お金をかけないで幼児教育したい! 伸ばす
勉強しろ!と言わずに子どもの学力を伸ばす法【育児書】
2011-08-02 Tue 13:49
先日少し時間が出来て本屋をぶらぶら。
立ち読みしました。


勉強しろ!と言わずに子どもの学力を伸ばす法勉強しろ!と言わずに子どもの学力を伸ばす法
(2011/06/27)
木村 吉宏

商品詳細を見る


ひびわれ壺 子育てに大切なことがわかる小さな物語ひびわれ壺 子育てに大切なことがわかる小さな物語
(2011/02/28)
菅原 裕子

商品詳細を見る


サラッと立ち読みしただけですが、
ちょっと考えたことがありました。


私達、親は、どんな子を育てようとしているんだろう?

私はいつも賢い子を育てたいと思って子育てしているけれど、

じゃあ、なんで賢くなければならないんだろう?

賢く育ったその先は?


色んな親がいるかも。
高学歴で就職も安定あなたのためよ!
とか言いながら、私の老後も安泰♪

そういう親もいるかな?(笑)

ウチは開業医だから何が何でも跡取りを育てないと・・・・
とかも、あるかな?


でも、子どもにはそんなことをクドクド言ったって
説得力はないよね?


勉強するのは
『まず自分以外の誰かの役に立つため、誰かを幸せにするため。』
なんだって。


なんか説得力ある~。
自分の幸せのためじゃないんだね。


そして、ひびわれた壷にも、
他のだれかを幸せにすることは出来る。

あなたの「ひび」を誰かが望んでいる。



そんな風な子育てをしていこう。


そんなことを思いながら時間つぶししてました。


ひびわれ壷は絵本なのですぐに読み終わりましたが、

『勉強しろ!と言わずに子どもの学力を伸ばす法』
こちらは、パラパラとめくっただけなので、
腰をすえて読んでみたいと思いました。
関連記事
別窓 | ママの参考書 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新しいバイブルは、山崎房一さんの本2冊♪【育児書】
2010-06-23 Wed 12:29
先日、古本屋さんで見つけた文庫2冊

子どもを伸ばす魔法のことば―やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)子どもを伸ばす魔法のことば―やさしさと強さをはぐくむために (PHP文庫)
(2000/02)
山崎 房一

商品詳細を見る


強い子・伸びる子の育て方―ガミガミいわないで、お母さん! (PHP文庫)強い子・伸びる子の育て方―ガミガミいわないで、お母さん! (PHP文庫)
(1996/06)
山崎 房一

商品詳細を見る


どちらも100円コーナーでゲットです♪^^
2冊で200円♪るん♪

上の本は良く本屋さんでも目に付いていたけれど、手に取らなかった本です。

良く、良書として紹介されている、↓の本の二番煎じだと勝手に思い込んでいたから^^;
子どもが育つ魔法の言葉子どもが育つ魔法の言葉
(1999/09)
ドロシー・ロー ノルト、レイチャル ハリス 他

商品詳細を見る


良い本や売れる本が出ると、似たような題名の似たような内容の本が出ますからね^^;
でも、ゴメンナサイでした。

以前にどこかでもらったリーフレットや、桃太郎の通う園で頂くリーフレットは
この方の本から抜粋されたものでした。


題名にも「ガミガミいわないで、お母さん」と、あるとおり、
私ったら、そのまんまガミガミネチネチ母さんです^^;

こと勉強(知育、学習面)に関しては「ガミガミ言いません」と自負していますが、
それ以外の事となると、とたんに歯止めが利かなくなる、
堪忍袋はあいかわらず極小サイズのさくらのはっぱです^^;

この2冊を説明する文章力を残念ながら持ち合わせてはいませんが、

特に、
・子供にガミガミ怒ったりお小言ばっかりだなァ・・・・
・「バカ」「グズ」と人格を否定するような言葉を使ってばかりだなァ・・・・
と思っている方は一読の価値ありです。
・・・・・・っていうか、絶対読んだ方がいい(笑)

私などは、猛省に次ぐ猛省。
まさしく、繰り返し読んで、ボロボロになるまで読んで、
バイブルとしたいと思いました。

また、以前に頂いたリーフレットの意味。
本を読むことで、違った意味を私にもたらしてくれました。


そして、この本を読んで、まずやってみたこと。

「子どもの良いところ(長所)を書き出すこと。」

ダメなところ、直して欲しいところは湯水のように浮かぶのに、
長所は搾り出す様に(または産みの苦しみの様に)しか思いつきません^^;

100個を目標にしていたのですが、結局は60個弱しか出ませんでした^^;
(続きはまた探して書き足したいと思います^^;)
しかも、「○○ができる」など、いつかはみんなが出来るようになることを
少し早く出来るようになっただけの事ばかり・・・・・
さらに言えば、知育面ばかりで、生活面や肝心の人格に関してはそれこそまさに産みの苦しみ^^;

たった60個ですが、ひらがなで書き出して、桃太郎にも読ませてみました。
ともかく伝えなければ書き出した意味がないような気がして。



子どもの年齢を言えば、乳幼児から高校生くらいまで、
すべての子育て中のお母さんに参考になる2冊の育児書だと思います^^

どちらも文庫化されていると言うコトは、内容(事例などが)も少々古いのですが、
でも、本当に大切なことって普遍だと思うんですよね^^

とってもオススメ!
是非一読あれ~♪^^

参考記事>
「お母さんの約束」四ヵ条
伸びている子・伸び悩んでいる子
新しいバイブルは、山崎房一さんの本2冊♪【育児書】の続きを読む
関連記事
別窓 | ママの参考書 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |