お金をかけないで幼児教育したい! テスト
初めての定期テスト
2017-05-26 Fri 12:13
久しぶりに、桃太郎を、夫婦そろって

ガチで叱りました(笑)

私ら夫婦、日頃から教育方針などをすり合わせたりの、努力をしているので、

『パパとママで言うことが違う!』

ということは、比較的少ない方だと思います。

それは、子どもが迷わなくて良いことだと自負しているのですが。


しかし、

逆に言うと、叱る時のツボも一緒なので、

二人ともが我慢ならないことが起きると、

2馬力で怒ってしまうという欠点があります^^;

その上、桃太郎は一人っ子ですので、

ただ一身にその怒りを受け止めることになるので、

それはもう大変です^^;


かわいそうに(笑)



で、今回、桃太郎を叱った理由は、あまりにも勉強しなかったからです。


我が家的には、最近になく、珍しいことでした。

勉強のことで怒るなんて!!


それには夫婦それぞれに色々な思いがありました。

夫はともかく、私の気持ちを書きますと・・・。

小学校までは、桃太郎も処理能力が高い方でしたので、

宿題もわりとサッサと終わらせて、

割と、余裕のある感じでした。

とは言え習い事に忙しいので、量的にもそれで丁度良いと考えていて、

プラスアルファで朝の時間にスマイルゼミに取り組むというペースも出来ていました。

本当はもっと違う路線を行って欲しかったのですが、

高学年ともなると、親の思うようにはなりません。残念ながら。

ですが、小学生では成績もそれほど気にすることもなかったので、

目くじらを立てて怒るようなことはありませんでした。



中学に入っても、見ている限りでは、宿題が多いとは思えませんが。

それでも、慣れない中学校生活に、心身ともに疲れきってていて、

うつらうつらしながら宿題をこなす姿に、

心の中で、大変だなぁと思いつつも、励まし。

9時には就寝出来るようにサポートしておりました。


ですので、1日の学習量はそれほど増えた感触はありませんでした。


中学生の一日の学習目安は平日で最低2時間と街の教育委員会が推奨してますが、

朝と晩合わせて出来ているかいないか?・・・位です。


そして、初めてのテスト週間がやってきました。

定期テスト期間中は毎日の宿題はなくなり、

指定された期日までに提出物があります。

これはガッツリ評価の対象になるものですので、

テスト期間に入る前の余裕のある日や休日に少しづつ進めていました。

まあ、テスト範囲もせまく、「終わらせる」という意味では順調でした。





スマイルゼミも定期テストの日程を登録してあったので、

テストモードも頑張って早めにこなしていました。

まあ、頑張っていたとは思います。

そして、何日かして学校からはテスト期間中の学習の目安は3時間と言われて帰ってきました。

部活が無いのでその分学習時間を増やせるという意図だと思います。

しかし、

なにぶん長く学習に集中する癖がついていませんので、

集中力が途切れてしまいます。

以前に塾に行かずに入試を乗り切った高校生の甥っ子が

『古文の気分転換に社会を勉強する。』

と言っていましたが、

そんなレベルの話ではありません^^;

そしてやってきた土曜日と日曜日。


しかし、土曜日は来客があり、1日中周辺の観光地をかかりっきりで案内していたため

ほとんど勉強時間が取れませんでした。

まあ、これは親の都合もあるので、申し訳なかったと思っています。

そして、翌日曜日。

土曜日連れまわすことがわかっていたので、何も予定を入れていなかったのです。

テスト期間中なので当たりまえですが。

しかし、桃太郎は朝方ちょこちょこっと勉強をしただけで、

昼間はずっとゴロゴロしています。

ゲームは手の届かない場所に片付け、

スマイルゼミのタブレットはアンドロイドモードが使用できない設定にしてありました。

そこで、漫画を読んだり、テレビを見たり。

布団に寝転がったり。

午前中がそんな感じで過ぎ、

見かねた主人が、あからさまなニンジンをぶら下げました。

午後から2時間勉強を頑張ったら、息抜きに映画館に連れて行ってやる。

そういう約束をして、昼ご飯を食べた後で、勉強することになりました。


しかし、部屋にはいるものの一向に勉強する様子がありません。

午後もチョロッとやっただけで結局ダラダラと時間は過ぎて行きました。

約束の時間になりました。

夫は『帰ってきたらやるだろう』という期待値を込めて、

気分転換に映画を見に連れて行きました。

そして二人で『面白かった~♪』と帰ってきました。
 ※ちなみにワイルドスピードを見たそうです。


夕食後、何も言わなければテレビの前から動かない桃太郎に

しびれを切らして勉強するように促しました。

しかし、

『分かってる!』を繰り返すだけでテレビの前から動こうとしません。

何度も

『勉強しなさい』

『分かってる!』

を繰り返した挙句、

ついに夫がキレました。

私もいい加減

これはテスト週間中の中学生の姿ではないだろう

と思っていたので、

キレた夫にかぶせてガッツリ言ってしまいました(-_-メ)


