お金をかけないで幼児教育したい! キャンプ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
寂しがり屋&泣き虫
2015-08-24 Mon 23:23
クール&ドライなさくらのはっぱと、パパの子桃太郎ですが。

とっても寂しがり屋さん。


11歳になっても全く変わらない桃太郎がとっても可愛く思える今日この頃・・・

・・・・のさくらの家夫妻です^^;

誰に似るとこんなに寂しがりなのか?

育て方の問題だろうか?とチョットだけ悩んでいたりもします。



実は、今年も「アルプス子ども会」に送り出しました。

桃太郎は現在、長野県に滞在中。

夏冬合わせて今回で3回目。


毎回、土産話を楽しみにしているんですけど、

いつも、忘れた頃にしか教えてくれない桃太郎です。


今回も、釣りがしたい!と自分から「行く」と言ったので、申し込みをしたのに。
(釣りコースは毎回人気みたいで定員が埋まるのが早いんです^^;)

予定の日が近くなるごとに

ボヤキが始まって。

以前の時の不満がボコボコと出てきます^^;
(なぜ帰ってきた、その時に言わないかな~^^;)

マイナス思考がぐるぐるして、
最後には

「骨折したら行けないよね?」とか言い出す始末^^;

それでも、荷物を準備したり、するころにはだいぶ気持ちも落ち着いたように見え、

前回、前々回の経験を生かした荷物の準備が出来ていました。

釣り自体は楽しみなようで、とても楽しみにしていた様子。

きっと泊りが4日間と長いのが寂しいんだろうなぁ。


毎回、集合場所からバスで出発した後、高速から見慣れた自宅近くの風景が見えるとホームシックにかかって泣けてしまうそうで^^;

途中から乗り込んでくる子を迎え入れる辺りまで泣きっぱなしなんだって^^;

見送る時は寂しそうな顔をしつつも涙はなかったんだけどね。

もちろん、現地に行ったら行ったで、めちゃくちゃ楽しいもんだから、

今度は帰ってくるときに、他の方面へ帰る子と別れるので大号泣なんだとか^^;

どんだけ涙もろいんや~。

ドライな母としては、感情の起伏が豊かなのはちょっとうらやましくもあったりしますが・・・(*^^*)


で、今回。

集合場所でゲームをしてる時からイマイチ乗り切れない表情^^;

集合場所についたのが今回は結構ギリギリだったのと、参加者が多かったので、

リーダーさん達の近くに行けないから?と思ったのですが・・・・

いよいよ出発式となって、リーダーさんの保護者への挨拶が済み、

子どもたちが見送りの人に「いってきます!」を言う段になって、

こっちを振り向いた桃太郎。すでに涙目!!^^;

ワタシら夫妻情けなくて、桃太郎には申し訳ないけど笑えてくる。

よく見たら実は、近くにいた同じ背格好の男の子も静かに泣いてました^^;

あー。もらいなきしちゃったね。

しかも、もらった方が号泣してるという^^;

リーダーさんにも心配してもらって、

「大丈夫だよ!初めて?」と声をかけてもらったのですが・・・


いやいや、3回目だし、しかもアルプスの他にも一人で泊りのイベントに参加させてますが・・・

だた、4泊ってのは他にないからね~。

ホントは、7日とか9日とか11日とか言ってほしいんだけど。

この調子だと、桃太郎にはハードル高すぎる。


そうやって、半ば無理矢理に泊りで友達もない所へ放り出すのには私なりにわけがあって。

やっぱり、私は一人っ子ってところにすごく引っ掛かりを感じてるんです。

一人っ子は一人で居ても寂しくないって言うのや、自分のペースとか自分のスペースって言うのを大事にするんだけど。

もちろんそれは尊重してあげないとって思うんだけど。

この先の人生そればっかじゃないでしょう?

いとこも多くなくて5歳はなれた甥っ子が2人いるだけ。

大人になって、50代60代になった時に、

兄弟がいないとか、いとこが少ないってのはとっても寂しいんだよね。

まあ、いたから必ずしも気が合うとも限らないんだけどさ。

でも、たとえば将来ワタシやオットがいなくなった時に頼れるのは、

叔父叔母だったり、従兄だったりってなるわけじゃないですか。

私らの両親みたいに、一人が5人ぐらいづつの兄弟がいれば、

冠婚葬祭もにぎやかなんでしょうけど。


あー。話がそれた。

最近は年齢のせいか、実際に一人っ子同士で結婚して冠婚葬祭が大変って話を聞くもんだから^^;

時代はだんだんそういう感じで親戚づきあいもコンパクトになっていくんだろうけれど。

だから桃太郎には早く心を許せる家族を持ってほしいなと、自分の生き方とは違う風に思っているし。

どこに放り出されても順応していける子に育ってほしい。

意地を張らずに上手に他人に頼ったり、頼られたり出来る子になってもらいたい。

そんな色んな思惑をもって参加させているんですけどね^^;

もちろん普段できない自然体験もそうなんですけど。


孫がいてもおかしくないような年齢になってきた私の周りにも、

自分の意思でなのか、希望してもかなわないのか、

結婚していない友人知人も男女問わず多くいることを考えると、

将来、結婚しない可能性も否定できないわけで。

だからこそ、一人でもどんな場所ででも逞しく生きていけるように育てたいな・・・

などと大それたことを思いながら、

送り出しています。


桃太郎は乗り込んだバスの中でもハンカチを握りしめて、窓越しに、ずっとこちらに手を振っていました。

健気にも。

我慢しようと努力してたんでしょうね。

バスが出発しても、立ち上がって見えなくなるまで手を振っていました。


それにしても、あれだけ泣かれると、今頃どうしてるかな?と心配になるし、

無理強いはやめよう。って思いますね。

いや、今回も申し込みの時点では無理強いしてないんですけどね^^;

本人が『釣りやりたい!行くー!』って言ったんですから^^;

万が一にも私が言わせてるんだとしたら、反省が必要ですね。
寂しがり屋&泣き虫の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
English Camp
2015-02-17 Tue 09:09
ネタが腐りそうなので急いで書かなくちゃ・・・・

冬休みの話です。

今年の冬休みは、短い期間に、2度のお泊りを経験した桃太郎。

一つ目がクリスマスの前に行った英語キャンプでした。

きっかけは、学校からのお便り。

まあ、だからと言って学校推薦だったわけではないのですが。


例によって、他地区異学年の中に放り込んでしまえ!という、
親の無謀な計画。
もちろん、無理やりでは意味がないので、桃太郎にも意思を確認。

2泊3日のお泊りキャンプに出かけていきました。

キャンプと言っても、公共施設に2泊するのみで、テント泊があるわけでもなく。

英語のアクティビティがあると言ってました。

小学生から中学生までが参加したのですが、
小学生と中学生ではやはりグループをわけられたそうです。
しかも、全体的に女子が多かったとか。

女子は友達どうしで参加している子が多かったようですが、
男子は単体で参加している子が多くて、
しかも全員同じ部屋だったらしく、大盛り上がりでとても楽しかったようです。
帰宅後は年賀状のやり取りもありました。

それで英語の勉強になったんかい?!

と、思ったのですが、

空港見学のイベント後に、空港スタッフの方に英語で質問をしたり。
(空港では滑走路見学など、普段は入れない場所に入れてもらえたりもしたみたい!)
また、最終日には英語でのスピーチもあったようです。

ちなみに中学生は英語劇を披露したとか。

空港見学が一番楽しかったようで、
英語漬けになるか?という目論見は外れましたが、
(空港見学は日本語での解説でした^^;)

「お母さんのこと忘れてた~!」
と、いうほど楽しい2泊3日だったようで良かったです。

今回は年齢的に対象外だったのですが、
同じ組織から、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアへ行く
キャンプツアーもあったようです。
現地で2~3人づつホームステイをしながらのツアーでした。

素敵だなと思いつつも、
やっぱり、小学生で一人で海外に行かせる勇気は、
子どもにもないけど、親の側にも無いなぁと思っています^^;

知り合いが6年生の子を参加させていましたけどね。
親も覚悟がいる話だなと思うわけです。

いつまでも過保護でいちゃダメなんでしょうけどね。
過保護な親を振り切って、
世界に飛び出して行くような子になって欲しいものです(笑)



そうそう、スピーチをした最終発表、見に行きたかったけど行けなくて。
遠いのでね^^;

家でもやってみて!
って、お願いしたら、流暢な英語で発表してくれました。
もちろん、覚えたことを丸暗記なんでしょうけど。
ちょっとだけ感動しました( *´艸`)


なんだか、文章が脈絡ない感じになってますが、
ツアーの定員は80名ほどだったのですが、定員に至らず、
バス一台分くらいの参加者でした。
ネイティブの男性が二人乗り込み、あとは英語がペラペラの女性と
男性スタッフがいました。
外人講師が15人に一人程度つくと資料には書いてあったので、
まあ、そんなところでした。

近くでこのような機会があればぜひまた参加させたいと思いました(^^)

