お金をかけないで幼児教育したい! こくご
こくごの教科書の音読
2011-09-06 Tue 14:25
1年生、こくごの教科書の音読は、
ほぼ毎日、宿題として出されます。

桃太郎の場合は、学校で読んでいるうちに、
暗唱したり、スラスラと読めてしまうようになるので、
他の絵本を読ませたりと、私が色々代替して、音読カードにサインをしています。

で、やはり絵本の文字だと小さくてマダ読むのが難しいです。
(特に初見の絵本の場合。)
文章が「横書き」になったものも、音読するには少々読みにくいようです。

童話だと、今度は文章量が多くてあきらめてしまいます。


で、始業式にこくご(下)の教科書を頂いたので、
授業ではまだ(上)を使っていますが、
家庭では(下)を使って音読させています。

教科書を使って読むのが、
テンポも速すぎず遅すぎず、
意味を理解しながら読めている様子がうかがえるので、
やはり音読には教科書が適しているのだな。と改めて思いました。

※関連記事※
「音読できない」のは、文字の大きさの問題かも?!


教科書が読み終わったら、宿題の音読用に
なぜ?どうして?かがくのお話1年生なぜ?どうして?かがくのお話1年生
(2009/12/09)
コスモピア

商品詳細を見る


10分で読める伝記 1年生10分で読める伝記 1年生
(2011/04/13)
塩谷 京子

商品詳細を見る


10分で読めるお話 一年生10分で読めるお話 一年生
(2005/03)
岡 信子、木暮 正夫 他

商品詳細を見る


あたりの商品が音読に適していそうなので、
音読の宿題用に調達してみようかと考えています♪^^
2年生用でも良いかもしれませんね。

なぜ?どうして?かがくのお話1年生はアマゾンで中身を(文字の大きさも)確認することが出来ます♪
関連記事
別窓 | スラスラ音読への道 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
テストの点が訂正されました。【「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」の後日談】
2011-07-16 Sat 18:16
先日書いた記事
「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」
の後日談です。

実は、テスト綴りに、
『○○先生へ、いつもお世話になっています。
桃太郎が理解できていないところを毎回チェックしています。
「は」「を」「へ」は理解が足りていないようですが、
それにしても、2-③の問題は、
「わには、はしる」でも、「おには、はしる」でも、
文章としては間違っていないと思います。
大人には出題の意図はわかりますが・・・。さくらの』

と書いた付箋を貼って提出していました。

連絡帳に書くまでもないし、
点数にこだわっているわけでもないけど、
そのままにしておくのも・・・と考えた結果の浅はかな行動でした^^;

個人面談も終わったあと。

1学期最後のテストがすべて返されました。
テストつづりには新たに3枚のテストが貼られて。

まあ、内訳をかくと、
こくごが100点、
さんすうは、引き算の計算50問のうち2問を間違えて96点。
(指を使って計算してるのに間違うって・・・オイ^^;)
もう一枚のさんすうは、引き算の文章問題、
こちらは意外や意外にも100点。

それらを一枚づつ確認していると、
桃太郎が『もう一枚めくって見て!』と言います。
4枚目のテストかなと思ってめくると、
例のこくごのテストです。

良く見ると、2-③の問題が○に直されていて、
点数も90点から95点に訂正されていました。
そして、付箋は剥がされていました。

桃太郎は誇らしげに、
『丸になった!95点になった!』
嬉しかったんですね~(*^_^*)


テストの点が訂正されました。【「お」と「を」、「わ」と「は」、「へ」と「え」の後日談】の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
0点でもいいんだよ。
2011-06-17 Fri 19:05
今朝、ましゅーママさんブログにコメントしながら、
「このこと記事にしよっ。」と思い、書いています。

昨日、テストつづりが返ってきました。
サインして持たせるのですが、
新たに返されたテストは3枚。

こくご1枚、さんすう2枚

採点されたテストを見るのは、
楽しみでもあり、ドキドキでもあります。



こくごは100点でした。
ひらがなも比較的、丁寧な字が書けるようになってきてます。


さんすうは2枚とも90点。
1枚は1問、もう1枚は2問、間違えていました。

実は私、
自分は小学1年生で100点以外なんて滅多にとったことなかったんですよね。
理科のテストで「くち」の「く」を鏡文字で書いて99点だったことをハッキリ覚えてるくらいですから。

だからね1年生で「90点の答案」なんて考えられないんですよ。

満点がゴロゴロいる中での90点ってどうよ!って思います^^;

100点じゃなかった瞬間にめっちゃショックなわけです^^;

でもね、桃太郎本人には絶対に悟られないようにしています。
演技でも「すごいね!90点もとれたね!」って。

我が家は同居なので、100点じゃないと、
じじばばも『なんで、間違えちゃったの?』とか、言うわけです。
90点も取れたのに、3人がかりで、
出来なかったところだけ指摘されたら、子どもはキツイでしょ?
(余談ですが、二人とも中学しか出てないんですよ??)


私はフォロー役です。
「じいちゃんも、ばあちゃんも、なんでそんなこというの?
こんなに丸がいっぱいあるのに、見えないの?」


「できて当たり前」「100点で当たり前」と子ども自身に思わせ無いよう気をつけています。


ただ、「がっかりしてしまった」自分の気持にはウソつけないですからね^^;
「がっかりしちゃダメなんだ」と、自分自身を苦しめないで、
「ウソも方便、演技も方便」と、思って演技してます(笑)

オーバーな演技で子どもを騙し続けたいと思います(笑)

今朝も、どんぐり問題をやっていて、答が違っていて、
『こたえ、あってる?』と聞くので、
『違ってるよ』と言うと、
なんで違うのか聞いてくるので

ここの一文の絵がキチンとかけてないんじゃない?と
指摘すると、
『かけてる!』
と、キレてしまいました。

『いいよいいよ。出来なくてもいいんだよ。おかあさんの宝物にするね。』

そして、そのあと、
怒りを静めるために、抱っこして(無理矢理^^;)

『わからなくてもいいんだよ。どんぐりの問題は難しいんだから。』
『分からなくてもいいんだよ、分からないから学校に行って教えてもらうんだから。』


『お母さんはね、出来なくても桃太郎が大好きだよ♪』
『お母さんはね、さんすうのテストが90点でも桃太郎が大好きだよ♪』

『70点でも?0点でも?』
そんなに不安だったのかって言うような反応です^^;
『そうだよ、0点でも、桃太郎が大好きだからね♪』

『桃太郎が一生懸命頑張ってかんがえたんだったら、0点でもいいんだよ。』

安心したのか、落ち着いて学校に出かけていきました。
0点でもいいんだよ。の続きを読む
関連記事
別窓 | 小学校生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| お金をかけないで幼児教育したい! |