ガチで叱ったので、桃太郎はかなりふてくされていましたが、

テレビがよっぽど見たかったのか、

結局最後まで動かず、テレビも最後まで視聴。

そして、私たちは彼がいかに勉強しなかったかを話すのですが、

本人は『俺はやってる、頑張ってる』と言い張るのです。

課題や教科書の問題、学校から配られている問題集の問題が

パーフェクトで解けていて、一つの凡ミスもない、すべて理解できているのなら、

ふわふわと遊んでいても文句は言いませんが、

そういう状況ではありません。

英語の単語、国語の漢字、全然覚えられていません。

社会も苦手範囲はお手上げで、分かっている問題も漢字が書けなかったり。

数学も必ずやってしまうミスがあって、解き方が分かっているのに答えが違ったり。

特に、英単語と漢字はある程度時間をかけて覚えるしかありません。

それなのに、

『俺は頑張ってる』と言い切るのです(´・ω・`)

しまいには、

『勉強のし過ぎで体調を崩してテストの日に休んだらどうしてくれるんだ!』

と、親を脅しにかかります(゚Д゚;)

結局、すごい勢いで叱りましたが、

桃太郎にはあまり響いてないようでした。

反省の色もなく、なぜ怒られ無ければならないのか?

という、不満の色が表情にアリアリと出ていました。


最後は、言っても無駄だ。

結果を見て愕然としてやる気出すしかないと思った夫は、

翌日からは、もう何も言わない作戦に変えたようでした。


そして、反省していない桃太郎のテストへの危機感のなさ。

それはテストの初日にも表れました。

テストは二日間あって、初日はテストが終わって給食を食べたら下校です。

午後からたっぷり翌日のテストの勉強が出来ますね。


しかし、


桃太郎が帰ってきて言った言葉が。

『お母さん、U君と遊んで来て良い?』

はぁ?!

呆れて、開いた口が塞がりません。

聞けば、3年生の先輩に野球して遊ぼうと言われたらしい。

テスト期間中に外で遊んでいるバカがどこにいるの?!

バカじゃないの?!

勉強しなくても恥ずかしいから家に居て!!


『じゃあ、家でゲームならいいの?』

あーほーかー!!!!



まーったく、我が子がこんなにアホだとは思いませんでした。

受験生の3年生に外遊びを誘われるとも思いませんでしたけど^^;


すぐに先輩が呼びに来ましたが、

当然断りました。

学校のテストをなめてるとしか思えない。

と言うか、この点数や順位がダイレクトに成績に表れる危機感や、

内申点の重みを全く理解していない。


まだまだ中学校生活が分かっていないので、

仕方のないことなのかもしれませんけどね。



でも、それでは困るんだなー^^;
関連記事
別窓 | 中学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【久しぶりの絵本の読み聞かせ&睡眠について】11/29のツイートまとめ
2012-11-30 Fri 03:22
senchanpe

久しぶりに読み聞かせ。4冊読んだらこんな時間に(^^;*ちいさいおうち*ぎんいろじてんしゃ*メアリー・スミス*ぼくのトイレ
11-29 21:42


ちいさいおうちちいさいおうち
(1965/12/16)
ばーじにあ・りー・ばーとん

商品詳細を見る

久しぶりに借りて読みました。何回も読んで聞かせたのに、全然覚えてなくて^^;
興味がなかったってことなんでしょうね^^;
やっと年齢に合ってきた感があります^^;
メアリー・スミスメアリー・スミス
(2004/07)
アンドレア ユーレン

商品詳細を見る

逆にコチラは桃太郎お気に入りの1冊
冬場のお話かなと思って冬になると読みたくなります。
学校では年明けに読もうかと。

ぼくのトイレ (わたしのえほん)ぼくのトイレ (わたしのえほん)
(2011/08/02)
鈴木 のりたけ

商品詳細を見る

初めて借りた本。
男の子はトイレネタ大好き♪
ケラケラ笑いながら聞きました。
色んな要素が入りすぎてるのが私はちょっと・・・ですが。
でも、モリモリで楽しい絵本です(*^_^*)

ぎんいろのじてんしゃ (PHPにこにこえほん)ぎんいろのじてんしゃ (PHPにこにこえほん)
(1999/11)
広野 多珂子

商品詳細を見る

クリスマスの時期のお話。
学校で読もうかな・・・ふくびきと2冊借りてて、
この時期ならではのお話を読んであげたくなりますね(*^_^*)

お話も絵も優しくて私も気に入りました。
桃太郎も楽しんだようです(*^_^*)

ちなみに「ふくびき」↓
ふくびきふくびき
(2010/12/15)
くすのき しげのり

商品詳細を見る

まだ読んで聞かせて無いですが、小学館のお話玉手箱で聞いたことがある絵本です。
桃太郎、覚えてるかな?^^;

魅力ある授業が出来る先生が減ってる?いや、 時代のせいじゃないな。先生の魅せる力が人によって違うんだな。たぶん。RT @chako0309: 「学校ではただ覚えなさい、って言われる。だからおもしろくない。こうやって授業してくれたらおもしろいのに!」とここでも女の子たちが。
11-29 21:48

ウチは今夜は9時間だな。RT @YuzoNito:【睡眠時間はテストに差が出るか】「8時間以上」と答えた小学生の全教科の正答率が68.9%で最も高く、時間の短さと比例して正答率も低くなり「6時間未満」は48%と最も低い正答率。 書籍『品格ある子どもの育て方』秋田洋和著より作成
11-29 21:53


品格ある子どもの育て方 (PHP文庫)品格ある子どもの育て方 (PHP文庫)
(2007/10)
秋田 洋和

商品詳細を見る

@chako0309 あー。すごく納得です(^^;
11-29 22:06

今日は、そろばんで10級の試験を受けたらしいけど、30点で不合格だったらしい。60点で合格。ていうか、10問中3問しか正解しなかったって…(^^;
11-29 22:23

大きなお世話ですがー(^^;暗いと起きれなくないですか?大人でも。夏より30分位遅くなりました。朝の光の代わりに電気をつけてあげたらどうでしょか?RT @caffemocha: 二歳がようやく寝た。朝遅い→お迎え遅い→→(中略)→→朝起きないというスパイラル...
11-29 23:19


関連記事⇒朝の光を浴びよう♪

天才児を育てる!睡眠育児書~子供がグッスリ眠る「魔法のCD」付き~天才児を育てる!睡眠育児書~子供がグッスリ眠る「魔法のCD」付き~
(2011/06/08)
遠藤拓郎

商品詳細を見る


@papapiyopiyo ウチのパパもそんな感じでした。本来、泊まりで週末に帰る仕事を無理矢理通ってましたねー。私は自分のリズムで寝起きしてました(^^;懐かしいなぁ…
11-29 23:23

関連記事
別窓 | 今日のツイート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
漢字テスト・評価テスト
2012-11-06 Tue 08:55
桃太郎のクラスのことは知らないが、

他のクラスでは、

漢字テストで満点が取れないと、

満点が取れるまで何度も書き取りの宿題が出されて、

テストも何度もあるらしいの^^;

しかも、全員が満点の10点を取るまで

連帯責任なんだって^^;



桃太郎君のクラスはどう?

10点じゃなかった時どうしてる?

宿題の量が増えて大変だよね?

と、畳み掛けるように聞かれて、思わず言葉に詰まった^^;



桃太郎は、漢字の小テストで満点を取れなかったことが今まで一度も無いのだ^^;


なんだか申し訳ないような気持ちで

正直に伝えてみた^^;


すごく驚かれてしまったけど、

私はそれほど特別なことだとは思っていない。

そんな子はウチだけじゃなくてウヨウヨいると思うし。


出来てるのは漢字だけで、他のテストは散々だしね^^;



ところが、その子のクラスでは、

直近の漢字テストで満点の子が4人しかいなかったんだそうだ。


そのママは『4人もいたの?』と驚いて言ったらしいが、

パパさんは『4人しかいない方がおかしい。』

と、言ったらしい^^;

私は、パパさんと同感だ。


そんなに書かされてるのに、なんで覚えられないの?^^;



ちなみに、桃太郎の「散々なテスト」というのが、またひどい^^;

まあ、「名無しで出して0点」と言う噂は聞いていたけど、
(桃太郎はまだやったことは無いらしい^^;)

桃太郎は、書いた文字が先生に解読してもらえなくて点をもらえない。

なーんてことが増えてきた・・・。



答案の裏には落書き。

時間が余ったことを物語っている。


答案を見直す余裕は充分にあるはず。

なのに、それをしない。

丁寧に書いても、時間は足りるはず。

なのに、それをしない。 



もちろん、時には、端から

「どうするとこの答えになるの?!」

って、言うようなことも多々あるわけだけれど^^;


それにしても、もったいない理由で点を落とすことのなんと多いこと!

しかも、問題数がすくないので、一問辺りの配点が大きくて、

それが、成績にどう反映するのかは不明だけれど、

答案用紙見る限りでは、ガックリしちゃうような点数のオンパレードだ(涙)


これが、理解していないと分かる答案なら、

矛先は指導の仕方が悪い先生に向かうし、

桃太郎のこともフォローせねば!

と、思うのだけれど、

問題を理解して、答えも合ってるのに。

とか、

国語の場合でも、トンチンカンな答えではなくて、

大体合ってるのに、文字数が足りないとか、多すぎるとか^^;

まあ、国語の場合はテスト用の答え方があるので、

それを覚えない限りは点は取れないとは思うけど^^;


にしても・・・・

「字をていねいに書きなさい!」

「まちがえたら、ていねいにけす!」


と、答案に書かれてしまう桃太郎って・・・・^^;


丁寧さを身に付けるにはどうしたらいいものやら・・・・





あとは、先生に一言。

計算ドリルの宿題。

やらせるだけ、提出後は検印を押すだけ。

一向に、採点がされる様子が無い。


先生も忙しいとは思うのだけど、

いつまでも採点しないと、間違ったまま覚えてしまいそうで怖いのよねぇ。
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
96点
2012-09-28 Fri 10:02
昨日、2学期初の算数テストが返ってきました。

パパが午後休で家にいたので、二人でごそごそ話しています。

『今日ねー。テスト返ってきた。』

『何のテスト?』

『さんすう、、、と、漢字。』

『どうだった?』

『全然ダメ。』

(え?どんな点数?ドキドキ・・・)

『え?そうなの?算数は何のテスト?』

『かさ。』

『かさかー。むつかしいもんな。』

パパにテストを見せながら、

『うん。96点。全然ダメ。』

(え?!96点なら、まあ、いいじゃん^^;)
(たぶん1.2問間違えただけだよね??^^;)

『96点ならいいじゃん。がんばったじゃん。』

『ダメ。全然ダメ。』

どうやら、1学期からのパパとの密約が続いていたようで、

ご褒美に繋がらないって意味で「全然ダメ」だったようです^^;

一緒に返ってきた漢字の小テストは100点でした。



あとで確認すると、
算数の間違えた問題は1問で、
「色々な入れ物に対する数字が書いてあって、ふさわしい単位を書く」
というものでした。

桃太郎は、
水筒の絵の隣「8」とあり、
単位を「dL」と書くべきところ、
「L」と書いて「×」でした^^;

8Lの水筒って・・・・^^;

ケアレスミスなのか、想像力の欠如なのか・・・それが問題だ!(笑)


のちほど私が、わからん帳に入れておこうと思います^^;



【関連記事】

0点でもいいんだよ。
関連記事
別窓 | 8歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
★爆笑!?テストの珍回答★
2012-06-14 Thu 13:09
1年生の時は、テストが100点じゃない時に

自分の感情を桃太郎に見せまいと必死でした(笑)

そりゃもう。出身は劇団四季か?ってくらいの演技力で!!


2年生になって、

100点が簡単に取れなくなってきてしまい^^;

私自身もどこか吹っ切れた?部分もあって
(いや、子供を賢く育てることにはマダマダこだわりはありますが^^;)

最近は、テストの解答を楽しめるようになりました♪(*^_^*)

負け惜しみじゃなく。



というわけで、
私と一緒に桃太郎のテストの解答を楽しみましょう♪(笑)



算数のテスト、
『時計』の単元テストの問題からですー。

「1時間で長い針は時計を1周します。」
「1日で長い針は周します。」
「1日で短い針は時計を周します。」

に数字を書き込む穴埋め問題です!

桃太郎の解答は・・・・
長い針の「24周」は合っていました。
それなのに・・・・・







P1080487.jpg

なーんで

短い針まで24周しちゃうかなー?!(笑)



次の問題!
こちらは『長さ』の単元テストから。

P1080482.jpg
ボールペンの長さ、教科書の厚さ、鉄棒の太さ
の数字が書いてあって、後ろのに単位を書き込む穴埋め問題です。







ボールペンの長さ14cm・教科書の厚さ6mmまで書けているのに。
P1080483.jpg
写真では非常に分かりにくいですが・・・・

鉄棒の太さを、25の後ろに「cm」と書いています^^;
(上に書かれた「㎜」は、テスト返却後の答えあわせで自分で書いたようです。)


帰ってきてテストを見て、
『あんた、どういうことか分かってるの?!』
『ちょっと定規出してみなさい!』


『25センチって、この定規が15センチだから・・・あと更に10センチよ?』

『こーんなよ?』


『そんなふっとい鉄棒、

お母さんでもつかめないわ!』
 


で、ここで二人でそのありえなさに大爆笑!!


間違いをしっかり実感できたかな??(笑)



次の問題は『表とグラフ』の単元テストからー。 

P1080484.jpg
↑これがグラフ
↓こっちが問題。
P1080485.jpg

●表やグラフを見て、どんなことがいえますか?

と、聞かれています。

それは、つまり、
『表やグラフからどんなことが読み取れますか?』
と、聞かれているわけですが・・・・






桃太郎君の答えったら!



P1080486.jpg

読めましたか?
あまりに字が美しすぎて読めなかったでしょう?(笑)

『これはすごくかんがえやすい。』

って、書いてあるんですよ!!


『これはすごくかんがえやすい。』
間違ってません(笑)
グラフや表を使えば考えやすいでしょうよ(笑)



『これはすごくかんがえやすい。』

でも、今はあなたの感想を聞かれているんじゃないんですよー(笑)


もう、おかしくっておかしくって。
おなかがよじれそうに笑いました!!
ヒーヒー引き笑いで(笑)


桃太郎ですか?



さすがにすねてました。
『だって、そう思ったんだからしょうがないじゃん!!』プンプン!!



もうね。最近、
45点の答案用紙とかもらって帰ってくるんですよ^^;
私にしたら、ありえねー!です。

算数が苦手だった私でも、
2年生で63点をとったのがすっごくショックで今でも覚えてるくらい^^;
70点以下をとったのが初めてだったんですよ。
80点を少しでも下回ると、落ち込むくらいだったので、
63点は本当にショックでした。
当時の担任の先生が
「さくらのさん、どうしちゃったの?!」
って母親に言ったそうです^^;
だから、平均からしてもきっとかなり悪かったんでしょう。

って、私の話は置いといて・・・



でね。

確実に点を取るには、
問題文を読み取る力もやっぱり必要なんですよ。



だからね。

テストの点を稼ぐためには、
テストの「答え方の法則」を知ることが必要なんだとおもいます。

テストで点を取るには「コツ」があるって事です。


国語の読み取りテストなんかもそうだと思うの。

どこをどうやって抜き出せばいいかに着眼するだけで、
点は取れると思うのよね。
それは、学力と言うよりは、

ある意味、技術。



でね。

テストの点を見て、内心ではすっごく一喜一憂してる私なんだけど。

間違ってるところをキチンと、
どうして間違ったのか?
確認。

そこまではするけど。


あとは放置。


まだ小学2年生だし。

テストの「点の取り方」の「技術」は、

いつか必要な時がくれば身に付くと思うの。

必要だと本人が自覚すれば「技術」を身につけるための努力をすると思うの。



だからね。

私はきっとこれからも、答案用紙を見れば一喜一憂はすると思うけど。

でも、今は点数にはこだわらない(*^_^*)


ホントに!負け惜しみじゃないよ!


こうやって、楽しめる間違いをしてくれれば、

笑い飛ばせるかなーって思うし(*^_^*)



それに、おバカだけど、


算数テスト45点だけど、


やっぱり順調に賢く育ってると思うの。


だからね。


心配はしてないの。


ホントだよ♪
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【番ねずみのヤカちゃん&課題図書】06/13のツイートまとめ
2012-06-14 Thu 03:25
senchanpe

算数テスト。
鉄棒の太さ=25センチメートル
そんな鉄棒、お母さんもつかめませんがー(笑)
二人で大笑い!

06-13 07:13

  ↑別記事で紹介しようと思います(笑)

図書室ボランティアだん。
子供って、自分のママじゃなくて、友達のママでも居ると嬉しいんだね(*^^*)
みんなチラ見して、名前を読んで声をかけると、ニッコリ笑って手を振ってくれる(*^^*)
4年生もまだまだかわいい(*^^*)

06-13 12:11

先輩ボランティアさんが、
去年は怪談レストランシリーズや、花子さんシリーズの棚がいつもガラガラだったけど、
今年は埋ってると言っていた。
ブームが去ったのかな?(^^;
うちの子はヘタレだから、怖い話は苦手みたい。

06-13 12:14


幽霊屋敷レストラン (怪談レストラン)幽霊屋敷レストラン (怪談レストラン)
(1996/07/10)
松谷 みよ子、怪談レストラン編集委員会 他

商品詳細を見る

花子さんがきた!!―学校のコワイうわさ (BAMBOO KID’S series)花子さんがきた!!―学校のコワイうわさ (BAMBOO KID’S series)
(1994/08)
森京 詞姫

商品詳細を見る


ゾロリのシリーズは、ずっと人気ですたれないんだって。
うちの子は今は、ゾロリは飽きたとかで、次は何のシリーズに行くのやら(^^;

06-13 12:17


かいけつゾロリ きょうふのちょうとっきゅう (45) (かいけつゾロリシリーズ  ポプラ社の新・小さな童話)かいけつゾロリ きょうふのちょうとっきゅう (45) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)
(2009/07)
原 ゆたか

商品詳細を見る

今日は、一冊も読んでいない、学校の推薦図書を
「お母さんがいるから、借りる。」だって
(^^;やっと一冊目だよ(-_-;)

06-13 12:19

新しく入った本にカバーをかける作業をしました。
今日は課題図書。
もう、そんな時期なんだね。
どんな本があるかチェックするつもりが、
初心者なので作業に必死で無理でしたわ(^^;

06-13 12:23

RT @nathu8gathu うちの街ではあるみたいです(^^)他にも、引率や、トイレ掃除、草取りのボランティアも有ります(*^^*)私は掃除は苦手なので、図書室だけです。読み聞かせは、また別の有志のボランティアグループです(^^)報酬を頂かないので、お気楽です♪
06-13 12:55