欲を言えば外国籍の子どもも一緒だと良いのにー。
と思いました。
欲張りすぎですね^^;
関連記事
別窓 | 小学生英語(外国語)教育 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夏休みを総括してみました(笑)
2011-09-02 Fri 09:04
昨日から新学期が始まりました。
夏休みを総括してみます^^


桃太郎の夏休み

●●キャンプ●●

◎夏休みの始めに、某塾主催の3年生までの低学年向けキャンプに行きました。
 1泊2日。友達もいないのに1人で参加。
  ・ハイキング 
  ・絵本のご飯を作る。
     桃太郎の班の担当は「じゃがいものニョッキ」
   (何の絵本かは不明^^;)
  ・キャンプファイヤー(まるまるもりもり!を歌ったらしい。)
  ・初めてのテント泊。
  ・牛乳パックでホットドック作り
  ・流しそうめんの流すレーンをペットボトルを使って自分達で作り、食べる。
マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)マル・マル・モリ・モリ!((フルサイズ)薫と友樹の振り付き映像(スペシャル・バージョン)DVD付)
(2011/07/13)
薫と友樹、たまにムック。

商品詳細を見る

※行き帰りのバスでは、こればっかりかかっていて、皆で練習したらしい(笑)

◎お盆明けは、卒園した幼稚園から親子キャンプに参加しました。
  今年で3回目。
  ・水遊び、稚魚すくい、
  ・ちょうちん作り
  ・散歩
  ・とうもろこし&アイスクリームのおやつ
  ・キャンプファイアー
  ・花火&火の舞
  
  ・体操
  ・散歩
  ・石の造形教室
  ・スイカ割り
  ・川遊び


●●お料理●●

この夏はたくさんのお料理体験ができました。
上に書いたキャンプでの料理体験の他・・・

◎家では冷やし中華を作ったり。

◎親子豆腐作り教室
・5年生の男の子とペアでおぼろ豆腐を作りました。

◎子ども料理教室(単発)
・はじめての本格的お料理教室でいわしの手開きを体験
 
 メニューは
  ・いわしの蒲焼
  ・ごはん
  ・みそしる
  ・きゅうりの酢の物
  ・エコふりかけ

1人で行ったキャンプでお料理をしたのが、とても刺激になったらしく。
お料理に目覚めた夏でした。
食べるのが大好きな、くいしんぼうの桃太郎ならでは!?

タイミングよくお料理教室の開催を教えてもらって、
バタバタと申し込みし、本人もとても楽しんだようでした。

他にも、豆腐教室でお土産にもらった「おから」でドーナツを作ったり、
ホットケーキを焼いたり。

いわしの蒲焼も帰ってきたその日に復習してくれました。
親バカですが、美味しかったです♪

●●映画●●
 ・ポケットモンスターホワイト
 ・仮面ライダー

●●おでかけ●●
 ・科学館(恐竜展)
 ・大トリックアート展
 ・電車旅
 ・プロ野球ナイター観戦 
 ・森永乳業工場見学
 ・電車体験&科学実験教室


●●花火●●
 ・花火大会
 ・遊園地のナイター営業(花火)

●●1人でお泊り●●
 ・キャンプ
 ・おばあちゃんの家(パパの実家)

●●盆踊り●●
桃太郎は盆踊りが大好き♪
お気に入りの曲は「河内おとこ節」「おどるぽんぽこりん」
「炭坑節」「かわさき」「およげたいやきくん」その他。
 ・幼稚園の夏祭り
 ・町内会の盆踊り
将来は徹夜踊りも体験させてみたい。
と思わせるくらいの踊り好きです(笑)

●●遊園地●●
後半は、年パスを利用して、お友達やパパと
遊園地&プールに何回か行きました。
年パスは子どもの分しか買ってなかったので、
親は金券ショップで株主優待券を買って入場。


●●普段の遊び●●
前に記事にも書きましたが、公共施設を借りて、
 週に2日は広間で遊びました。
・庭でお友達とセミ取りをしました。
・ポケモンごっこをしました。
夏休みを総括してみました(笑)の続きを読む
関連記事
別窓 | 7歳の桃太郎 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
農業体験・漁業体験
2010-07-14 Wed 11:52
ウチの息子、少々個性的に育っていまして・・・・・。

農業体験は、我が家&桃太郎にとってはほぼ日常なんですが。

電車の次に大好きなのが農機具なんです^^;
農業体験・漁業体験の続きを読む
関連記事
別窓 | 5歳の桃太郎 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。