お金をかけないで幼児教育したい! アルプス子ども会
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
寂しがり屋&泣き虫
2015-08-24 Mon 23:23
クール&ドライなさくらのはっぱと、パパの子桃太郎ですが。

とっても寂しがり屋さん。


11歳になっても全く変わらない桃太郎がとっても可愛く思える今日この頃・・・

・・・・のさくらの家夫妻です^^;

誰に似るとこんなに寂しがりなのか?

育て方の問題だろうか?とチョットだけ悩んでいたりもします。



実は、今年も「アルプス子ども会」に送り出しました。

桃太郎は現在、長野県に滞在中。

夏冬合わせて今回で3回目。


毎回、土産話を楽しみにしているんですけど、

いつも、忘れた頃にしか教えてくれない桃太郎です。


今回も、釣りがしたい!と自分から「行く」と言ったので、申し込みをしたのに。
(釣りコースは毎回人気みたいで定員が埋まるのが早いんです^^;)

予定の日が近くなるごとに

ボヤキが始まって。

以前の時の不満がボコボコと出てきます^^;
(なぜ帰ってきた、その時に言わないかな~^^;)

マイナス思考がぐるぐるして、
最後には

「骨折したら行けないよね?」とか言い出す始末^^;

それでも、荷物を準備したり、するころにはだいぶ気持ちも落ち着いたように見え、

前回、前々回の経験を生かした荷物の準備が出来ていました。

釣り自体は楽しみなようで、とても楽しみにしていた様子。

きっと泊りが4日間と長いのが寂しいんだろうなぁ。


毎回、集合場所からバスで出発した後、高速から見慣れた自宅近くの風景が見えるとホームシックにかかって泣けてしまうそうで^^;

途中から乗り込んでくる子を迎え入れる辺りまで泣きっぱなしなんだって^^;

見送る時は寂しそうな顔をしつつも涙はなかったんだけどね。

もちろん、現地に行ったら行ったで、めちゃくちゃ楽しいもんだから、

今度は帰ってくるときに、他の方面へ帰る子と別れるので大号泣なんだとか^^;

どんだけ涙もろいんや~。

ドライな母としては、感情の起伏が豊かなのはちょっとうらやましくもあったりしますが・・・(*^^*)


で、今回。

集合場所でゲームをしてる時からイマイチ乗り切れない表情^^;

集合場所についたのが今回は結構ギリギリだったのと、参加者が多かったので、

リーダーさん達の近くに行けないから?と思ったのですが・・・・

いよいよ出発式となって、リーダーさんの保護者への挨拶が済み、

子どもたちが見送りの人に「いってきます!」を言う段になって、

こっちを振り向いた桃太郎。すでに涙目!!^^;

ワタシら夫妻情けなくて、桃太郎には申し訳ないけど笑えてくる。

よく見たら実は、近くにいた同じ背格好の男の子も静かに泣いてました^^;

あー。もらいなきしちゃったね。

しかも、もらった方が号泣してるという^^;

リーダーさんにも心配してもらって、

「大丈夫だよ!初めて?」と声をかけてもらったのですが・・・


いやいや、3回目だし、しかもアルプスの他にも一人で泊りのイベントに参加させてますが・・・

だた、4泊ってのは他にないからね~。

ホントは、7日とか9日とか11日とか言ってほしいんだけど。

この調子だと、桃太郎にはハードル高すぎる。


そうやって、半ば無理矢理に泊りで友達もない所へ放り出すのには私なりにわけがあって。

やっぱり、私は一人っ子ってところにすごく引っ掛かりを感じてるんです。

一人っ子は一人で居ても寂しくないって言うのや、自分のペースとか自分のスペースって言うのを大事にするんだけど。

もちろんそれは尊重してあげないとって思うんだけど。

この先の人生そればっかじゃないでしょう?

いとこも多くなくて5歳はなれた甥っ子が2人いるだけ。

大人になって、50代60代になった時に、

兄弟がいないとか、いとこが少ないってのはとっても寂しいんだよね。

まあ、いたから必ずしも気が合うとも限らないんだけどさ。

でも、たとえば将来ワタシやオットがいなくなった時に頼れるのは、

叔父叔母だったり、従兄だったりってなるわけじゃないですか。

私らの両親みたいに、一人が5人ぐらいづつの兄弟がいれば、

冠婚葬祭もにぎやかなんでしょうけど。


あー。話がそれた。

最近は年齢のせいか、実際に一人っ子同士で結婚して冠婚葬祭が大変って話を聞くもんだから^^;

時代はだんだんそういう感じで親戚づきあいもコンパクトになっていくんだろうけれど。

だから桃太郎には早く心を許せる家族を持ってほしいなと、自分の生き方とは違う風に思っているし。

どこに放り出されても順応していける子に育ってほしい。

意地を張らずに上手に他人に頼ったり、頼られたり出来る子になってもらいたい。

そんな色んな思惑をもって参加させているんですけどね^^;

もちろん普段できない自然体験もそうなんですけど。


孫がいてもおかしくないような年齢になってきた私の周りにも、

自分の意思でなのか、希望してもかなわないのか、

結婚していない友人知人も男女問わず多くいることを考えると、

将来、結婚しない可能性も否定できないわけで。

だからこそ、一人でもどんな場所ででも逞しく生きていけるように育てたいな・・・

などと大それたことを思いながら、

送り出しています。


桃太郎は乗り込んだバスの中でもハンカチを握りしめて、窓越しに、ずっとこちらに手を振っていました。

健気にも。

我慢しようと努力してたんでしょうね。

バスが出発しても、立ち上がって見えなくなるまで手を振っていました。


それにしても、あれだけ泣かれると、今頃どうしてるかな?と心配になるし、

無理強いはやめよう。って思いますね。

いや、今回も申し込みの時点では無理強いしてないんですけどね^^;

本人が『釣りやりたい!行くー!』って言ったんですから^^;

万が一にも私が言わせてるんだとしたら、反省が必要ですね。
寂しがり屋&泣き虫の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 11歳の桃太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
日帰りアルプス「のうさぎの会」
2011-05-11 Wed 09:23
いつかは参加させてみたい「アルプス子ども会」

そろそろ夏の子ども会のお知らせが出る頃かと、
ひさびさにHPをチェックしてみましたら、

5月の29日に「のうさぎの会」というのが開催されるそうです。
日帰りイベントで
東京・名古屋・大阪の三ヶ所同時開催。

今回は我が家も申込みを検討中です。

参加費1000円と言うのも魅力的でした^^

最近は近所の小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんたちに混じって
缶けりなどで遊んでいるようですが、
1日汗だくでしっかり遊んで来てくれたらいいなぁと思います!

興味のある方は左のリンク集から「アルプス子ども会」のHPをのぞいてみてくださいね。
日帰りアルプス「のうさぎの会」の続きを読む
関連記事
別窓 | チョットだけお金をかけて・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スイミング、今度こそ退会へ。
2011-01-09 Sun 11:18
他に書くことはあるんですが、昨日突然ふってわいたネタ。

ずっと悩みの種だったスイミングについて。

滲出性中耳炎で11月から2ヶ月の休会届けを出し、
中耳炎は1ヶ月ほどで治ったものの、
「年内は行かない。」と桃太郎が断言し、
自分の口から『1月から行く。』と言うので、
嫌がるなら、そのまま退会することも考えていたのですが、
1月から復帰することにしていました。
12月末には向こう3か月分の月謝も引き落とされ、

いよいよ明日は今年初の教室です。

で、昨日。
『あさってはスイミングだよ!』と、話を振ると。
『行かない。』

あららん^^;

そして、またまた家族会議。
桃太郎のスイミングの件では何回家族会議を開いたことでしょう(笑)

とにかく、月謝がもったいないので、(←これがママの価値観^^;)
3月までは行ってくれ~。
しかも自分で行くって言ったんだし。
・・・・と思うママ。

「じゃあ2月まではがんばるけど、3月は行かない!」と言い切る桃太郎。

うーん。

何がいやなのか聴くと。(これも堂々巡りを繰り返しているんだけど^^;)
先生が嫌。

でも結局、じゃあ、こうして、ああして・・・と不安材料を取り除いて、
それなら行けるの?
と、聴いても、やっぱり「嫌」の答え。


パパと二人。

「やっぱり根本的にイヤなんだよ。」
「4月からずっとイヤだって言ってるもんね。」
「良くがんばったよ。」
「そうだね。」
「イヤなものを無理に続けても伸びないし。」
「お金ももったいないし。」
「だったら、浮いたお金で好きなことをさせてあげたほうがいいよね?」
「簡単にやめさせるわけじゃない。」
「嫌だと言いながら5歳児6歳児が1年近く頑張ったんだから。」


と、言うわけで、やめるには一ヶ月前に言わなければ月謝が戻らないとか、
教室の方も入会当初から制度が変わってややこしくなっているので、

2月までは頑張ってもらって、3月で辞めることになりました。

今度こそ、本当に気持ちよく辞めさせてあげたいと思います。

幸い、プール自体や、泳ぐこと自体が嫌いになったわけではないのが救いです。
(無理強いしてここまで引っ張ったにもかかわらず。)


私達親も、ベビースイミングから入れていて、
他の子より少しばかり度胸と体力があったがために、
ついつい周りの子と比べた時の「出来の良さ」に「多少の期待」をしてしまった部分もあります。
「続ければモノになるかもしれない」ってね。
「できる=好き」とは限らないのにね。

原点回帰。
「もともと水泳でどうこうしようと思っていたわけじゃないし。」
「そうだね、最初は体力づくりの一環だった。」
「そもそもベビースイミングに入れたのは『お昼寝』させるためだったよね^^;」
「スイミングだけは親の勝手で通わせてるし。」
「潜れて浮けるところまでは来たし。」
「そうだね、上出来だね。」
「指導が必要な時が来たら夏期の短期集中講座みたいなのに入れてもいいし。」
「お父さんと行くプールは大好きって言ってるし。」


「スイミングは幼稚園まで習ってやめました。で、イイじゃないか。」
ってことになりました。


約1年間、親も子もブレまくりでしたが、
でも、どこぞの政治家がブレるよりはマシでしょ?(笑)


ママはまだ退会の手続きもしてないのに、次は何がいいかな~なんて(笑)
桃太郎が好きそうなのは「和太鼓」「鳴子踊り」「音楽」
どっちにしても、習うなら小学校が落ち着いたらってことになります。

3月までで、幼稚園、しまじろうのキッズワークプラス、スイミングをやめる予定。
ちょっと予算が浮いてきます♪^^

習い事はさせずに、その分をよけておいて
夏と冬に「アルプス子ども会」へ・・・って言うのも一つの手だよなぁ~♪
ママの妄想だけが膨らむ(笑)
関連記事
別窓 | ベビースイミング&スイミング | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
冬の子ども会の案内が届きました♪
2010-11-02 Tue 13:04
夏に資料請求したアルプス子ども会から封書が届きました。
冬の子ども会の案内です!!

桃太郎は『行かない』って言うだろうと予測はしていましたが、

それでも、封をあけるのはワクワクする私♪

今の私なら「一人でも(こういうものに)行ってみたかったな。」と思います。
5歳6歳の私だったらどうだか分かりませんが^^;


さて今回、年長さんが参加できるプログラムは「あそびのかんづめ」のみでした。
でも中身は、もっのすごっく楽しそうです♪^^

冊子を見ながら、
「桃太郎~、楽しそうだよ~雪遊びだって~行く?」
「なになにぃ?」
「ほら・・・でも、一人でお泊りだけどね♪」オニ母。
「いかない・・・」
4泊5日はやっぱり厳しいか・・・

あきらめ切れないママは、
『見てみて~♪雪遊びだって~。雪合戦もするらしいよ!』
『わぁ~!!すっげ~おもしろそう♪』
『でしょでしょ~?』

日程表を見ながら、
『バスに乗って、開缶式をして』(1日目)
『ついせきハイキングして、ジャンボカルタを作って~。歌とゲームもあるみたい』(2日目)
『バスに乗って、雪遊びに行くんだって!』(3日目)
『雪合戦してぇ~!!』
『源平合戦して、ジャンボカルタで遊んで、まんぷくパーティだって。』(4日目)
『まんぷくパーティ??うわぁ~おもしろそう♪』
『で、バスで帰ってくる。』(5日目)
『どう?すっごく楽しそうでしょ?』
『うんうん♪行きてぇ~なぁ~♪』
『いいよ♪行っても♪』
『でも、行かない。』

残念。やっぱりママとは離れられないようです~(笑)
行っちゃえば、楽しくてママの事なんか思い出しもしないような気がするんだけどね^^;

初めてのお友達、異年齢のお友達・・・・
普段は経験できない山暮らし、雪山体験。
とっても多くの刺激と学びがありそうです♪^^
ぜひ、行ってみてもらいたかったんだけどなぁ~(笑)

ちなみに、カテゴリーは「ちょっとだけお金をかけて・・・」ですが、
実はちょっとどころではありません。
4泊5日子どもを一人で預けるわけですからね~^^;
日程にもよりますが、ママが行って欲しいな~と思ったコースは
税込み5万2千5百円なり~。

ケチケチな我が家なら、家族三人で泊まりで1泊旅行して
お土産まで買ってもお釣が出ちゃいそうなくらいの金額デス^^;

我が家は夏に続いて今回も見送ることにしました。
本人が「一人でも頑張ってみる」と言えるのを待ちたいです^^

そして、親子で参加できる雪遊びなどの会に積極的に参加して行こうかな!
スケートや、ゲレンデデビューもしたいデスね~♪

パパの仕事が忙しいのがネックになりそうですが^^;
関連記事
別窓 | チョットだけお金をかけて・・・ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。