@nathu8gathu こちらも、司書資格をもった図書室専任の教諭がいます(^^)高学年の図書委員もいます(^^)
06-13 15:32

推薦図書を持ちかえりました。
「番ねずみのヤカちゃん」おもしろいお話ですが、長いらしく。
「お母さんが読んで。」だそうです(^^;

06-13 16:04


番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)
(1992/05/31)
リチャード ウィルバー

商品詳細を見る

持ち帰った日に音読しました。
少し長いお話だったので大変そうでした^^;
(挿絵は多めですが、絵本と言うよりは児童書に近い)
黙読すればもう少しストーリーが頭に入ったのではないかと思います^^;

でも、お話自体はとても面白くて。
私も気に入りました♪(*^_^*)

まだ家にあるので、今度は読んで聞かせてやって、
そのあと、自分で黙読できると良いなと思います^^



(゜ロ゜)!RT @luckymamarin: 義母のお見舞いにいって、絵本読んできました。まだ、意識は戻らないみたいで、寝てばっかりなのてす。でも、話しかけても、おきなかったものが、くすのきしげのりさんの「ええところ」をよんでいたら、目が開いてきて、こっちをみてた。びっくり。
06-13 16:06

【番ねずみのヤカちゃん&課題図書】06/13のツイートまとめの続きを読む
関連記事
別窓 | 今日のツイート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
03/07のツイートまとめ
2012-03-08 Thu 05:49
senchanpe

今日は久しぶりに太極拳に行ってきました(*^^*) 動きをかなり忘れてたよー、1ヶ月のブランクは大きいさ(^^;
03-07 18:41

晩御飯、作り中です。しかし子がポケモン始まるからと、冷やご飯に、お茶漬けで勝手によそって、勝手に食べ終わってる(-_-;) 準備が遅い私が悪いけどさ(-_-;)
03-07 18:44

@nathu8gathu ありがとうございます(*^^*) 太極拳はゆったりした動きで激しい運動ではないので、わりと続けやすいですよ(^^) ただ、動きを体得するまでにはマダマダかなり時間がかかりそうです(^o^;)
03-07 18:54

@nathu8gathu えーと。充実してますが、家事が全く進みませんデスヨー(^^;)(;^^)
03-07 19:06

そうなんですけど、こっちはいつも水曜日の夜7時から8時までベストウィッシュとスマッシュを一週遅れで再放送してるみたいなんですよー(^^; でも今日は臨時でか?本当にお休みみたいですー(^^;急いでご飯食べたのにぃーと新聞を確認。RT @runrun26 ポケモン明日ですよ~(笑)
03-07 19:12

@nathu8gathu 本読んで、漫画読んで、読み聞かせして、ランチ行って、太極拳ならって、カイロいって…書けば書くほど私ってやりたい放題ね(笑) ありがとう、幸せですよね、有り難いことです(*^^*) ちょっとだけ罪悪感を感じてたのだけど(^^;
03-07 19:22

子。今、時計の細かい分の読みを学校で習ってる。時計を読むのは完璧なはずなのに宿題や学校でやるプリントはたまに間違えてたりする(^^; 自分を過信しすぎて、見直ししない、やたらと早く終わらそうとする。など、が原因と思われ…(^_^;) 丁寧さを身につけようよ…(´Д`)
03-07 20:39

(*^^*) RT @hnkr_s: 「みんな頑張っているんだから」「もっと大変な人がいるんだから」と、誰かが弱音を吐くのを咎めるのはよくないよ。「誰か」には自分自身も含まれるよ。
03-07 20:40

小学一年生にも追試がある(笑) 昨日持ち帰った漢字テストは一年生のまとめで「やりなおしテスト」って書いてあった!子は二回目で、満点で「ごうかく」だったけど、100点じゃない子は、満点とれるまで同じテストが続くんだってさー。厳しいんだねぇ…(゜о゜;)
03-07 20:53


03/07のツイートまとめの続きを読む
関連記事
別窓 | 今日のツイート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
テストの点が訂正されました。【「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」の後日談】
2011-07-16 Sat 18:16
先日書いた記事
「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」
の後日談です。

実は、テスト綴りに、
『○○先生へ、いつもお世話になっています。
桃太郎が理解できていないところを毎回チェックしています。
「は」「を」「へ」は理解が足りていないようですが、
それにしても、2-③の問題は、
「わには、はしる」でも、「おには、はしる」でも、
文章としては間違っていないと思います。
大人には出題の意図はわかりますが・・・。さくらの』

と書いた付箋を貼って提出していました。

連絡帳に書くまでもないし、
点数にこだわっているわけでもないけど、
そのままにしておくのも・・・と考えた結果の浅はかな行動でした^^;

個人面談も終わったあと。

1学期最後のテストがすべて返されました。
テストつづりには新たに3枚のテストが貼られて。

まあ、内訳をかくと、
こくごが100点、
さんすうは、引き算の計算50問のうち2問を間違えて96点。
(指を使って計算してるのに間違うって・・・オイ^^;)
もう一枚のさんすうは、引き算の文章問題、
こちらは意外や意外にも100点。

