お金をかけないで幼児教育したい! 大学芋
親もビックリ!!6歳で文脈から漢字を読むの巻
2010-11-19 Fri 15:35
数日前の出来事です。

夕方、大学芋を食べたくなった私は、
以前見つけてお気に入りだったレシピをネット上で探していました。

桃太郎は、同じ部屋でプラレールを広げて遊んでいましたが、
私がパソコンを開いたのを見るや、すり寄って来て、
『JR・10倍速見たい~♪』と、おねだりしてきました。

注:JR 10倍速 全面展望 動画で検索すると、鉄男には楽しい映像がたくさんあります。

私はまだレシピを探し当てていなかったので、
「お母さんが、終わるまで遊んでて」って言うのですが、
電車の動画が気になってソワソワウロウロ離れてくれません。

そしてやっと見つけたCOOKPADの該当ページ。
せっせと、レシピの分量を書き写していると、
桃太郎が「美味しい、大学芋のたれ。」と、
タイトルを読み上げ「おかあさん、大学芋作るの?」と、聞いてきます。

え?!
漢字混じりのこの文読んだの?!


「どこに書いてある?」と聞くと。
「ココ」と、タイトルを指差します。


ひえ~!!
なんで読めたの?

もう一度、パソコン画面を指でなぞりながら、
「美味しい。」「大学芋のたれ。」

『なんで美味しいって読めたの?』
『何で大学芋って読めたの?』


「美味しい」は、完全に画像と文脈からの当てずっぽう。
「大学」はトイレに貼ってある1年生の漢字表で目にしていたらしく難なく読み。
やはり画像を見て、続く言葉は『芋』と。

私も、難しい本を読む時は文脈から読んだり、
読めなくても、意味を漢字の形と文脈から想像して、
「なんとなくこういう意味だろう」と、
読み方が分からないままで文章を読み続けていくことは、今でも良くあるのですが^^;

さすがに6歳で漢字まじりの文は読んだことなかったよな~。

と、我が息子ながら感心しました^^;

漢字を読めたこともスゴイですが、
文中のひらがなと画像から想像力を働かせたってところを評価したいですね~。

しかも、自信満々に読んでましたからね~
それは子ども時代の今しか出来ないことでしょうけど(笑)

                           (桃太郎6歳3ヶ月)
親もビックリ!!6歳で文脈から漢字を読むの巻の続きを読む
関連記事
別窓 | 6歳の桃太郎 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |