝には熱は落ち着き、
37度代を推移。

元気も食欲もモリモリで^^;

小児科救急で受診したのですが、
当直の先生に
『それだけ元気なら、明日からゲームやりたい放題だな♪』
とか言われる始末^^;
感じの良い先生で、話してるだけで病気が治りそうでした(笑)

パパがレンタルショップでDVDを何本か借りてきてくれました^^


senchanpe

インフルだけど、元気。午前に一時間、学習タイムとりました。あとは、プラレールしながら、Eテレみたり、DVD見たり(^_^;)
03-04 23:48



カーズ2 [DVD]カーズ2 [DVD]
(2012/01/18)
ディズニー

商品詳細を見る

カーズはなんと2周り^^;
日本語で見て、英語&字幕でも見るという・・・・^^;
一度ストーリーが分かると、英語でもなんとか楽しめるみたいです♪


マダガスカル2 スペシャル・エディション [DVD]マダガスカル2 スペシャル・エディション [DVD]
(2011/11/25)
ベン・スティラー、クリス・ロック 他

商品詳細を見る


学習タイムは、どんどんドリル3月分、数ページ、どんぐり問題1mから二問。市販問題集数ページ。
03-04 23:53



小学二年生 2013年 03月号 [雑誌]小学二年生 2013年 03月号 [雑誌]
(2013/01/31)
不明

商品詳細を見る

↑どんどんドリルはコレ「小学二年生」の付録ね^^;

↓市販の教材。

自由自在算数小学1・2年自由自在算数小学1・2年
(2011/03)
不明

商品詳細を見る

↑ばあちゃんがプレゼントしてくれたものの、ほとんど手付かずの問題集^^;

「カード製造機の問題」は、見ただけで、拒絶反応。以前に、出来なかったのを覚えてた。似てるけど違う問題だと言うと、問題を読み直して、やる気になった。私も一緒に解いたけど、子は自己流の絵で正解。
03-04 23:57

子どもが並んで逆立ちする問題も、工夫して絵で答えを出してる。成長してるなぁ
03-04 23:59




とは言え、一日中遊んでいる姿を見ていると、なにやら腹立たしくなり、
勉強させたくなるのが親の心情^^;

で、最後はケンカになりました^^;

期待していた宿題もまるでだされること無く・・・

まあ、マス計算とか出されるよりは良いんですけどね^^;

外に出られないのだけはストレスで、

運動しないので、おなかも減らず、遅くまで眠くなれないという
欠点はありますが、


おおむね、伸び伸び、やりたいことをやって過ごしています^^;

学校は今、分数を学習しているらしいので、

その授業が受けられないのが、ちょっと心配ですが・・・・

あとは、もう学期末で、たいした授業内容は無いと思うので、

良いんじゃないですかね^^;
出席停止中・・・・03/04のツイートまとめの続きを読む
関連記事
別窓 | 8歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
先取り学習&学級崩壊寸前
2012-10-29 Mon 12:24
桃太郎のクラスは、最近学級崩壊寸前らしいです。

女の子は比較的優秀で、おとなしい子が多いのですが、

男の子は全体的に元気な子や口が立つ子が多く、
クラスの男の子の三分の一がヤンチャです。


先生は一日中大声を張り上げていて
大変そうです。
おばあちゃん先生なのに^^;


2学期になってからどうやら、そういう空気になっているみたい。
先取り学習&学級崩壊寸前の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。