それらを一枚づつ確認していると、
桃太郎が『もう一枚めくって見て!』と言います。
4枚目のテストかなと思ってめくると、
例のこくごのテストです。

良く見ると、2-③の問題が○に直されていて、
点数も90点から95点に訂正されていました。
そして、付箋は剥がされていました。

桃太郎は誇らしげに、
『丸になった!95点になった!』
嬉しかったんですね~(*^_^*)


テストの点が訂正されました。【「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」の後日談】の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」
2011-07-07 Thu 07:34
最近、学校テストの話題ばかりで申し訳ないです。
しかも愚痴です。

読みたくない方はスルーしてね^^;


昨日、テストつづりが返ってきた。

今回はこくごテストが2枚。

1枚は100点、もう一枚は90点。

週末に月曜日は『こくごテスト』と連絡帳にあり、
『「わ」と「は」「を」と「お」ほか』と
子どもの字で書かれていた。

週末に出された宿題は、
テスト範囲の『「わ」と「は」「を」と「お」』のプリント。
これが、金曜日に全滅だった桃太郎。

相変わらず、見直しを嫌がり、
土曜日にパパに相手になってもらって
やり直した。

パパの感触では「まったく理解していない」ということで、

テストとなると大甘のパパがまた条件をだした。

『「わ」と「は」「を」と「お」のテストが100点だったら50円あげる。』
私は、
『パパ~。なんでそんなに甘いのよ~。』
と、たしなめたのだけれど、
パパは、
『大丈夫、ぜんっぜん分かってないから、
100点はぜったい無理。』

と、妙な自信が満々^^;

本人を目の前にしての発言だったので、
『そんなことないよね~?』とフォロー。


本当は復習をさせたかったのだけれど、
週末の土曜日は親子体操教室。
日曜日は、とある島へいって自然体験教室。
と、忙しかったため、宿題だけで手一杯で
それ以上、させることが出来なかった。


まあ、テストの点はなるべく気にしないようにと心がけているので、
この範囲は理解していないこともハッキリしているし、
出来なくても仕方ないとあきらめて月曜日を送り出したので、

90点という点数には驚かなかった。
(金曜日の宿題プリントのことを考えれば、良く出来た方だと思う^^;)


テストは理解できているか出来ていないかの『確認ツール』
と、自分の中で認識しており、
『評価の材料』とは考えていないので、

そういう視点から返されたテストを見る。

子どもにとっては出来たところをクローズアップして
褒めてあげるのが一番だとは思うが、

親としては、やっぱり、理解していない箇所が気にかかるので、
バツをもらったところを重点的に
『桃太郎は、どうして間違えたんだろう?』
と考えながらチェックする。


予想通り『「わ」と「は」「を」と「お」』の問題を2問間違えていた。

一問は『わたしは』の「は」を「わ」と書いており、
明らかに理解していないということがありありと分かった。

問題は
「□に「わ」「は」「お」「を」「へ」「え」からえらんでただしいぶんをつくりましょう。」

②『□□かく』
③『□に□□しる』

この問題が問題なのは、
まず第一に、文章に句読点が無いこと^^;


②は「えをかく」と書いて正解だった。
③は「おにははしる」と書いて不正解。
「お」がバツで「わ」が正解らしい。

確かに出題者の意図は
「わにははしる(ワニは走る)」と書かせたかったんだろうと思うけれど、
子どもがその意図を裏読みして答えるわけが無い^^;

適当に当てはめたらなんとなく文章になったのだと思うけれど、
「おにははしる(鬼は走る)」でなんで間違いになるのかが、
私には分からない。


先日から、重箱の隅をつつくような指摘ばかりしているので、
勘違いされたら困るのだけれど、

息子のテストの点を1点でも上げたくて言うわけじゃない。

「この問題は、テストの問題として適切なのか?」
っていうところを問題にしている。

子ども達が理解できているかどうかを確認するのに、
適切な問題なのか?
子ども達を評価するのに適切な問題なのか?
ってこと。


毎回の宿題プリントは、
業者の教材を切り貼りしたと思われるようなものばかりだけれど、
今回の国語のテストもそんな感じ。

切って貼って繋げてコピーしました。的な^^;

しかも、誰が選んでるのか知らないが、
かなりの確率で良問とは言えないような問題が混じっている。

私は、教員ではないし、もちろん経験も資格もないから
私の考えが間違っているのかもしれないけど。


昔の先生たちは、手書きの美しい文字で
手作りの問題だった。
かれこれ30年以上も前のことだけれど、
それは高校を卒業するまで続いた。
と、記憶している。

今の先生は忙しいのかな。

ごめんなさい。今日も愚痴でしたm(__)m


関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
でた!恐怖のひと言(涙)
2011-06-30 Thu 21:42
今日はテストつづりが帰ってきました。

こくご3枚・さんすう3枚。

内訳と内容

↓↓

こくごは読解(読み取り)のテスト。
2枚・100点。

もう一枚は聞き取りのテスト。
お話を聞いて問題に答える形式のテスト
1問間違えて80点。

私の頃は「聞き取りのテスト」は無かったと思うけど、
今はそういうのもあるんですね!

人の話をよく聞いて理解するということは大事ですよね!

さんすう3枚とも100点

ただ、3枚中の一枚が
足し算の計算問題を50問ひたすら解かせるテストでした。
(ちなみに桃太郎は分からない問題はしっかり指を使って計算したそうです♪)


そして、今日の宿題。

●こくごプリント(長音などの言葉をなぞる)
●さんすうぷりんと(引き算の文章題2問&計算問題8問)
●おんどく
●けいさんカード

これって、どんぐり倶楽部的には
『お粗末三点セット』って言われてしまうんでしょうか??

で、恐怖の一言とは。

さんすうのプリントに取り掛かろうとした時のこと。
ちなみにプリントのタイトルは
『のこりはいくつ ちがいはいくつ』

1問目の問題を読んで、桃太郎
『おかーさーん、コレって何算?足し算?引き算?』

え~!!出たよ出たよ出ましたよ。
恐怖のひと言『コレって何算?』

ちなみに問題は・・・
『おとこのこと おんなのこが みんなで 7にん います。
おんなのこは 4にんです。
おとこのこは なんにんでしょう。
しきと こたえを かきましょう。』


最初に書いたのは、
『7+4= 』
ここで、ストップをかけてやりました。

『ちょっと待った!!何算か分からないの?』
『うん。』
『じゃあさ。。。。』
でた!恐怖のひと言(涙)の続きを読む
関連記事
別窓 | どんぐり倶楽部 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
0点でもいいんだよ。
2011-06-17 Fri 19:05
今朝、ましゅーママさんブログにコメントしながら、
「このこと記事にしよっ。」と思い、書いています。

昨日、テストつづりが返ってきました。
サインして持たせるのですが、
新たに返されたテストは3枚。

こくご1枚、さんすう2枚

採点されたテストを見るのは、
楽しみでもあり、ドキドキでもあります。



こくごは100点でした。
ひらがなも比較的、丁寧な字が書けるようになってきてます。


さんすうは2枚とも90点。
1枚は1問、もう1枚は2問、間違えていました。

実は私、
自分は小学1年生で100点以外なんて滅多にとったことなかったんですよね。
理科のテストで「くち」の「く」を鏡文字で書いて99点だったことをハッキリ覚えてるくらいですから。

だからね1年生で「90点の答案」なんて考えられないんですよ。

満点がゴロゴロいる中での90点ってどうよ!って思います^^;

100点じゃなかった瞬間にめっちゃショックなわけです^^;

でもね、桃太郎本人には絶対に悟られないようにしています。
演技でも「すごいね!90点もとれたね!」って。

我が家は同居なので、100点じゃないと、
じじばばも『なんで、間違えちゃったの?』とか、言うわけです。
90点も取れたのに、3人がかりで、
出来なかったところだけ指摘されたら、子どもはキツイでしょ?
(余談ですが、二人とも中学しか出てないんですよ??)


私はフォロー役です。
「じいちゃんも、ばあちゃんも、なんでそんなこというの?
こんなに丸がいっぱいあるのに、見えないの?」


「できて当たり前」「100点で当たり前」と子ども自身に思わせ無いよう気をつけています。


ただ、「がっかりしてしまった」自分の気持にはウソつけないですからね^^;
「がっかりしちゃダメなんだ」と、自分自身を苦しめないで、
「ウソも方便、演技も方便」と、思って演技してます(笑)

オーバーな演技で子どもを騙し続けたいと思います(笑)

今朝も、どんぐり問題をやっていて、答が違っていて、
『こたえ、あってる?』と聞くので、
『違ってるよ』と言うと、
なんで違うのか聞いてくるので

ここの一文の絵がキチンとかけてないんじゃない?と
指摘すると、
『かけてる!』
と、キレてしまいました。

『いいよいいよ。出来なくてもいいんだよ。おかあさんの宝物にするね。』

そして、そのあと、
怒りを静めるために、抱っこして(無理矢理^^;)

『わからなくてもいいんだよ。どんぐりの問題は難しいんだから。』
『分からなくてもいいんだよ、分からないから学校に行って教えてもらうんだから。』


『お母さんはね、出来なくても桃太郎が大好きだよ♪』
『お母さんはね、さんすうのテストが90点でも桃太郎が大好きだよ♪』

『70点でも?0点でも?』
そんなに不安だったのかって言うような反応です^^;
『そうだよ、0点でも、桃太郎が大好きだからね♪』

『桃太郎が一生懸命頑張ってかんがえたんだったら、0点でもいいんだよ。』

安心したのか、落ち着いて学校に出かけていきました。
0点でもいいんだよ。の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |